削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ここで紹介した噴水ですが、快晴の本日は朝からピューピュー噴水しっぱなしで、ここちよい水音をたてながら、住人たる我らを癒してくれておりました。

16724-01.jpg
とりあえず今は、こんな状態で設置。ソーラーはもう少しきちんとした場所に固定し、コードも足を引っ掛けないようにする予定

―――だがしかし!

勢いのよい噴水で、思わぬ(というか、よく考えたらあったりまえの)問題が噴出。

噴水の問題が噴出!(くどいぞ)

16724-02.jpg
噴水が高すぎると、水が外に出てしまう・・・・結果、30分もしないうちに、タライの水量が半減・・・・あわわわ

噴水のまわりのアジサイやルドベキアやマメツタなどは、半日かかりっぱなしの水しぶきに「ひゃっほー」状態で元気はつらつ。そりゃそうだわね。まぁそれはよいとして、タライの水が無くなってしまうと、せっかくのポンプが壊れてしまうかもしれない。それはまずい。


この問題を解決するにはどうしたらよいか、考えてみました。


1)30分ごとに水を足し、外出時はコードを抜く。

2)もっと大きなタライを探す。

3)人工池を作る。

4)噴水のノズルを外し、一番低いノズルから水じょぼじょぼ状態にする。

5)噴水の上部に傘を設置し、水が上がり過ぎないようにする。


けっきょく金も手間も暇もかけたくないへっぢほっぐは、とりあえず(4)を選択せざるをえず、せっかくの噴水も午後はじょぼじょぼ状態で、水音だけ聞いて過ごしました。

しかし釈然としない。噴水なのに。

なにか妙案があれば、ご教示ください・・・・・(^_^;)



********



今日はなんだか体の中に熱がこもった感じで、気温も湿度もそれほど高くなかったのに、ちょっとだるくなってしまいました。カイシャの棚卸のこの時期、体調を崩しては大変と、自家製の梅ジュースを飲み、夏野菜やプラムをたべ、昼寝をたっぷりして過ごしました。

カイは目薬を超いやがるので、けっきょくコットンに目薬をしみこませて、目のまわりをフキフキぬぐっていますが、それでも効き目があったらしく、かなり綺麗なお目目になりました。

16724-04.jpg
目つきが悪いのは病気のせいじゃないのよ

16724-03.jpg
さいきんネエタン、トイレ掃除ちょっと雑よ



すんまへん、来週から心を入れ替えて、また枯山水トイレ掃除、がんばらせていただきます。



スポンサーサイト
10年ぐらい前に、ネットショップの半額セールで購入しておいた、噴水が、押入れの奥から出てきました。

16723-00.jpg
たしか3000円ぐらいだったと思う・・・・・・安かったから、とりあえず買っておいたのね


16723-01.jpg
場所はここ・・・・・・足が一本ないので無理やり地中に埋めて使っている白テーブルの上(笑)

16723-02.jpg
古い金盥(かなダライ)に水を張り、ビー玉を詰めて重くしたポンプを沈め

16723-03.jpg
タブレット大のソーラーパネルを組み立て、適当な土(今回は瀕死のペチュニアのプランター)にブッ刺しみてみたが、パネルに写っているように、あいにくの曇天・・・・・噴水はシーンとしたままで、壊れているのかいないのか、判別できず(涙)


16723-04.jpg
しかし、しだいに雲が晴れ、10分後にはご覧のとおりチョロチョロと動き出した。やったね!


