削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは、みなさま、ほんとうに、あたたかいコメントをどうもありがとうございました。

はなこさま
mimihaさま
みゃんこさま
SuzyHillさま
うるとらとらさま
おはなさま
アイハートさま

コメントを読むたびに、涙が出てきて・・・・・カイの存在がこれほど大きかったということを実感しました。

そして、みなさまの心のこもった言葉ひとつひとつにうなずき、泣き、笑い、癒やされ、助けられました。

しばらくぶりの再開、しかもまだみなさまの素敵なブログにお伺いもできない状況でいただいたコメントに、ただただ感謝の一言でございます。ブログをやっていて、こんなに「よかった!」と思ったことはありません。

会社では役職になって4ヶ月ほどたちましたが、有象無象の好き勝手しつづける、むくつけきオッサン連中をなかなかコントロールしきれず、そもそも自分らが野放しにしてきたくせに「あいつらの言うなりになるな」「コントロールできないなら、役職をおりてもらう」などと連日上からはえげつなく責められ、そのくせその上の奴らは、そのオッサンたちがわたしについて文句を言えば肩を持ち、まったく男連中のくだらないタッグのもと、必死で過ごしている毎日です。

でもま、不愉快なことを言われても、「ハイハイハイハイ」と返事だけして、自分の思い通りにコトを進めるだけなんですけどね(笑)

ま、そんなこんなで、連日めんどくさい戦いに挑んでいるわたしにとって、カイの存在はとてつもなく大きかったことが、いまになって痛いほど実感しています。

あのプニプニのおなかに鼻をくっつけて、もふもふしたいなぁ。

そうすれば、疲れなんてふっとぶんだけどなぁ。


本格的なブログ復帰は、もう少し先伸ばしさせてください。すみません。


20161223.jpg
みなさんありがとね

スポンサーサイト
1999年秋の夜。冷たい雨の降りしきる中、近所のスーパーの駐車場で、行き交う車の間から、ニャーニャー鳴き叫ぶ猫の声がママさんの耳に届きました。

車のライトで光る路面に目を凝らしてみると、水たまりの中でずぶ濡れになって鳴いている白っぽいちいさな仔猫が一匹。

いまにも車に轢かれそうな仔猫にママさんはあわてて駆け寄り、服が汚れるのもかまわず拾い上げ、そのまま家に連れ帰ってきました。

後日、真菌の皮膚病に冒されていたことがわかり、先住の雄猫フクちゃんや雄トイプーのミッチに伝染しないよう、一月ほど納屋に隔離して育てられたその仔猫は、ミルクティー色の毛並みと、海のような青い青い瞳をしていました。

その仔猫は、カイ(海)と名付けられました。

1.jpg
真菌も治り、ようやく母屋に入れてもらったころの、まだあどけないカイと、雄犬ミッチ

4.jpg
しかし納屋での隔離生活のあと、まったく鳴かない猫になってしまい、青い瞳も薄茶色に変わっていた

2.png
雄猫フクちゃんは甘えっ子だったためか、他所から引き取った猫だったせいか、カイを受け入れられなかったせいか、しばらくして出て行ってしまった(涙)

3.jpg
フクちゃんがいなくなったあとは、カイは静かにひとり遊びする猫になった


5.jpg
そんな中、雄犬ミッチは比較的カイの面倒をよく見てくれた。

6.jpg
庭造りを始めた頃から、カイはいつも一緒

7.jpg
若い頃は、如雨露で水やりをすると、どこからともなく飛んできて、水をかぶりたがる変な猫

8.jpg
ママさん曰く「しゃなりしゃなり」と庭を歩き回るカイ
10.jpg
新しく作ったサンルームで毎日ひなたぼっこを楽しんでいた頃

11.jpg
餌もねだらず、鳴きもせず、ただ黙ってじゃれて甘えてくる、元祖ツンデレ猫

12.jpg
最初から誰よりも庭を楽しんでいたのは、カイかもね(笑)

13.png
懐かしい桜の木にも、よく上って自慢げにしていたな

14.jpg
カイの得意技、「ごめん寝」

15.jpg
ここがカイのお気に入りの場所だったため、ネエタンこの押し入れほとんど使えず(^^;)

16.jpg
「カイちゃん!」と呼んだときの、この甘えた表情がたまらんの

17.jpg
庭を耕すと、そこがカイのおトイレになる~

20.jpg
キャットミントが大好きで、毎日これを舐めたり囓ったりして、陶酔

19.jpg
ママさんの庭仕事にもいつもお相伴

21.jpg
カイの寝るところは、いちばん気持ちの良いところ!

