削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
candlenight1

今日もまた夏日でしたね。いかがお過ごしでしたか。わたしは待ちに待った庭仕事と、衣替えをすませました。 

そして夜は、市内にある「維摩池(いまいけ)」で催された、キャンドルナイトに。

なかなかロマンティックな風景です。

candlenight2
小規模ながらも、涼やかな池をバックに、しばし忘我の境地。

candlenight3
空気に漂う、甘いアロマの香りがここちよい。


candlenight4
ちょっとした芝生ステージで演奏会も。


このイベントは、まだ歴史も浅く、キャンドルの数もささやかなものですが、行ってみると、けっこうな人出で、家族総出や友達同士、ベビーカー連れ、犬連れなど、みなさんおだやかな表情でゆったりと、しずかに池の周りを散歩しながら楽しまれている様子が、とてもいい感じです。

旅行もいいですが、こうした地元のイベントに顔を出してみるのも、案外いいものですね。

これまで市民の集いといえば、盆踊りで踊りまくるだけでしたので(笑)


さてさて、今回のGWは、後半は父の命日法要も含め、東京の叔母も久しぶりに来てくれるとかで、とても賑やかになりそうで、楽しみです。うきうき。

そのため、天気の良い前半は、いろいろな用事を済ませてしまおうと画策しております。

1)衣替え・・・・先述のとおり、完了!

2)野菜苗とハーブの植え付け・・・いちおう完了!

3)バラやクレマチスの点検と開花準備・・・ほぼ完了!

4)サンルームの遮光ネット取り付け・・・まだ~

5)カーペットの洗濯・・・まだ~

6)車の点検・・・ディーラーにて完了!

7)猫の草の種まき・・・まだ~



tomatoes429
イタリアのプチトマト4株は、コンパニオンプランツとして、それぞれキンセンカと一緒に10号サイズのプランターに植え、誘引用のオベリスクを立てました。

lilyingarden
リリは、草むしりするママさんの近くで頑張るも、眠くてうとうと(笑)


明日はママさんが旅行なので、動物たちと庭仕事にいそしみます。



スポンサーサイト
ご無沙汰しております。

すっかりブログから離れ、浮世のアレヤコレヤにもまれておりました(涙)

一つはカイシャのせいです。

わたしの属する貿易部門に、数年に一度の税関の事後調査が入るかと思えば、同じ月に国税も入ることになり、膨大な資料を整理しなければなくなったからです。

日常の業務も容赦なく押し寄せるのに、桜の季節なのに、なんだか余裕のない今日この頃。

しかも、土日になると、雨模様。パッとしませんよね。

そんななか、パッとしたくて、動物園をぶらぶらしてきました。

愛らしい動物たちを見て、みたらし団子でも食べながら、のんびりと花をめで、日常を忘れるひととき。

いいなぁ……なごむだろうなぁ。

しかし。

若き日のデートコースだった(遠い目)動物園も、いまや見る目がにごっているのか冴えわたっているのか、いささか風変わりな印象ばかり。ある意味面白い見物ができました。


たとえばオセアニア有袋類の王者たるカンガルーなんて、某自動車メーカーのキャラクターしかり、ぴょんぴょんはねて、可愛らしいはずですよね?

そしてこの東山動物園には、「アカカンガルー」というカンガルーがいたのです。いたのですが……

kanga1
「あ~~腹がかゆい(ポリポリ)」

kanga2
「もっと光を~(アホ)」

kanga4
とくに左上のキミは誰なんだ

kanga3
キミらもいったい何をしているんだ

kanga5
なんて可愛くないんだ

結局、アカカンガルーは、宴会後の酔っ払いのごとくゴロゴロしているか、2頭でてキックボクシングしているか、メスに襲いかかっているかで、まるで人間社会の縮図をみているかのよう。しかも長い脚と短い腕を使って、そろそろと四足歩行しているさまは、失礼ながら、まるで妖怪のよう(笑)


しかし、まだこの東山には、同じオセアニア出身のコアラがいるのだ。コアラなら、愛らしいはずだと気を取り直し、いざコアラ館へ。

koara1
夜の繁華街で、電柱にもたれる酔っ払いオヤジみたい

koara2
なんか白目むいてるし

koara3
か……可愛いかなぁ……?

koara4
かろうじて可愛さが感じられるツーショット


nobita
「ヤギの、のびたです。笑いながら寝ています」

polarbear
「シロクマです。眠いです」

rabbit
「うさぎです。アンニュイです」

lilyofapril
「リリです。桜吹雪が風流です」

……というわけで、気がついたら、我家に舞い戻っていたわけです。

春の日の東山動物園、案外、おすすめです(笑)


