削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイの右目が結膜炎っぽい状態になってしまいました。

16716-01.jpg

じつは先日、ママさんにお願いして甲状腺の検査をしてもらいにいったおりに、右目も涙が出て変だから診てもらってねと言ったのに、近所の獣医(マキタスポーツと吉田鋼太郎を混ぜて汚くした感じ)に「こんなのたいしたことない」と無視されたそうなのです。

その挙句、このザマ(怒)

ママさんのお友達でもあるいつものオバアサン獣医のところには車でないと行けないので、ママさんの意向で、最近、数年前から開業している近所の獣医に替えたのですが、わたしは上から目線でモノを言うこのオヤジ医者がどうしても好きになれず、逆になぜかママさんはオバアサン医者よりいいというので、お任せしていました。

なのにゆうべ帰宅してカイを見たら、ごらんのように歌舞伎の隈取みたいなご面相になっていたので、びっくりしてその獣医に文句を言いがてら連れて行ったところ、

「この前は涙が出てなかったからね」・・・・・・・

はぁ!?なんだとォ!許せん!

「涙出てましたよ」

「いや、出てなかったよ」

いいや、出・て・ま・し・た!!

「・・・・・・そう?」

そうです!」

・・・・・・やっちまった(笑)


そのあと、多少はやわらかい物言いになった感じでしたが、いちいち引っかかる言い方に感じられて、わたしは終始イライラ。

相性が合わないって、こういうことなんでしょうかね。

結局、眼球にも目の回りにも傷はないらしく、結膜炎だと思うから、一日4回2種類の目薬さして、5日後に再受診してくださいとのこと。

「おだいじに」と言われた後ママさんが「ありがとうございました」と言ってくれたので、わたしはこれ幸いと、無言でカイのケージを持ってツーンと退出。

どうしてもキライだもん、あの医者~~(^_^;)

16716-02.jpg
ううう、こんなになっちゃって・・・・ごめんねぇ

16716-03.jpg
あれ?なんか舌がちょびっと出てる?

16716-04.jpg
出てた~(笑)


16716-05.jpg
リリもただいま体調不良期・・・(若いころから、お腹が激しく鳴り出すと、一両日ぐらい絶食してしまう)
でも13歳半の現在、それ以外とくに病気も怪我もないので、まぁ良しとしよう


********


今日は3連休中で一番天気が良いとの予報だったので、朝から洗濯をはじめ、綿毛布もじゃぶじゃぶ洗い、なんとか干しきったところで、スコールのようなにわか雨・・・・・・うぬぬ。

泣きながら慌てて取り込み、使いたくもないガス乾燥機をフル回転(涙)

雨は止んだものの、湿り切った庭には蚊がブンブン飛び、とてもガーデニングする気にはなれないので、野菜を収穫しつつ、すこし点検。


すると、鳥たちのエサになって全滅してしまったと思っていたキアゲハの幼虫が、パセリに一匹だけ残っていました。


16716-06.jpg
フェンネルと山椒にいたベビーたちはみな食べられちゃった・・・・がんばれ、パセ太!(from『とりぱん』)


16716-07.jpg
今年はたわわに実ったブルーベリーをすべてコイツ(↓)に食べられてしまった

16716-08.jpg
ごちそうした覚えはねーよ



********



ヒヨちゃんとは関係ないけど(笑)、そういえば先日また、100円ショップでへんなものを調達してしまいました。

16716-09.jpg
右のちっこいのは以前の記事(オトナの秘密)で紹介したもの。今回買ったのは左のデカイほう。先っぽの赤い部分が気に入らないので、そのうち色を塗ろうかなと思っている(なんなんだ・・・・)


16716-10.jpg
我ながら何をしているのか、と思う



みなさまも、楽しい休暇をお過ごしください・・・・・・



スポンサーサイト
朝晩はまだ涼しいものの、日中は夏のように暑くなってきました。

バラもようやく開花が始まったものの、苦手な暑さにあっというまに咲き進んでしまうため、毎朝できるだけチェックをし、美しい姿を撮影するようにしています。

というわけで、本日は25枚もの写真をアップいたしました。ほとんどバラばかりですので、あしからず(^_^;)