22.jpg
ネエタンの部屋の入り口からジッと見つめ、声をかけると入ってくる


23.jpg
撫でられるのが大好きなくせに、すぐ噛んだりひっかいたりする!

24.jpg
でもネエタンの手が大好きなので、甘えてすぐゴロゴロのどを鳴らす

25.jpg
あいたたた!痛いよカイちゃん!

26.jpg
気持ちいいと、よく伸びているね

27.jpg
絶好調!

28.jpg
夏でも、ネエタンにだけは、ぺったりくっついて寝るから暑くって(^^;)

29.jpg
ネエタンの膝の上だけには、乗るの

30.jpg
3歳下のリリに対しては、お姉さん格!

31.jpg
これはカイの愛情表現(言うなれば・・・)

34.jpg
自慢はピンクの肉球よ(たまにババチくなるけど)

35.jpg
ほんとうに幸せそうだなぁ

37.jpg
今年の晩春ごろの、けっこう仲良しのカイとリリ
この頃から、カイは甲状腺ホルモン異常がわかり、薬を常用

38.jpg
すっかりおばあさんになったカイは、よく鳴くようになって人間くさくなってきた

39.jpg
今年もまた、ストーブで背中を焦がしたカイ。11月26日のこと。

翌日から、いきなりカイは食べなくなりました。しかしこれまでの状態とはちがい、クリームもバターも舐めてくれず、廊下のトイレにもいけなくなり、部屋の中でおしっこを垂れ流すようになりました。

点滴を何度かしてもらいにいったものの、口の中が腫れ上がり、水ばかり飲んでいるのでやせ衰え、大量のおしっこをし、ペーストフードを舐めさせていたものの便は出ず、日に日に足腰が立たなくなり、ふらふらになってしまいました。

12月2日、とうとうおしめをつけました。

12月3日土曜日の明け方、気づくとネエタンの枕元におしっこでパンパンになった気持ち悪いおしめのままのカイが寝ていました。ネエタンの布団と毛布を濡らしていました。

おしめを替えたあと、水とペーストフードを食べたカイは、ジッと外を見ていたかと思うと、おもむろに起ち上がり、ふらふらしながらサンルームを横切り、お日様のふりそそぐデッキに行って寝そべりました。

40.jpg
このあと、目を離したスキに、庭に降りたカイは、思うように動けず助けを求めるようなうめき声をあげた・・・


カイは家の中に入ろうとしなかったので、おしめを取ってあげて、デッキの好きなところに寝かせたまま、おしっこまみれの絨毯とこたつ布団を洗い、掃除したあと、カイにおしめをつけて、部屋の中に戻しました。

すると、今度は離れた場所にあるネエタンの部屋にヨロヨロと歩いて行き、いつものようにホットカーペットの上に寝そべりました。

そのあと、ネエタン愛用のロッキングチェアに飛び乗ろうとして、乗れませんでした。

今度は出窓の前のソファに乗りたがったので、乗せてあげましたら、気持ちよさそうに眠ってくれました。

夜は、水とペーストを食べてくれました。

翌12月4日日曜の朝も、水とペーストを食べてくれましたが、もう昨日のようには歩けませんでした。

まったく歩けなくなり、ドタンバタンと倒れながらサンルームに向かおうとして、途中で断念してゴロリと横になってしまいました。

でも水もペーストも食べてくれたので、とりあえずおしめを替え、こたつの近くに暖かくして寝かせておき、ママさんと二人で、コインランドリーに行き、洗いきれなかった絨毯とお布団を再洗濯して1時間半後に帰宅しました。

カイの姿が見当たりません。

「カイちゃん?」と呼びかけたら、こたつの中から「ニャオウ!ニャオウ!」と大きな声。

いそいで毛布を上げたら、顔をすこしのけぞらせ、二度ほどフーフーと深呼吸をしたあと、動かなくなりました。

え?