16723-05.jpg
この金盥で、幼少時にはよく弟と行水をした覚えがあるが、じつはわたしの産湯用にと、父方の祖母が贈ってくれたという、ささやかだが歴史ある一品だとか。そんなことも知らず、土を練り、犬猫を洗い、モルタルまで捏ねていたわたし(^_^;)


16723-06.jpg
雲間から太陽がのぞき、陽射しが差し込むにつれ、ご覧のように噴水が!最高で120センチぐらいは上がるそうです。楽しみ♪


噴水が作動していると、涼しげな水音が耳に心地よく、空気まで爽やかな気がします。まだ遠巻きに見ている小鳥たちも、そのうち慣れれば水浴びにくることでしょう。盛夏の庭へのプレゼントです。

問題はひとつ。この噴水の近くに水道があり、うっかりもので耳が遠くなったママさんが、最近しょっちゅう蛇口を閉め忘れるので、水音をききつけたわたしが慌てて蛇口を閉めにいくことがよくあるのですが、噴水作動中は音が紛れて気づかないということ(笑)


********


さて、今日はこのほか、夏庭の剪定と草むしりをしました。蚊も多いため蜘蛛の巣があちこちに張られ、アシナガバチやクマバチ、アブ類もブンブン飛び、クロアゲハ・キアゲハ・ヒョウモンチョウ・シジミチョウなどがひらひらと舞い、カマキリがあちこちで動き回っています。

<16723-07.jpg
今年新たに仲間入りした、細い花びらのルドベキア

16723-08.jpg
花壇は緑がもしゃもしゃで花が少なく、どこか散漫な感じ

16723-09.jpg
でも78円で買った日日草が、元気に咲いてくれている


16723-10.jpg
フロックスは手入れもしないのに、長いこと咲いてくれるので、夏には重宝

16723-11.jpg
もらったミックスフラワーの種に入っていた花菱草

16723-12.jpg
雑草化したホオズキがあちこちで赤い実をつけている


16723-13.jpg
毎年恒例、我家の名物「ヘクソカズラのアーチ」(;_:)
春はたしかに、クレマチス「エトワールバイオレット」のアーチだったのに・・・・・


16723-14.jpg
ラベンダーと矮性の百日紅の向こうに見えるアーチにも、植えた覚えのない怪しいツルがのぼっている・・・・・

16723-15.jpg
今年はあちこち勝手に生えてきたゴーヤをそのまま伸ばしてしまったので、支柱が大変なことに(汗)
ようやく花が咲きだしたので、収穫はもうちょっと我慢


16723-16.jpg
青ジソとツルムラサキも、毎年勝手に生えてきてくれるので、夏の食卓には大助かり


16723-17.jpg
去年植えたコキアの種が飛び、庭のあちこちに大量のコキアが出現。紅葉の秋が楽しみ!
モフモフで可愛いし


夏の庭仕事で、体力が消耗してしまい、散歩がてら行く予定だった夜の盆踊りはやめました。かわりに冷房の効いた車でスーパーに行き、明日の朝ごはん用もかねて、コールドチキン・スイカ・プラム・バナナ・牛乳・シャーベットなどを調達し、窓から入る風にあたりながら、真夏の夜を過ごしています。


ふう~。暑いですね。

みなさま如何お過ごしでしょうか。

ここ数週間、仕事をはじめ、何やかやと有り得ないほど忙しく、ブログのことをすっかり忘れておりました・・・(^_^;)

今年は洗濯機電話機が壊れたうえに、先日の暑い日にはとうとう冷蔵庫も壊れてしまい、そのうえこの秋口には車検と、気候はやたら暑いのに財布の中は寒風が吹きすさび、来たるボーナスも右から左という脱力の夏。

自室のエアコンが買えない・・・・・・(涙)

なのに今年は、いまだかつてないほどという猛暑の予報・・・・・・・いったいどうしろと・・・・・。

1672-04.jpg
さすがのカイも、今日はこのありさま

1672-05.jpg
「なんとかしてくれないと、熱中症になりますけど」

今日は午前中に美容院に行き、素浪人のように後ろで束ねてもなおモジャつく長い髪をバッサリ落とし、ちびまる子のようになって夏向きの毛刈り(笑)をすませました。

このところ庭仕事は、まったくできない状態で、先週あたりに、いちど大量の剪定をしまくりましたが、その後の雨と高温のくりかえしのせいで、たちまち元通りになってしまいました。つぎは三連休あたりの一日を庭仕事にあてる目論見を立てていますが、体力的にどうでしょうか・・・・。