16514-01.jpg
といっても、つるバラはまだつぼみなので、なんとなく閑散とした感じ・・・・

16514-02.jpg
すでに蚊がたくさん発生しているので、庭の5か所に蚊取り線香をセット

16514-03.jpg
まずはイレーヌ・ワッツ(Irene Watts)、最近ではピンク・グルス・アン・アーヘン(Pink Gruss an Aachen)と言うらしいオールドローズ。紅茶のようないい香りがするけれど、暑さにはちょっと弱い。我家の初代は毎年春にもりもり開花し秋までよく咲いたが、7~8年後に突然枯れてしまった。これは二代目。


16514-04.jpg
お次はポンパドール夫人とルイ14世の競演

16514-05.jpg
ローズ・ポンパドゥール( Rose Pompadour)は、フランスはブルボン王朝、ルイ15世の公妾だったポンパドゥール夫人(Madame de Pompadour)にちなんだ現代バラ。花びらが丈夫で花持ちがよく、とても良い香り。

16514-06.jpg
このオールドローズは、ルイ15世の父であり、ブルボン王朝最盛期の太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた、ルイ14世( Louise XVI)の名を冠しているが、イメージとはちょっと違う、シックで香り高い黒バラ。早咲きなので、暑さには弱い。


16514-07.jpg
イングリッシュ・ローズのワイフ・オブ・バース (Wife of Bath)は、チョーサー(Geoffrey Chaucer)のカンタベリー物語(The Canterbury Tales)に出てくるバースの女房のことだが、これもイメージとはちがい、楚々として美しい(笑)地植えにしたら弱ってしまったので、2年前に鉢上げしたら、よみがえりつつある。


16514-08.jpg
これもイングリッシュ・ローズのエブリン(Evelyn)は、紅茶の香りがすばらしく、ロンドンの高級香水メーカー「クラブツリー&エブリン(Crabtree & Evelyn)」のシンボルローズで、香水「エブリン」の原料にもなっている。甘やかしたせいか一時弱りかけたが、生長の旺盛なハーブを混植させてみたら、とたんに根がしっかり回って丈夫になり、10年ほどたっても毎年新しい枝をぐんぐん伸ばしてくれるようになった。


16514-09.jpg
ハイブリッド・ティーのオクラホマ( Oklahoma)は、枯れたパパメイヤンの後釜に植えて3年目の深紅のバラ。香水のようなバラらしい香りで、直径15センチほどの、ママさん曰く「隠したいほど大きな」巨大な花を数輪咲かせてくれる。


16514-10.jpg
亡父が30年ほど前に2本植えた、カクテル(Cocktail)は、明るい一重咲きのつるバラ。1本は枯れ、もう一方も瀕死の状態だったが、米のとぎ汁や液肥をマメに与えたら、今年ひさしぶりにいくつか蕾をつけてくれた。昔のように大きくしたいな~。


16514-11.jpg
ふと見ると、我家には貴重な、オレンジ系のバラが咲きだした、これは・・・・・

16514-12.jpg
イングリッシュ・ローズのレディ・エマ・ハミルトン(Lady Emma Hamilton ) は、イギリス最大の英雄ネルソン提督(Horatio Nelson, 1st Viscount Nelson KB)の愛人だった女性の名。美しいがうつむき加減で中輪で繊細で暑さには弱い花だけど、株自体は新枝がぐんぐん伸びて丈夫なところが、命名の理由だろうか(笑)


16514-13.jpg
イングリッシュ・ローズのウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)2000。なぜ2000とついているかというと、以前の弱い品種を改良して世に出したのが2000年だったかららしい。これは12センチほどのしっかりした花弁で、雨でも高温でもわりと平然と咲いているが、我家では2度枯らしてしまい、じつは3代目。高価だけど、大好きなので・・・・しかし実は、これも早春に新芽の一部が委縮して枯れかけ焦ったが、米のとぎ汁と液肥でご覧のとおり(ホッ)

