削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東向きの出窓に当たる朝陽がきつくなり、午前中の室温が上がるようになってきたので、外側にすだれをかけました。

それと同時に、観葉植物にも日が当たらなくなることに気づき、急いでレイアウトを変更することに。

1665-00.png
けっこう育ってきたんだけど、仕方ないね……

1665-01.jpg
そのあと急いで、こういう階段状のラックを調達

ここにはとりあえず、プレゼントでよくもらうアロマキャンドルなど、新旧いろいろの雑貨類を飾りました。ほんとうは日陰に強い小さい鉢類をたくさん飾りたかったけど、ラックを買ってしまってもったいないので、今あるものでカバーしました。

わたしは比較的気が変わりやすいうえ、思い立ったらすぐ行動しないと気が済まない性格なので、こうした無駄に思えるような古い雑貨類もとても大事。断捨離などできない理由はこれなんです(笑)

1665-02.jpg
これもずいぶん前に買った、バリだかタイだかベトナムだかの素焼き鉢……2000円近くもした高価なものだったので、購入後「やっちまった」感にしばらく苛まれた一品

1665-03.jpg
逆に、先日のビデオ大量処分の際に出てきた、これまた大量のカセットテープのなかから、大好きな桂枝雀の落語だけを残し、これまた捨てずにおいたテープラックに入れたら、なんだかいい感じ。再利用……というか、復活ですね

1665-04.jpg
ママさんに長いこと貸し出してあちこち破壊された(笑、ママさんはわりと雑で横着なので、機械モノは必ず壊してくれる)カセットデッキ・MDデッキのついたCDプレイヤーを取り返して傍らに置き、枝雀テープを再生して久しぶりに大笑い!

ちなみに本日聴いた作品は、「仔猫」でございます。


*******


さて、昨日のうちに刈り取っておいた、ラベンダーの花を束ね、天井から吊り下げました。

1665-06.jpg
これは28年前に買った、イングリッシュ系の老木だけど、毎年1株からたくさんの花を咲かせてくれる!

いい香りなので、刈り取るときに調子に乗って摘んでいたら、ミツバチがわたしの手の回りをブンブン飛んでアピール(?)

ハッと気づき、とりあえず1/3ほど刈り取り、あとは残しておきました。上の画像は、刈り取った後のもの。けっこうまだ残っているでしょう!

1665-07.jpg
そうよね、虫たちのおかげで、野菜も花も受粉するんだもんね

1665-05.jpg
3つある100円ショップで買った円形ハンガーには、あとオレガノ(料理と靴の消臭)と月桂樹(料理と防虫)とバジル(料理と防虫)の束もぶら下げる予定だけど、けっきょく面倒くさくてやらないので、いつもラベンダーだけ収穫し、のこりは画像の通り、紙製のボンボンをいたずらにぶら下げている(笑)

ラベンダーだけは、毎年収穫して、古いハンカチなどにくるみ、使わないカバンの中にいれたりして、ちゃんと使っています。

じつは苗を買ったころに収穫したもの(おそらく25~6年前のもの)で作った小さな匂い袋、なんとまだ香るんですよ!

なかなか有効利用できない、ぐーたらなへっぢほっぐの、ささやかな自慢です。



3階段ラック【10P27May16】【HLS_DU】【RCP】
価格:2160円(税込、送料別)





スポンサーサイト
今日は昨日とは打って変わり、朝っぱらから強い陽射しが照りつける、湿気の多い夏日でした。

梅雨入り前の貴重な日曜日、昨日にひきつづき、入梅準備にいそしみました。

鉢替え、鉢増し、剪定などをしたあと、夏に強い一年草を買出しに、ひとりで花屋めぐりに出かけると、近所のミキちゃんから「お庭に行っていい?」とのメール。留守番のママさんに連絡して「ぜひぜひどうぞ」と返事をし、買い物から帰ると、ミキちゃんとミキちゃん母上が、ママさんと枇杷を収穫していました(笑)

今年は美味しいといっても、市場に出回る枇杷よりかなりヘナチョコで酸っぱい枇杷なので、内心恐縮しながらも、袋いっぱいもらってもらいました。逆にミキちゃんからは、美味しいトマトなどと、鳥の鉄フック(わかっているね!)をもらい、庭の雑誌を貸してもらいました。

近所に気の置けない友人がいるって、けっこう楽しいものなんだと実感!