今日はいい天気でしたね。洗濯物がよく乾きました。

行楽シーズンのせいか、近所もずいぶん静かで、幸せな一日。

mado408
今日の「まどかびん」オオイヌノフグリ・ベロニカオックスフォード・ナズナ・ハコベ


今年は寒い春なので、開花が遅かったり、また開花後の時期も長いせいで、まるでアルプスの花畑のように、いろいろな花が一気に咲いてくれて、にぎやかな花の季節になっています。

cherrywithvarious
桜・連翹・雪柳が咲きそろっています。

cherrytoday
今日の桜はこんな状態。5分咲きぐらいでしょうか。

daffodiltoday
水仙とゆすらうめ。

mimo&magno
ミモザとマグノリア(西洋モクレン)

boke
ボケ

rentenrose
クリスマスローズ(レンテンローズ)



昨晩、ママさんのバースデーケーキの代わりに、豆腐一丁とホットケーキミックスと卵とドライフルーツでパウンドケーキを作りましたので、濃い紅茶とともにそのケーキをつまみながら、桜の下でゆったりと過ごしました。

そうした場合は、やはり白いコットンドレスにふんわりとしたカーディガン、三つ編みの髪に麦わら帽子、といったガーリーな格好で、英国式のティータイムらしい陶器で優雅に楽しみたいところですが、あいにく寒いし庭仕事もあるので、やはりいつも通り、フリースにジャージーパンツに長靴をはき、泥のついた手袋を尻ポケットにねじこんで、でかいマグカップを片手に、ケーキを手づかみでむしゃむしゃ食べながら、バラやクレマチスの新芽を確認しつつ、庭の小道をウロウロするのです。

そんな庭にも、いろいろな動物が顔を出します。

といっても、ピーターラビットやミーアキャット、キツネにタヌキにロッキーチャック(古っ)、というようなメルヘンな動物たちではなく、以下のようなおなじみの顔ぶれです。

doves
四阿(あずまや)に止まったキジバトの夫婦。近づいても逃げないが、たまに草むしりしている私に向かって「ぶー!」と鳴いて脅かす。

catofneibours
近所のクリーニング屋の雌猫。よくうちのカイのエサを横取りする。不細工だが野良の様にたくましい。


ほんとうは、草むしりなどがとても面倒なので、どうせならヤギでも飼いたいと思っています。

草を食べてくれるし、乳も飲めるし、メエメエ可愛いし。

まえに長野の牧場に行ったとき、結構ヤギとは気が合いました。なぜなら、すり寄ってきて、服のスソをむしゃむしゃと食べられかけ、服をベトベトにされたからです。

あ、気が合ったというわけではないか……

まぁ、それこそ高原の庭ならいざ知らず、住宅地の庭でヤギはとても無理でしょうから、脳内だけにとどめています。

ああ、ヤギほしいなぁ。シカでもアヒルでもいいけど、草を食べてくれるなら(笑)


4月7日はママさんの誕生日。桜の季節です。

お祝いをしようと、名古屋市昭和区にある「札幌かに本家」に個室を予約しておいたので、昼前に家を出発、名東区藤が丘の桜のトンネルを楽しみながら、昭和区八事に車で向かいました。ちなみにこの店は、ママさんのリクエストです。

店のすぐ隣は、名古屋の名刹、八事山興正寺(やごとざんこうしょうじ)なので、そこの立体駐車場に車をとめ、食後は散策することに。風強いけど……

まずは店に入り、ランチ会席を注文。滝の見える個室で、久しぶりのカニ尽くしに、ママさん大満足してくれました。よかった♪

kanikaiseki
これがメニューの全貌(もちろんカード払い)


さて、食後は興正寺さんへ。ちょうど「観桜会」の時期なので、チンドン屋さんも繰り出し、花見の呼び込みに歩きまわりながら、頑張って宣伝していました。いまどきのチンドン屋さんらしく、太鼓叩きは、ベネチアのカーニバルっぽいピエロ姿……

にっこり挨拶したら、オネエサンが初々しい呼び込みをしてくれました。噛んでましたが(笑)

興正寺さんといえば、ぽっくり寺として名高く、毎月13日には、大勢のお年寄りが参詣に訪れる場所で、94歳で大往生した祖母も、毎月通っていたお寺です。祖母は残念ながら、ぽっくりとは逝けませんでしたが、苦しむことなくしずかにこの世を去ったのは、そのご利益だったのかもしれません。

