削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は土曜日。久しぶりに思い切り朝寝坊しました♪
おかげで、朝の水やりができず、パンをかじりながら庭に出たら、気温の高さも相まって、あちこちで植物たちの「水くれ」コール。

あわてて日焼け止めを顔に塗りたくり、麦わら帽子をかぶって、じっくり水やりをしました。

今年は、気候と、バラゾウムシの被害により、ずいぶん開花が遅れ気味だった薔薇たちも、ようやくシーズンを迎えたようです。クレマチスや宿根草、こぼれ種から育つ一年草たちも、すくすく伸びて見事な花をつけました。

さて、ちょっと気温が高めの今日の庭です。しかしベストシーズンだけあって、数えきれない花が真っ盛り。ほんとうにうれしい季節です。

clematis durandii 526
紫はクレマチス"Durandii(デュランディ)"、赤は矢車草

valencia1 526
ハイブリッド・ティーの"Valencia(バレンシア)"は、いい香り

valencia2 526
とても丈夫で、20センチほどの巨大な薔薇です。…って、釣り自慢のオヤジみたい(笑)


piere 526
20数個あった蕾をすべてバラゾウムシにやられ、たった数輪だけ残ったつるバラ
"Pierre de Ronsard(ピエール・ド・ロンサール)"

evelyn 526
イングリッシュ・ローズの"Evelyn(エブリン)"は極上の香り

lavinia & etoile 526
クレマチス"Etoile Violette(エトワールバイオレット)"の中に咲くつるバラ"Lavinia(ラヴィーニア)"

wife of bath 526
あまりの暑さに、だらんと咲き急いだイングリッシュ・ローズ "Wife of Bath(ワイフ・オブ・バース)"
青いのはデルフィニウム(飛燕草)

nigella 526
毎年、こぼれ種であちこちに芽を出す、一年草の「ニゲラ(黒種草)」がようやく満開に

clematis kiritekanawa 526
クレマチス"Kiri te Kanawa(キリ・テ・カナワ)"は、かの有名なマオリ出身のソプラノ歌手の名前

honeysuckle 526
日本のスイカズラ(ハニーサックル)は、金銀花ともよばれる漢方で、バニラのような甘い香り

momotaro 526
最初に植えた「桃太郎トマト」がすくすく育って、もう結実。いまのところ順調です。

lemonbalm 526
ハーブのレモンバームが繁ってきた。お茶にしたり、風呂に入れたり。レモンのいい香りがします。

基本的に我庭は、四季折々の花をめで、また父の墓前にいつでも供えられるように、という目的で、いつも何かの花が咲いているように設計していますが、やはり初夏の庭ほど見事な季節はありません。

また父亡き後、母を誘って英国の片田舎をドライブ旅行したおり、コッツウォルズあたりのガーデンをいくつか訪問してからは、さらに植栽の幅が広がりましたが、同時に無農薬による、健全な生態系の庭にも憧れるようになりました。

そのため我庭は犬猫はもちろん、虫や動物だらけで、ミミズもトカゲもカエルもクモもハチも野ネズミも、そして恐ろしいことにヘビも(泣)生息しているようです。ピーターラビットもいればいいのに(笑)

シーズン中は、とにかく虫との戦いになりますが、農薬なしなので、芋虫毛虫はデコピンではじき、コガネムシは溺死させ、バラゾウムシは即踏み潰し、根切り虫(幼虫)がでたら野鳥に差し出していますが、それでも追い付かず、いつの間にか薔薇はハゲ坊主、蕾はしおれ、タチアオイなどの大葉もレースのようになってしまいます。

今年がんばって、ハーブなどのコンパニオンプランツに本気で取り組み始めたのも、ひとえにこうした虫との共存を考えてのことですが、生き物相手のこと、なかなか思い通りにはいかないものだと実感しています。

楽して安全な庭を作る!

これが我庭の究極のテーマです。

みなさん同じなのでしょうけどね(笑)




スポンサーサイト
夜、変な時間に眠ってしまい、午前一時に目が覚めた後、うっかり軽食をとったら、眠気がふっとんでしまいました。

わたしは普段、いつでもどこでも、枕が変わろうが板の間だろうが地面だろうが、ぐーぐー眠れる、というか、眠ってしまうタチなので、こういう覚醒状態はかえって貴重だったりするわけで、あえて無理に眠る気にはなれないのです。それで思い立って、テレビをつけながら、ブログというわけです。

しかし明日は仕事が山ほど残っている金曜日、大丈夫だろうか自分(笑)


まぁ一日ぐらい何とかなるでしょう。ということで……


猫の記事をひとつ。


千葉県市川市の行徳駅前公園に、毎朝、止まり木猫がいるそうです。

毎朝おなじ猫が、フクロウのように止まっているそうです。

毎朝、毎朝、何かを待っているかのように、この止まり木(?)にちょこんと。

これが、その猫の画像です。撮影者は、OLをしている叔母です。

chibacat
ふてぶてしそうな面構えなのに、几帳面にくるんと巻いたシッポが可愛い


想像力豊かな人なら、この猫の姿にあれこれストーリーが思い浮かぶのではないでしょうか?