16514-25.jpg
今日は一花切って、デスクに挿したら、あたりに良い香りが漂っている♪


16514-16.jpg
アーチに咲きはじめた、香りの良い濃いピンクのつるバラは・・・・

16514-17.jpg
ブルボンローズのゼフィリーヌ ドルーアン(Zéphirine Drouhin) 。アガサ・クリスティの「杉の柩(Sad Cypress)」に出てくるあのバラは、これです。最大の特徴は・・・ネタバレになるから、言わない(笑)

午後から日当たりが悪いせいか、うどんこ病がちょっと出ている(涙)


16514-18.jpg
ここは紅バラ、白バラ、ピンクバラ(ソフィーズ・パーペチュアル)が、いい香りをただよわせている場所

16514-19.jpg
まずは、紅バラ。このオールドローズは、「ウェリントン公爵(Duke of Wellington)」。1815年のワーテルローの戦いでナポレオンを破ったイギリスの英雄の名前。品がよく丈夫でたくさん花をつけ、香りも花持ちも良いバラ。

16514-21.jpg
白いフロリバンダのアイスバーグ(Iceberg)または、白雪姫(Schneewittchen)は、丈夫で紅茶の香りのするバラだが、我家では白バラはマメコガネやハナムグリの餌食になるので、すぐ汚い花になってしまうのが残念・・・・


16514-155.jpg
ママさんが一番好きだという、ハイブリッド・ティーの「聖火」は、1964年の東京オリンピックにちなんだバラで、1971年の国際コンクールで金賞を受賞し、世界に日本のバラのすごさをとどろかせたバラとのこと。地植えの場所が半日蔭なせいか、あまり新枝が出ず、毎年ヒヤヒヤしているが、今年は15センチ以上の巨大輪を4つ咲かせてくれた。香りはうすい。


16514-20.jpg
最後は、バラのように咲いてくれる、芍薬(シャクヤク)をすこし。手前の青はキャットミントで、カイの嗜好品(笑)

16514-22.jpg
バラと違って春しか咲かないけれど、とても丈夫で毎年大きくなってくれる。ターシャ・テューダーも愛でていた

16514-23.jpg
薄絹のような優美で繊細な花だが、じつは丈夫で大きいので茎がその重さに耐えきれず、支柱が必須になるのが玉に疵(笑)


牡丹もじつは4株ぐらいあったのですが、手入れしないせいか、いつの間にかぜんぶ枯れてしまいました(^_^;)


明日は夏野菜に有機肥料を施し、いよいよバジルとイタリアンパセリを野菜の脇に移植する作業をする予定です。

それにしても、暑い!

みなさまも、熱中症にはご注意くださいね。



梅雨真っ盛りで、蒸し暑い毎日、いかがお過ごしですか。

今年の夏は、雨の多い夏になるとの予報が出ましたね。

15627-01.jpg
そのおかげか、植物の生長がハンパない。2メートル以上に伸びたレッドカサブランカも丈高く満開近し

15627-02.jpg
4年目のダリアも今年は大きく咲いた

15627-03.png
新顔のシックなルドベキアは、昨晩の大雨にうたれ、倒れていた


先日、母のトモダチが巨大化した庭木の剪定に来てくれましたが、スズメバチの巣があったため刺されてしまい、中止するという騒ぎがありました。

しかたなしに、また業者を呼び、今年二回目のスズメバチ駆除。市の補助が5000円出るとはいえ、15000円の出費は痛い。わたしの美容院代がまた飛んで行ってしまいました(おかげでこの一年、まったく美容院に行っていない髪ボーボーのへっぢほっぐでございます)。