その後、弟ルトサーも来てくれ、サンルームの屋根に遮光ネットをかける作業をすませてくれました。その間に、わたしは買ってきた一年草をあちこちに植え付け。

日日草を15株、黒ペチュニアを1株、アメリカンブルー3株、紫サルビア3株、黄緑コリウスを3株植え付けたあと、頭痛がひどくなり、腹具合まで悪くなってきたので、洗濯物をとりこんでから、あわてて部屋に戻り、着替えてから横になりました。

ふう、あぶないあぶない。


*******


最近、あこがれの一品をまた入手しました。

以前は高くて手が届かなかったのが、どんどん値が下がり(誰も買わないのだろう)、ようやく3000円台という、手が届く安さになったので、買っちまったのです。

それはカトリックの必需品、聖水盤です。

16529-02.jpg
"In nomine Patris,et Filii,et spiritus Sancti."「父と子と聖霊のみ名において」


16529-01.jpg
一番好きなのは、リトルワールドの聖ゲオルグ教会入口にある、この聖水盤

16529-04.jpg
そしてこちらは、ルーヴルにある聖水盤

16529-03.jpg
買ったのは家庭用なのか、ずいぶん小さいものなので、とりあえず出窓脇に飾ってみた


クリスチャンでもないわたしにとって、なぜ聖水盤があこがれなのか。正確には小学校時代にさかのぼります。

小学校の図書館で出会い、毎月ママさんにねだって買ってもらった、このシリーズがきっかけです。


16529-05.jpg
南洋一郎さん翻案、ポプラ社の児童向けルパンシリーズ!
ちなみにこの「魔女とルパン」は「カリオストロ女伯爵」の翻案です!


ホームズや江戸川乱歩もありましたが、何より夢中になったのが、このルパンシリーズでした。

このシリーズの最大の魅力は、小学生のわたしにとって、不思議な言葉の数々、というか、異文化の香りでした。

聖水盤・七本枝の燭台・血染めのロザリオ・銀時計などなど・・・・・・

ことに七本枝の燭台は、どんなものだろう、と子供なりにずいぶん頭を悩ませました。大人になって、普通に七本枝の燭台といえば、ユダヤ教のメノーラーという、独特の燭台のことだとも知りました。(8本や9本枝の燭台のことは、ハヌッキーヤーというそうです)

16529-06.jpg
(↑)これらは想像していたのとは、ずいぶん違う・・・・・



わたしは結局、こういう形だと想像していました(↓)
16529-07.png
物理学的には変な形?でもカッコいいと思っていた


ともあれ、子供のわたしにとって、最初の異文化の魅力はこのルパンシリーズに出てくる、神秘的な原始宗教を含む、キリスト教文化そのものであり、それが未だに尾を引いているというわけです。


じつは燭台は、学生時代から、輸入博覧会や雑貨屋などで、安物をちまちまと集めています。

そして今回は、初聖水盤。

血染めのロザリオは・・・・・要りません(笑)







今朝はちょっとゆっくり、8時ごろに起床しました。朝食はママさんが作っておいてくれましたが、腹が減って目覚めるいつものへっぢほっぐには珍しく、食欲がなかったので、ママさんには悪かったけれど、そのまま身づくろいをして庭に出ました。

ゆうべは気持ちよすぎて、ついついビールをたくさん飲んでしまったせいでしょうか。

まぶしい朝陽に目をこすりながら、ふと、花が終わったバラにお礼肥を与えようかなと、鉢植えのポンパドール夫人のウッドチップをとりのぞいた瞬間、なにやら白く蠢くものが視界に・・・・

だ!

すでに気温が高くなりつつある初夏の庭にもかかわらず、全身に寒気が走りました。そしてショックのあまり、脱力。なぜなら、我家の歴代の枯れたバラたちは、みなのせいで枯れたのです。

16522-01.jpg
パーライトや卵の殻、ウッドチップで予防したつもりが・・・・すみません夫人・・・・・

うちには、昨日植え付けた新苗をふくめて、バラの鉢はいくつあるのか?