カイちゃん?

「ママさん、カイちゃん死んじゃったよ・・・」

手を洗っていたママさんが大急ぎで戻ってきましたが、カイはもう動きませんでした。

さっきご飯食べたのに。ペーストフードたくさんまだあるのに。おしめだって、一日に何回替えてもいいように、たくさん用意したのに。おしっこシートも敷いたのに。

死んじゃったの?カイ!こんなにあっさり?

わたしたちが帰るまで、もしかしたら必死で待っていてくれたの?

ママさんは泣きながら「カイちゃん!」と呼びかけていましたが、わたしは呆然としながらも、棺桶がわりの段ボールを用意し、カイの愛用毛布とクッションを入れてカイを寝かせ、ずっと体をさすっていました。なぜか泣けませんでした。

カイ17歳。12月4日日曜日の、昼前11時40分のあっけない旅立ちでした。


*************

その夜、どうしても食欲がなかったわたしは、ママさんと食事を別にすることにし、ひとり車で出かけました。

運転中に、突然カイを呼びたくなり、「カイちゃん!カイちゃん!カイちゃん!」と百ぺんも叫んでしまいました。

そのうちに涙があふれて、運転中におんおん泣いてしまいました。

子供のように泣いてしまいました。

15分ぐらい泣きまくったら、スッキリして、何事もなかったように帰宅しました。


************


カイは、庭の片隅に埋葬しました。

日曜日に死んだので、翌日は仕事で手がつけられなかったわたしに代わって、ママさんが深い深い穴を掘り、花いっぱいといっしょに、冷たくなったカイの亡骸をひとりで泣きながら埋めてくれたそうです。

土をかぶせるときに、涙がとまらなかったそうです。

つらい仕事をママさんにさせてしまいました。

17年間一緒にいた猫ですから、高校生の子供を育てたようなものです。


************

カイが死んで、もう半月ちかくもたちました。

日に日に寂しさが募るばかり。

なので、こうして、カイの物語を写真で語らせていただきました。

しばらくぶりのブログ再開、しかもいただいていたコメントの返信もせず、このような報告になってしまい、申し訳ありません。


まだカイが、ひょっこり戸口からのぞいているような、しっぽを上げてしゃなりしゃなりと歩いてくるような、朝起きると、枕元で眠っているような、そんな情景が生々しく浮かんできます。

カイちゃん、会いたいな。

今は、それだけ。

16513-01.jpg


16513-02.jpg


16513-03.jpg


16513-04.jpg


16513-05.jpg


明日はネエタンのバラ通信の予定です♪

カイの体重がすこし増えてきました。
それに伴い、体力も回復してきたようで、本来の猫らしい動きを多少見せるようになりました。

1653-01.jpg
ネエタンの押入れにある寝床(カイ用の古布団)にも楽々のぼっちゃう!
普段カイが自分で勝手に入れるよう、扉でなくカーテンにしてあるので平気

1653-02.jpg
一方、リリはママさんっ子なので、毎晩ママさんのベッドの専用毛布の上で寝るのよね

しかし!

今日ちょっとした事件が起きてしまいました。

ママさんが玄関先で、とある刃物をリリのアタマに思い切りぶつけてしまったのです。

こつん!

と、それは大きな音がしたとか。

1653-03.jpg

事件後、リリは全速力で家の中に駆けもどり、おこたの中から出てきません。

ママさんもびっくりして帰ってきましたが、呼べど叫べど、リリは出てきません。

ママさんがあきらめて別のところにいくと、リリはのっそりと出てきて、わたしのひざ元でブルブルブルブル震えています。

よほど痛かったらしく、それだけに、精神的なショックが相当なものだったと思われます。

ママがアタシのことぶった!わるいことなんにもしてないのに!