これはマズイ。マズイぞごれは。

このままではハチ貧乏になってしまう。

そこで、雨の上がった今朝、蚊取り線香を6か所にセットし、完全武装して、ノコギリ・剪定ばさみ2種を持ち、ジャングル退治に繰り出しました。

このジャングルには、いろいろな生き物が棲んでいます。

シマヘビ。野ネズミ。ニホンカナヘビ。トカゲ。ヤモリ。ミミズ。ダンゴ虫。各種アリ。各種アブ・ハチ。各種蜘蛛。テントウムシ。シデムシ。カタツムリ。カマキリ。各種バッタ。ヤスデ。各種甲虫。各種蝶・蛾。ハエ。カメムシ。ゾウムシ。ヒト。ネコ。イヌ。各種野鳥。蚊。

なので、どこでも「うぉりゃぁぁぁぁ!」と殴りこんでバッサバッサとなぎ倒すわけにはゆきません。

まずは「入りますよ~」と警鐘を鳴らします。たとえではなく、クマ除けの鈴のように、文字通り音を立てて、各種生物にお知らせし、避難してもらうのです。

そして足音高く薮に入り込み、枝やツルを切り払い、草をむしるのです。そうすれば、慌てて飛び出すカナヘビにギョッとしたり、ズルズル逃げるシマヘビのシマ柄に総毛立つことはありません。

そんなこんなで、たった数時間の格闘でしたが、昼飯時に着替えると、シャツは汗で絞れるほど、ジーパンも重く、靴下はまっくろ。髪も汗で伸びたラーメンのようになりました。

その成果をご覧ください。

15627-05.jpg
白ベンチの裏のスッキリしたこと

15627-04.jpg
これらをまたノコギリで細かくして、束ねるのが大変


とりあえず、邪魔な枝を落しまくり、伸びて絡んだ蔓を切りまくり、増えすぎた草花を抜きまくり、倒れた茎をもどして支柱を立て、蒸れそうなハーブを剪定しました。

払った枝などは、少しおいてしんなりしたら、束ねたりゴミ袋に入れたりして、可燃ごみに出しています。昔は家の周りは林だったので、庭先でたき火をして燃やしていましたが、今はそんなわけにはいかないので、いちいち大変です。

ママさんは、木をぜんぶ切りたがっていますが、それもちょっと寂しいので、今後はあるていど選別し、整理しようと思っています。


というわけで、午前中でちょっと消耗してしまったので、少し休むために部屋にもどり、このブログをアップしているというわけです。

15627-06.jpg
カイは食欲いっぱい、元気いっぱい、あちこち寝るとこいっぱい(笑)

3時になったら、パンケーキでも焼いて、ゆっくりコーヒーでも楽しんだ後、もうひと頑張りするつもりです。



ママさんの妹たち3人が、土曜の午後、我家にやって来ました!

東京在住・千葉在住・岐阜在住の3人です。

もうひとり愛知県内に住む叔母は都合により不在でしたが、久しぶりの姉妹勢ぞろいに、ママさんも浮かれ気味。

150510-01.jpg
たった4人なのに、まるで40人いるぐらい賑やか(笑)

150510-02.png
ハリネズミの画像がなかったもので、悪しからず


まずは関東組を迎えに行った足で、バアチャンの墓参りに行き、自宅に戻って岐阜の叔母の到着を待って、カラオケに繰り出し、広いパーティールームをママさんが(無理やり)ゲットして2時間歌いまくりました。

じつは千葉の叔母は長年プロの歌手をしていたし、東京の叔母もそっくりの歌声で、マジ上手。

岐阜の叔母はむかしからカラオケ喫茶で歌いまくっていた趣味人。

ママさんは、もちろん現在カラオケを習っていて、6月にステージで歌うほど。

迫力オババ大集合!という感じで、もうパワー全開、楽しさ炸裂。圧倒されたへっぢほっぐはまるで少女。少女のようなへっぢほっぐ(いい響きだ)。

お会計時、たまたま前日の新聞チラシに各種割引券が入っていたため、そのなかの「65歳以上無料」というのが使えるなと思い、

「この中で65歳以上の人~~~!」と聞いたとたん

「ハ~~~~~イ!!!」

と全員が全員、天に突き刺さらんばかりに腕をビシッと上げて威勢のいい返事をしたので、ドギマギしたわたしはなぜか思わず、

「まさかこの人たち全員無料になるってわけじゃないですよね・・・?」と店員のオニイサンにすがりつくように訊いてしまい、

「イエ、おひとり様だけです」との返事(あたりまえだろ)をもらう始末(笑)