ポンパドール夫人、ルイ14世、エマ・ハミルトン、バースのおかみさん、イレーヌ・ワッツ、シェイクスピア2000、ツーやん、赤フェアリー、オールドブラッシュ、そして新苗のモンクゥールと粉粧楼の、合計11株!

来週の土曜日は、この11株をぜんぶチェックしなければならない(涙)

わたしのバカ・・・・ガックリ。

そしてママさんと協議の結果、鉢植えに限って、とうとう薬剤を使用することに決定。

16522-02.gif
どっちがいいかなぁ・・・・・とりあえず左側のダイアジノンが王道かな。

若き日に、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を愛読したせいで、わけもわからず(文系なので)農薬ギライになっていたわたしですが、ここでようやく決心がつきました。

最低限の薬も使えないなら、バラなどやるな。近所迷惑だ。

そんな気持ちが湧いてきたのです。

しかし朝ヤツラを発見し、決心したのは夜。ずいぶん悩みました。


ちなみに、発見されたヤツラは、ムクドリたちのエサになりました。


**********


そんなこんなで、すっかり脱力して庭仕事のヤル気が失せてしまったため、ママさんのリクエストで調子の悪い古電話機を買い替えに行き、昼飯を食べて帰宅した後は、押入れの中をゴソゴソ整理しました。

すると、ずいぶん探し回ってあきらめていた、学生時代にパリで買った古いポスターを発見!さっそく額に入れました。

16522-08.jpg
モンマルトルの観光客向けの店で、イケメンだけど笑うと歯抜けでガッカリの兄ちゃんから買った格安品3枚のうちの1枚。変なことばかり覚えているもんだ(笑)

そのほかにも、同じころイギリスで入手したチラシなどを発見。ボロボロだけど、これも額に入れてみたら、けっこう面白い!

調子に乗って、残っていた紙類の中から選んだものも、額に入れてみました。

16522-03.jpg
当時、何度かマーゲイトの遊園地で遊んだ記憶がある・・・・

16522-04.jpg
これは8年前に、ママさんを連れて旅行したときのもの。上が連泊したバイブリー村の地図、下は動物園で買ったお菓子のパッケージ。取っておいてよかった~(^.^)v


16522-05.jpg
出窓の脇に飾ってみたけど、思ったよりいい感じ


16522-06.jpg
あ、タイプライターの位置はちょっと変えました


16522-07.jpg
ミキちゃんにもらった鉄の小鳥と、セダムの小鉢、ニトリのワイヤーニワトリも加わって、あの出窓は、今はこんなレイアウトです


午前中にネキリムシで脱力し、落ち込み気味だったわたしですが、午後の宝物発掘で、かなり浮上いたしました。

しかし夜になっても暑いなぁ・・・・・室温をみると、27℃!

爽やかな5月はどこへ行ったのだろう。もうちょっと待ってよ、夏!


建国記念日の今日、名古屋地方はおだやかな暖かい一日となりました。

とはいえ、早朝は霜柱が立ち、水辺は分厚い氷が張るとういう寒さでしたので、二日ぶりに鳥にエサを出そうとした素足のへっぢほっぐは、駄々っ子のように地団太をふみふみ、まるで電光石火のごとき素早さで、リンゴとバナナ、穀物とひまわりの種をセットすると、履いていたサンダルを左右バラバラ後方2メートルほどはね飛ばし脱ぎながらサンルーム経由で屋内に駆け戻り、キッチンのガスヒーターの前にすべりこみ正座をして、ぬくぬくまどろんでいたワンニャンを散り散りに飛びすさらせてしまいました。

仕方ない、乱暴で雑なママさんの娘だ、おしとやかに自宅を歩くはずはないのだ。

しかしその後、三々五々にだらしなく散らばった庭用サンダルの惨状におどろいたママさんに、こってりしぼられたへっぢほっぐでございました。

なんだよぉ、自分だって、へんてこな帽子と、手袋のかたっぽ、庭に置き去りにしてたじゃん!