1672-01.jpg
世話しなくても、夏花はどんどん咲きすすみ、レッド・カサブランカも大きな花を咲かせている

1672-02.jpg
鳥や虫たちの唯一の水場にある、ホテイアオイに最初の花が咲いたのを発見

1672-03.jpg
涼しげな美しい花


春先にずいぶん野鳥を餌付けしたせいか、今年の夏野菜には、あまりイモムシ・毛虫が見当たりません。

エサやりを終了した今でも、いろいろな野鳥が、菜園や花壇にたむろし、飛び回り、食べてくれているようです。

ただし、アシナガバチやスズメバチだけはよく飛来し、サンルームの中にたくさん入って巣作りをしようとするので、ハチ撃退用のスプレーを購入し、申し訳ないけれど、ずいぶん殺してしまいました。

去年は2回、スズメバチが巣を作り、そのたびに1万円近く出費しなければならなかったので、これだけは止むを得ません。ママさんも何度か刺されていて、いつアナフィラキシー・ショックになるかわからないからです。

猛暑になるにつれ、亜熱帯化してジャングル度が激しくなってきているうちの庭、そろそろ頭を使って、もうすこし手入れの楽な、危険な虫や動物が寄り付かないような、そんな庭に変えていく時期にさしかかっているのかもしれません。



今年の収穫した梅は、これだけ。

16611-01.jpg
ちょっとガッカリだけど、自然の間引き(笑)のせいか、一粒がけっこう大きい


量が少ないので、逆に手間がかからず、ほんの10分ぐらいで、ヘタ取り、水洗い、ふき取り、冷凍まで終えてしまいました。

明日、ハチミツを買ってきて、梅とハチミツだけで汁が上がるまで漬け込み、真夏の水分補給時に役立てるつもりです。


******


次は、枇杷。

16611-02.jpg
よさそうなものは、ママさんがトモダチなどに全部あげたので、虫食いだらけのものだけ残った・・・・・・

16611-03.jpg
皮をむき、種と薄皮を取りのぞいて軽く刻み、シークヮーサー液と砂糖でサッと煮て

16611-04.jpg
アンズのリキュールで香りをつけ

16611-05.jpg
パウンドケーキを焼いてみた

昼食後に仕込んで、160℃のオーブンで45分のタイマーをセットしたあと、急激な眠気が襲ってきたので昼寝をしてしまったのですが、目が覚めたらすでにママさんが取り出し、味わい済みでした(笑)

16611-06.jpg
桃のような、アンズのような、美味しい枇杷ケーキでした

ご存知の通り、「パウンドケーキ」とは、もともと1ポンド(pound パウンド:450グラムぐらい)ずつの小麦粉、卵、バター、砂糖でつくるケーキなのですが、さすがにバターは多すぎるし、砂糖も控えめにする必要があるため、本日のレシピは、

薄力粉120グラムぐらい
卵1個
バター3センチぐらい
砂糖60グラム

これにベーキングパウダー小さじ1と、枇杷の煮たのと、無糖ヨーグルト大さじ2ほど使いました。

そういえば、お気に入りの映画『マグノリアの花たち』の中で、美容師が「1カップの小麦粉、砂糖、バターで作る簡単ケーキ」を紹介していましたが、こういうケーキって案外、大雑把な人間向きなのかもしれませんね(笑)


******


今日は真夏のような日差しで、すこし庭仕事しただけでも、汗びっしょりになってしまいました。なので午前中にすべて済ませ、汗を拭いて着替えてから、昼食の支度をして、さきほど述べたとおり、気持ちよく昼寝をさせてもらいました。