けっきょくその割引券はやめて、もっと割のいい、全体から30%オフ、という割引券を利用させていただきました。

お金を払っているときに、いちばん年少の叔母が、

「アタシそういえば、こんどの誕生日で65才になるんだったわアハハハハハハ

とゲロッていたので、オニイサンもわたしも苦笑いするしかありませんでした(^_^;)

そのあと、予約していたレストランで食事をしながら、ピアノとフルートの生演奏を楽しみ、心ゆくまでお喋りしたのち、帰宅してまたお喋り(笑)

岐阜の叔母は夜遅くに旦那様が車で迎えに来たのでそのまま帰路につき、あとの関東組はお泊りしてくれました。

150510-04.jpg
叔母たちの迫力に、いきなり開花してしまった「ウェリントン公爵」

150510-03.jpg
ふつう来客に動揺して逃げ回るカイも、今回はぜんぜん平気

150510-05.jpg
「オクラホマ」も血迷って一輪だけ開花?

150510-06.jpg
長年ひもでくくられて適当に育てられていた多肉も、はじめて開花

150510-07.jpg
カルミアも、なんのはずみか、ぽんぽんと開花をはじめた

関東組は翌朝の庭めぐりで、「キンカン狩り」を大いに楽しみ、ザルいっぱいに収穫しました。砂糖で煮ると美味しいから、と覚えてくれていたのです。始末が追いつかず困っていた我ら母娘には救いの神。

ついでにフキと三つ葉も強引にママさんが押し付けて持って行ってもらいました。

午後、大きな荷物を抱えながら、関東組の叔母たちは、元気にバイバイして帰ってしまいました。

150510-08.jpg
いつもより楽しそうだったカイ

150510-09.jpg
ちょっと寂しいよね

150510-10.jpg
普段から社交的なリリは、いつもどおり平常心

150510-12.jpg
叔母たちは「癒される庭だね」と言ってくれた

150510-13.jpg
ちょうど八朔(はっさく)の花が満開で、庭中が馥郁たる香りでいっぱいに

150510-14.jpg
夜になると、さらに香り高く空気が染まる

ともに昭和十年代前半生まれで病気がちな、ママさん(長女)と岐阜在住の叔母(次女)のふたりとも、このときばかりは目を輝かせ、うれしそうにアレコレ動き回り、しゃべり、元気いっぱいの存在感を見せてくれたのには驚きました。

それもこれも、忙しい中、無理を承知で訪ねてきてくれた、若い関東組の叔母たちの心づかいのお陰だと、ほんとうに感謝しています。思いやり深くやさしい東京の叔母(四女)と、型破りな千葉の叔母(五女)が来てくれるたびに、楽しい時間がもてることがうれしくてたまりません。

叔母さんたち、どうもありがとう。また来てね!

先週は新年早々の残業つづきで、大変でした・・・・・。

まだ松の内だというのに、お屠蘇気分もすっかり抜け、走り回り作業しまくる日々・・・・・。

身体がすっかり悲鳴を上げています。

15110-1.jpg
食欲もうせ気味

15110-2.jpg
空気が乾燥しているもんね

15110-3.jpg
五十肩かな

15110-4.jpg
風邪かアレルギーかよくわかんないし

15110-5.jpg
デパスなくなったから、会社のイブ飲んじゃった


やっとの思いでたどり着いた三連休。

初日の今日は、なぜか早起きして、炊事洗濯をおわらせ、火鉢に炭を足し、鳥にみかんをおすそわけしました。

身体を休めながら、有意義に過ごそうと思っています!


09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。