また、猫をよく知っている人なら、たとえ変な場所でも、ひとたび気に入ったならとことん粘着する(笑)彼らの習性にうなずかれることでしょう。


****************


うちのカイも、たまに妙な場所で眠っています。こちらは見るたびにギョッとしたり、腹を抱えて笑ったり。

また本人はいたって大真面目なところが、たまらなく可笑しいです。

kaiintera
涼しいのでしょうかね

kaiontable
ママさんの書道机にへばりつき

kaionroof
猫の秘密を知った気分



kaikai
(左)捨てようと置いておいた子犬用の古ハウス(捨てられんじゃないか)
(右)ベランダのデッキチェアに干してあった布団の上(猫毛まみれになるじゃないか)



lilyinconse
(おまけ画像)リリも暖かいサンルームではふにゃふにゃ


……動物たちの、まったりのんびりした画像を見ていたら、ようやく眠気がおそってまいりました。

それでは、おやすみなさい。(ってか、あと2時間ほどで朝だけど)




先週で税関の事後調査は完了し、金曜夜には貿易部で、九州料理と酒をこころゆくまで酌み交わし、やや腑抜けで過ごしたこの週末。

日曜夜になって、ようやく我に返った気がします(笑)

125209
なんかこう、ぼーっとした感じというか……


庭は薔薇がちらほら咲きはじめました。蚊も発生し、いろいろな草花もいっきに伸び、つい数週間前とはまったくちがう様相になっています。わかりやすく言えば、「もじゃもじゃ」です(笑)

野菜の苗もぐんぐん伸び、脇芽かきやら枝の固定やら、間に合わないほどの生長っぷり。うれしい季節とはいえ、腑抜け状態のわたしには、やや手に余るほど。こういうときは、ごちゃごちゃ気にせず、ゆっくり庭を歩き、気になるところだけつまむ、というグータラ・ガーデナーに徹底しています。

それでは、今日の庭をご覧いただけますか……

125201
手前の薔薇は、フランスの"Jean D'ormesson(ジャン・ドルメゾン)"

125202
チャイナ・ローズの"Zi Yan Fe Wu(紫燕飛舞)" 変な草も生えている(汗)

125204
昨年秋早くに植えたデルフィニウムは、大きく咲いた。

125203
クレマチスの「エトワール・バイオレット」。とても丈夫で間違いない開花っぷり。

125205
花が多すぎて、2年ごとにしか咲かない「カルミア」。蕾が金平糖みたいで可愛い。

125206
虫よけに植えたナスタチウム(オレンジ)と、カイ陶酔用のキャントミント(青)。

125208
今朝の朝食にたべたイチゴは、形は悪いけれど甘くてびっくり。


ほんとうは、来週の週末に同級生をよんでガーデンパーティの予定でしたが(自分の中では)、今現在とても余裕がないので、結局みんなに正式なお誘いができませんでした。ちょっと残念ですが、無理をしないことにしました。かわりに、秋になったら、バーベキューでもやろうかと考えています。


しばらくは、まだ仕事が忙しいので、週末はのんびり過ごすつもりですが、気晴らしの小旅行も選定中です。ひさしぶりに車で遠出をしたいと思っています。

5月になってはじめて、自宅のパソコンを開きました(!)

メールが600通ぐらい来ていました(笑)ほとんどスパムですが。

来週から、いよいよ税関の事後調査がはじまり、また国税も会社に入るため、寝ても覚めても仕事のことばかりで本も読まずブログも忘れ、部活命の学生のように、食事と寝ることだけが楽しみの毎日を送っております。

しかしこの金曜日は、久しぶりに飲み会でワイワイはしゃぎ、自宅までアッシー(死語)を買って出てくれたウエスタン氏のおかげでほろ酔い帰宅。たかがナマチュウ3杯、純米酒2杯で千鳥足になってしまったのは、やっぱり齢のせいかとガックリ……。

土日はゆっくりしようと思いましたが、薫風かぐわしき五月晴れの空のもと、ストレス解消にと庭仕事に没頭しました。

いよいよ、一年で最も美しい庭の季節が到来です。

MYGARDEN513


20125135
いろいろな花があちこちで咲きはじめている

20125133
一番暗い南西角につくった四阿(あづまや)にも、スイカズラの蔓がわさわさと


20125134
四阿の上に繁るニセアカシアが満開

CASCADEROUGE
芳醇な葡萄を思わせるこの品種は「カスケード・ルージュ(赤い滝)」

20125132
最初に咲いたチャイナ・ローズ「オールド・ブラッシュ」も今年はすごい花

GARDENGIRL
ウツギの花をバックにした少女像のわきには、美味しそうな蕗(ふき)がドクダミと一緒に

VEGETABLE SPROUTS
バジル・イタリアンパセリ・赤紫蘇の芽もやっと出てきた

*************

我家は徹底した無農薬を実践しているため、今年はコンパニオンプランツにこだわり、ハーブと野菜の組み合わせ、バラとハーブの組み合わせなど、いろいろ勉強して植え付けました。

そのおかげか、今年はクマバチやミツバチやハナアブがとても多く飛来し、受粉の手助けをしてくれています。上にあげたニセアカシアなどは、蜜源植物の代表格といえるため、ミツバチの巣箱を置きたいくらいです(笑)

*************

今日は、キュウリとゴーヤの新苗のために、畑を耕し、土を整え、畝を作り、支柱をたてました。わたしにとっては、かなりの肉体労働で、水をごくごく飲み、汗をたっぷりかきましたが、ママさんの依頼なので、ちょっと頑張りました。ささやかな母の日のプレゼントです。

ルッコラ、グランドクレス(クレソン)、チャイブス、エンドウ、サニーレタスが、今の我家の食卓に上る野菜です。

イチゴが実ってきました。色づき始めたものもあります。


**************


仕事の嵐がひと段落したら、有休でもとって、のんびり旅行にでも行きたいと思っています。
04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。