16611-07.jpg
プランターに何年も植えっぱなしのダリア、今年も咲きました

16611-08.jpg
ピンクアナベル、タナセタム、そしてバラの「朝雲」が咲いている

16611-09.jpg
メドウセージと、アナベルの巨大ボール花

16611-10.jpg
あまりの大きさに、いつも釣り自慢のオヤジみたいに、このショットを撮ってしまう・・・

16611-11.jpg
赤いのはドイツのバラ「ロートケプヘン(赤ずきん)」、黄色は勝手生えのダイヤーズカモミール、青いシッポはベロニカの仲間

16611-12.jpg
あちこちに、ブルーキャットミントが群生しているのは、カイ(陶酔)用、というより、色合いと香りのよさ

16611-13.jpg
勝手生えのボリジが咲いた。うちはボリジ、ジギタリス、コンフリーがあちこちに生えるが、生長するまでわたしの目にはこの三種の違いが判らず、有毒のジギタリスと間違えると怖いので、いっさいハーブとして利用しない(というか、できない~)

16611-14.jpg
キュウリはすでに収穫がはじまって、食べているよ!

16611-15.jpg
種から育てたバジルを移植したとたん、勝手生えの青ジソがあちこちで群生しはじめた(^_^;)

16611-16.jpg
オレガノ、ラベンダー、タナセタムをすこし収穫し、サンルームの椅子に置いておいたら、わざわざそれらを乗り越えて、カイがソーセージのような姿でお昼寝・・・・

16611-17.jpg
だって、ここもアタシの椅子だもん(ハイハイ、家中どこの椅子もね)

16611-18.jpg
リリは遠慮しながら、人間用のヒンヤリパッドの上でおねんね(暑いもんね)

16611-19.jpg
オレガノは、花が咲いたら本格的に刈り取る予定

16611-20.jpg
ラベンダーはあと一束ぐらい、収穫の予定

そのほか、月桂樹とキャットミント、レモンバーム、真夏のバジリコ、これくらいは今年はドライにしたいです。

タナセタムの利用法は・・・・エッセンシャルオイルなどは、皮膚用の薬になるみたいですが、乾燥したものの利用法がよくわかりません。タンジーに似た防虫っぽい香りなので、虫よけサシェに入れようかと思うのですが、よく知らないので、どなたかご存知でしたら、教えてください(^_^;)

今日たくさん汗をかいたので、明日はインドア中心で過ごそうか、と思っています。

カイはおかげさまで、なんとか元気に毎日を送っています。

ゴハンもよく食べ、薬も飲み、エビオス錠もパリポリ食べ、天気がよければ庭を歩き、キャットミントをかじってトイレも済ませるという、今までの生活に戻った感がありますが、体重がまだ少ないので、抵抗力に不安が残るところです。

1664-00.jpg
「ごめん寝」も復活!


*******


さて、東海地方はとうとう梅雨入りしました。

今日は朝早くから、蚊取り線香を庭の5ヶ所にセットしたあと、伸びすぎた枝や茎、花柄を切り、梅雨の長雨に備える作業をしました。

1664-02.jpg
アナベルも倒れないように、固定

1664-01.jpg
ピンクアナベルと、繁り過ぎたタナセタムも固定

1664-03.jpg
シェイクスピアの二番花が、綺麗に咲いていた

1664-04.jpg
長いこと咲いてくれているデルフィニウムも、そろそろ一番花は終わりかな

1664-05.jpg
鳥のエサ出身のヒマワリのひとつが、可愛い花を咲かせていた

1664-06.jpg
クレマチスの「ビオラ」は大好きな花で、もっと増やしたい!

1664-07.jpg
25年以上前に植えたチェリーセイジは、まだ健在

1664-08.jpg
ワイルドストロベリーと、どくだみと、笹と、雑草がせめぎ合う場所

1664-09.jpg
ワイルドストロベリーの実は、朝のヨーグルトのトッピングに利用。葉っぱもお茶にできるらしい

1664-10.jpg
庭の中でいちばん落ち着くのは、ベンチに座ってながめる風景


夕方になって、ママさんと一緒に、「特大蚊取り線香50巻入り缶」が¥548という格安のドラッグストアへ買い物に行き、1か月分3缶(1日5巻x30日=150巻)を調達。最初はもったいないかと思いましたが、これでずいぶん蚊が減り、庭仕事が楽になっていますので、この夏はがんばって続けるつもりです。


明日は、早くに雨があがってくれれば、あちこちに散らばって生えているコキアを整理して、植え替えようと思っています。

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。