そういう心境だったのでしょう。

そのあと、リリは忽然と姿を消してしまい、家中をさがしても見つかりません。ママさんはしょんぼり。うっかりとはいえ、悪いことしたと反省しきり。

とりあえず、わたしは今日中に夏野菜を植え付けたかったので、まずは戦闘服(笑)に着替えて庭に出ると、遠くに白いかたまりが見えました。

1653-04.jpg
家屋から10メートル以上離れた場所に、ちょこんと座っていた・・・・・・

さっそくママさんに知らせると、ママさん急いでリリの元へ。するとリリは、謝りながらなでなでするママさんの手から離れ、逃げるように、いそいそと家の中へ。

結局夕飯時まで、リリの機嫌は直らず、ママさんは相当へこんでおりました。


******


さて。

そんな事件を尻目に、わたしはせっせと夏野菜を植え付けました。ものすごいつむじ風が、幼苗を台無しにしてしまわないか、ひやひやしながらの作業です。

1653-05.jpg
トマト8株、ナス4株、きゅうり4株、パプリカ5株、甘トウガラシ2株、トウモロコシ4株、枝豆4株なんとか終了

1653-06.jpg
エンドウとホウレン草、そら豆、ニンジンは、ママさんが既に栽培中

1653-07.jpg
菜園仕事がおわったので、ひと休みがてら、花壇のほうを見回ることにしましょうか

1653-00.jpg
というか、勝手生えのジギタリスが、もう花芽をつけていた~

1653-08.jpg
バラが咲くまでは、ちょっとシックな庭というところでしょうか(よく言えば)

1653-09.jpg
今はアイリスとアヤメの時期で、どんどん咲いてくれている

1653-10.jpg
去年植えた、黄金葉のオレガノが思ったより感じ良い色合い

1653-12.jpg
テッポウムシで枯れてしまったバレンシアの二代目(バラ新苗)を適当に植えた場所が、メド―セージの真っ只中だったという事実に最近気づいた・・・・・

1653-11.jpg
これも自分で植え付けた球根のはずだが、いつ植えたか何の花なのか思い出せない・・・・・

1653-15.jpg
リトルマーメイド(クレマチス)は不思議な色合い

1653-16.jpg
エルダーの花が咲きはじめた。もう少し咲きすすんだら、またコーディアルを作る予定


*******


夜は予報通り、雨。風も強く、ちょっとした嵐の様相です。

昼間の強風のせいか、案の定すこし悪寒がしたので、食後にホットウィスキーを飲み、毛布にくるまって、昨日アマゾンから届いたばかりのDVDを鑑賞。

どうしても公開時に都合で見に行けなかった、スター・ウォーズ『フォースの覚醒』です。わたしは完全なるスター・ウォーズ世代であり、1作目が身体に染みついている人間なのです。

16501-05.jpg
映画館で観た弟が言っていた通り、作品の良し悪しより、なんだか胸いっぱいになってしまった・・・・

それにしても、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「千と千尋の神隠し」「ロードオブザリング」「ハリーポッター」と似ているところ、あったぞぉ(ニヤリ)

しかししかし、今の感想は、とにかく次回作(エピソード8)が一刻もはやく観たい!です(笑)

過去にあったね、そんな作品。


*******


じつは、もうひとつネタがあったのですが、今日はここまで。

盛り過ぎちゃったもんね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

お疲れ様でした~~m(__)m




ゴールデンウィーク初日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

一時は危なかったカイは、おかげさまで、よく食べてくれるようになりました。それに伴い、少しずつ体力もついてきたようで、なんとか今回は生き延びてくれたようです。みなさまのご心配とご声援が、ほんとうに心の支えになりました。どうもありがとうございました。

さてさて、朝夕のごはんタイムには、伸びあがって「メシくれくれパンチ」などを繰り出し、大変なほどです。

16429-02.jpg
今は門プチの舌平目や七面鳥、高齢猫用パウチがお気に入り

16429-03.jpg
しかし外には出ず、家の中のあちこちで一日じゅうおネンネ(それがいいのかも)