とブツクサ文句をたれながら、傍らにいたリリの耳をびよ~~んと引っ張る嫌がらせをして憂さ晴らししました。

子供か!


*********


さてそんな(笑)今日は、ランチタイムにママさんのリクエストで買い物に行った以外は、家の中でのんびりと過ごしております。テレビを観て昼寝をしてオヤツを食べて、極楽極楽。

16211-00.jpg
300円ショップにあったメッセージボードを両面テープでヒノキの木切れに貼ったものだけど、まさにわたしのためにあるような言葉(笑)

16211-01.jpg
今のへっぢほっぐ・ギャラリーはこんな様子・・・・・わかりますかぁ?

16211-02.jpg
・・・・そうなのです、また増えちまったのです、鉄クズが(^_^;)

16211-03.jpg
ひとつはこれ、古い測量機・・・・・結構な重量物

なんの役にもたたないジャンク品ですが、ヤフオクのカード払いで5000円で買ってしまったぁぁあぁぁぁ!!!

だってレアものだし、普通だとジャンクでも一万円以上するのに、出品者が、ほこりだらけで/変な折り畳み姿で/暗い写真で/格安で/出品していたせいで入札者がだれもいなかったから、大チャンスだったの・・・・・・

鉄クズオタクはやめられないとまらない・・・・でももう(しばらくは)やめますママさんごめんなさい・・・・・

これを買ってしまったから、連日つづく残業代があっさり飛んで行ってしまいました(;_:)

16211-04.jpg
測量機なので、この望遠鏡部分は上下左右に動き、水平器もついている

今回のホコリはとても手ごわく、払っても拭っても雑巾が茶色く染まり、きれいにするのにずいぶん時間がかかりました。それだけにピカピカになったときの幸福感・・・・・・ああ、なんて美しい一品でしょう。うっとり(大真面目)。

16211-05.jpg
昔の機械って、なんでこんなに美しいのか

16211-06.jpg
FUJI TOKYO と銘がある

16211-07.jpg
これは前からおいてありましたが、一応ご紹介。ずいぶん前に入手した、なんちゃってアンティークの十字架のオブジェ。色が美しくて一目ぼれ

16211-08.jpg
そしてこれは、会社のゴミ(笑)の中からみつけた、文鎮のように重い朱肉入れ

16211-09.jpg
フタの裏にはこのような刻印が

16211-10.jpg
じつは朱肉の匂いが大好きなへっぢほっぐ・・・・「植田」さんという方がビシバシ使用した痕跡あり
わたしの知る限り、会社にそんな人いなかったぞ

16211-11.jpg
というわけで、今現在は、こんな眺めで楽しんでいます。しょうもないやっちゃ


こうして、出窓にして以来、2万5千円ぐらい、無駄なジャンク系オブジェに費やしてしまったので、すっかり鉄クズ貧乏になってしまいました。そのため今年のバラの肥料は一番安いものに決定。

バラ、ごめんね。今年はガマンしてね。でもちゃんと咲いてね、来年フンパツするから~(#^.^#)


おお寒!

暖冬だと思って油断していたら、40年に一度の大寒波とか。みなさまの地方はいかがですか。大丈夫でしょうか。

東海地方も、ようやく厳寒っぽい気温になってまいりましたところで、冒頭の言葉でございます。ちなみに今朝の我家のサンルームはマイナス2度でした。

16124-000.jpg
先週の雪はでもまぁ、可愛いものでしたわね、すぐ消えたし

カイシャのインドネシアから来た女の子たちも、はじめての雪にキャーキャー喜んで遊んでおりましたが、ここ東海地方に住むわたくしも、じつは出勤前の車の雪下ろしの際に、新雪をふみふみ「ぐふふふふ」と内心ウキウキしたものでございます。

雪の苦労など知らずに暮らし、雪予報に内心浮かれる人も散見するこの地方、今回の寒波でどのような姿になるのでしょうか。昨日はホームセンターの入口付近に、見たこともない派手なオレンジ色の雪かきスコップが並べられておりました。今晩から明朝までが、ピークとのことですが・・・・・・