門を入って、正面の五重塔へまっしぐら、観桜会の野点の席や露店などもならび、なかなかいい景色です。ちょっと風が強いので、野点のお抹茶は遠慮しました。

koshoji1
ここの五重塔は1808年創建で、国の重要文化財(寒いのでママさんマフラー姿)

koshoji2
ソメイヨシノは満開でした

koshoji3
境内はものすごく広く、八事山というだけに、坂や階段が多い

koshoji5
うっそうとした森の向こうには、中京大学が。いい散策路よね。

koshoji4
総門の外、駐車場のちかくで、タンポポと紅椿が競演

ハイキングコースになっている森には、桜はほとんどなく、また野鳥保護区なので、野鳥の冴えわたった声がひびいていましたが、カラスがやけに多く、あちこちで、落ちている木の実をついばんでいました。鳥獣にはめっぽう強い、というか、ぜんぜん平気なわれら母娘、というか、とくにママさんは、カラスにさえ近寄り「おいでおいで」をしてみせるという、昨今のカラス被害に苦しむ都会人が見たら、青筋立てて怒鳴られそうな行動をしきりにとっていました。

将来的には、桜並木でもつくりたいのか、桜の若木が記念樹として、あちこちに植えられているのが印象的でした。数十年後には、みごとな桜の散策路になることでしょう。

腹ごなしの目的で歩いてみれば、起伏の激しい森の散策に足も疲れ身体も冷えてしまったため、途中で通りすがった東山動植物園の桜まつりにそそられつつも断念し、名古屋人の心のカフェ「コメダ珈琲」の最寄り店に飛び込み、ママさんはクリームたっぷりのウィンナコーヒーを、わたしはアメリカンを飲んでほっと人心地をつけたのでした。

階段でちょっと転んで、夜になって痛みが増してあわてていたママさんでしたが、湿布をしたら痛みも引き、大事に至らなくてすみました。

「階段を降りるときは、かならず手すりを使うこと」

とあらためて誓ってもらった、ママさんの△△回目の誕生日でした。

Happy birthday to Mama!




madokabin401

今日は、両手いっぱいのミモザをかかえ、父の墓参りに行きました。

ミモザの小枝が余ったので、「まどかびん」に挿しました。

あかるい太陽の香りがする……今日から、4月ですね。

なんだかウキウキしますね。

我家の桜はしかし、まだ開花していません。もうあと一息といった感じでしょうか。

cherryblossom401
明日ぐらいから、ちらほら咲くことでしょう

sakurasou
桜のかわりに、桜草が満開


例年、我家の桜の下で、同級生の観桜会を催してきましたが、ここ数年ちょっとご無沙汰しています。今年も問い合わせがありましたが、花見の時期は意外と寒く、また雨もよく降るし、4月7日はママさんの誕生日だったりして家族での行動が多い月なので、残念ながら今年もお断りさせていただきました。ごめんね~。

そのかわり、晴れやすく、またバラやクレマチスやその他もろもろが咲きほこって美しく、気温も暖かい、5月末の日曜日に開催しようかと思っています。

同級生諸君、5月27日(日)は、ぜひ予定を空けておいてくださいよ(笑)


************


タラの芽やコゴミはまだか、と山菜を気にしているうちに、三つ葉があちこちに顔を出しているのに気がつきました。

我家の三つ葉は、その昔、種をまいたのですが、それがこぼれ種で雑草化したもので、大きくしっかりした個体になって、はびこっています。

育つと葉っぱが手のひらサイズになるほど巨大化するのですが、色は淡い緑で、味も香りもマイルドなため、ざっくり収穫して、お浸しにすると、それは美味しい青菜になります。

青紫蘇や、ゴーヤも、我家で育つと、色も味もとてもマイルドです。それが我家の個性だとうそぶいていましたが、数年前に父の葬儀のために我家にきて、庭を見て回った柿農家の伯母が放った一言、「ぜんぜん肥料が足りてないね」で、すべてがわかりました(笑)

mitsuba
こんな三つ葉があちこちに。すべて栄養不足というわけですか。でも美味しいのに。



4月になって、年度も変わり、いろいろ心機一転、新しことに挑戦したい気分に満ち満ちています。

友人の一人からも、あたらしい出発の知らせをもらいました。別の友人からは、またべつの区切りをして、あたらしい門出の決心をしたとの知らせも。

みんなそれぞれ、あたらしい春を進んでいこうとしています。

手足をぐんと伸ばし、頭をすこし上に向けて、春の空気を胸いっぱいに吸い込んで、さあ出発!

いい季節にしましょうね!


気分はエンヤの「カリビアン・ブルー」です。






03 | 2012/04 | 05
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。