16429-04.jpg
そして目が合うと、すぐに起きてきて、目をキラつかせてエサの請求!
うれしいけど、まだガリガリなのがちょっとね・・・(明日また獣医さんに行きます)

猫トイレがいたくお気に入りなので、もっと早くに設置してあげればよかったと思う半面、ママさんが廊下を通るたびに「臭い!」とクレーム。

消臭効果のある砂なのに、と弁明しながら、朝晩きっちり掃除し、消臭剤をフタにつけ、炭籠を傍らに置いたら、気にならなくなりました。

今では、掃除したあとの砂に、枯山水風の模様をつけて遊んでおります(ё_ё)


********


4/25~27まで、ママさんは自分の妹たちと一緒に、5人で箱根旅行に行っていました。

お掃除の大チャンス!

26日は有休をとり、家の中の不要物をまとめ、ちょうど開催されていたリサイクルステーションに10袋も寄付してきました。

そして逆に、オークションでジャンク品のマンドリンを1000円で入手。わたしの生年と同じ製造年なので、とても古いもの(笑)

16429-05.jpg
吟遊詩人の香りがする・・・・

16429-06.jpg
ジャンクということだったが、実際はどこも傷んでいないし、弦もピックもついている

16429-07.jpg
思ったよりいい音がするので、そのうちネットでチューニング方法をしらべて弾いてみよう


*******


今日はものすごい強風でした。

庭仕事の合間にひと休みして手袋を置いたとたん、つむじ風が手袋を2メートルも飛ばしてしまうほど。

草むしりをがんばるうちに、ヒタイにうっすら汗をかいたものの、実際は体温が下がってしまったのか、あとで両足がつってしまい、しばし痛みで、のた打ち回る羽目になりました。

16429-08.jpg
エレガントレディもそろそろおしまい。ピンクのリクニスが元気に咲きだした

16429-10.jpg
この赤いのも最後の2輪

16429-09.jpg
チューリップが終わりかけると、いっぺんに、もしゃもしゃした庭になる

16429-11.jpg
そしてアイリスやアヤメ類で青い庭に変化

16429-12.jpg
早咲きのバラ「ルイ14世」は真っ盛り(画像がゆがんでいる~)

16429-13.jpg
クレマチス「リトルマーメイド」が一番乗り

16429-14.jpg
そして「土岐のカザグルマ」が二番乗り

16429-15.jpg
このジャーマンアイリスはもう15年以上のもの

16429-16.jpg
ここにはキッチンハーブの場所
レモンタイム、伊吹麝香草(日本のタイム)、チャイブス、マージョラム、モスカールドパセリ、そして手前にイタリアンパセリの種がまいてある

16429-17.jpg
鳥のエサからこぼれた、ひまわりの種が、今年も発芽していた(笑)
山椒はあちこちに勝手に生えてくる

16429-18.jpg
桜が倒れたあとには、ウツギ類を3種類植えた。そのうちのひとつが満開

16429-20.jpg
気温の高さのせいか、もう緋合歓(ヒネム)が開花してびっくり!蚊の季節がやってくるなこりゃ


16429-19.jpg
去年おおいに楽しんだコキアが、あちこちで芽吹いてすごいことになっている
早々に植え替えて、またあの珊瑚のような秋の紅葉を楽しみたい!


16429-21.jpg
亡父のヒメウツギがあちこちで美しく咲いてくれている
女の子はそろそろお色直ししなくちゃね~


16429-22.jpg
草花も可愛い花をあちこちで咲かせているから、抜かないようにしていると、ママさんが怒る(笑)


16429-23.jpg
じつはうちのヒヨ、まだ果物をねだるので、たまにあげている


昨日は雨だったので、スズメにもエサをあげなかったせいか、今朝はこれみよがしに、空の皿をつついて請求されました。一羽だけ、けっこう懐っこいスズメがいるのです。

鳥も虫も花も、ずいぶん賑やかになったうちの庭。カイももう少しがんばって、なんとか散歩を再開してほしいものです。


07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。