*********

わたしの寝室は、南東の日当たりのよい部屋ですが(桜倒木の際には危機一髪だった)、ほかの土壁の古い部屋べやとは違い、あとから増築したベニヤ板壁の洋間のせいか、夏は暑く冬は寒い、白アリさえ寄り付かない過酷な部屋だということが、最近やっとわかりました。

そこで、ママさんの知り合いの大工ジイチャン(腰が曲がって大丈夫かしらと思うぐらいの)に、出窓の見積もりを依頼しました。去年の10月のことです。

16124-01.jpg
とくにベッドが置いてあった、このあたりがとても寒く、壁をさわると氷のように冷たいし、アルミサッシの結露がハンパなく、縁から風が吹き込んでくる気配がある・・・・

16124-02.jpg
上部のエアコンもちょうど壊れていたので、とりあえず電気屋さんにお願いして撤去してもらいました


出窓にすると30万ぐらいかかるかと覚悟していましたが、なんと出窓代(ペアガラス)や工事費、その他材料費込みで19万円という見積もりでしたので、冬のボーナスで何とかなると思い、発注!

とはいえ、DIY命のケチなへっぢほっぐには大冒険です。10月の後半あたりから、工事開始ということに決まりましたが、近所のジイチャンの気の向くままなので、どういう日程なのかイマイチわからないまま、ママさんの顔を立てて任せっぱなしにしました(笑)

16124-03.jpg
このレトロなガラスもアルミサッシも、子供の頃から大キライだった・・・・・

16124-04.jpg
晴れた日に、いきなり窓を撤去。すると、カイがすかさず点検

16124-05.jpg
窓枠を上から地面に向けて撮影。やはりアルミサッシの結露で木枠がぼろぼろに腐っていた。しかも外壁と内壁の間には、スカスカの土が少し入っているだけで、ほとんど空洞。こりゃ寒いし暑いわな

16124-06.jpg
「ほとんどビフォーアフターの世界ね」 by カイ

16124-07.jpg
腰の曲がった小さいジイチャン一人で工事しているので、すぐバテて中断。毎日少しずつしか進まないので、夜は撤去した雨戸を外から打ち付けていた(笑)

カイはなぜか見張り番役を買って出て、毎晩ここで眠ってくれた。それにしても不思議な猫だなぁ。


16124-08.jpg
何日かして、ようやく窓がはめ込まれた。ガラスに休憩しているジイチャンが映っている(笑)

16124-09.jpg
この頃には、見張り番にリリも参加。なんでもオネーチャン(カイ)の真似をしたがるのよね

16124-001.jpg
工事がちっとも進まないので、しびれを切らして、うるとらとらさんのブログで知ったレトロなガラスシート(ホームセンターで購入済)を夜のうちにさっさと貼ってしまったら、次の日ジイチャンが腰を抜かして驚いていた(と、ママさんから報告)

16124-10.png
そこから急ピッチで工事が進み、半月以上たってようやく完成。さっそく飾りつけ開始~!
まずはイオンでみつけた、レースのスカーフ(¥2790)を百均の洗濯ばさみ状カーテンフックでツッパリポールにぶら下げ、プランターなど雑貨類を置いてみる

16124-11.jpg
下部のレンガ調壁紙を外し、上のエアコン痕とともにペイントでお色直しをし、台所で使っていた古いカフェカーテンをカーテンに再利用。カーテンレールはホームセンターで買ってきて自分で取り付け、アレヤコレヤ飾りつけ。楽しい!

16124-12.jpg
そのあと、いろいろ試行錯誤をし、今はこんな形に落ち着きました。ジイチャンに余っている断熱材の切れ端をもらって少し詰めたので、前ほど寒くない場所になっています


**********


出窓にしたら、思ったよりお洒落になったので、寝室に戻すのがもったいなく、まだベッドは新調しておりません。そのため、今は古い和室に布団を敷いて寝ているへっぢほっぐでございます。


このブログを書いている作業中、暖房費をケチって、ホットカーペットと手あぶり火鉢だけにしていたら、手がかじかんできました。室温は10度。ガスストーブをつければ温まりますが、うちはプロパンなので、高いのです(涙)

今日はホントに寒いなぁ。

それではみなさま、どうか寒波を無事に乗り切ってくださいね!


05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。