削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の遺品が山と積まれていた、廊下の突き当たりを整理しました。

独特の几帳面さを発揮していた父は、切手をたくさん収集し、毎日の支出と行動、気温と新聞一面タイトルを20年ちかく記録し続けていたため、膨大なファイルを遺しました。それらが山と積まれていた場所は、いつしかカビとホコリだらけになり、とても嫌な感じになってきたため、さっぱり整理し、別の書棚にコンパクトにして保存することにしたのです。

そして空いた廊下の突き当たりは、ちょっとしたコーナーのようにレイアウト。

床の間の隣で。陽のあたらない暗がりは、ランプの光がとても映えることに気づきました。

「陰翳礼讃」です。

chest1
デザイン絵画と古いステンドランプがやっと主役に


chest
父の墓をたてたおりに、墓石屋にもらった相田みつをさんの言葉が彫られた石盤
「しあわせは、いつも自分のこころが決める」


こころなしか、すっきりした廊下をみると、とても気分がよく、肩の荷が下りた感じがします。
ただし、あまりにも薄汚れた柱や土壁の無残さが、べつの重荷となってしまったかもしれません。うちって、こんなにボロ家だったんだ、と(笑)


今回使ったチェストは、またアマゾンで、以前に買ったテレビ台と色違いの品を安価に購入。工具や文具、電池などを分別して収納しました。

そして本物のキリムは買えないけれど、近所の清水屋の大バーゲンで、なんちゃってキリムを買い、アクセントに。

すると、エスニック調の、ちょっとお気に入りの場所にかわりました。

フラッシュ撮影して、陰翳をとりさった姿が、下の画像です。

chest2
チェストの下のボックスは、300円ショップの品。意外と丈夫です。


土壁は30年以上前に塗ってもらったものなので、そろそろ手入れをしなければなりませんが、このボロ加減もまた愛着があり、経済的な理由も相まって、なかなか思い切りがつきません。

秋の夜長にむけて、またいろいろ思案してみようかと思っています。

いい季節になってきましたね、いよいよ。


スポンサーサイト
おそろしい規模の台風が、沖縄から九州を通り抜けましたね。
被害に遭われた方へ、こころよりお見舞い申し上げます。
カベターもユウキちぁんも無事だったかしら。

台風から遠く離れた、ここ尾張地方でも、ときおり豪雨がおそってくる今日一日でした。

rainy1
まるで熱帯雨林

rainy2
植物たちはうれしそうだけど


*********


この三連休は、事情があって旅行などをキャンセルし、もっぱら家の仕事に没頭しました。

この夏の母の病気のせいもあって、大変なことになっていた、荒れ放題のキッチンの闇の部分(笑)を徹底的に洗い出し、山のようなゴミをつくったのです。

明日は燃えるごみ、そして明後日はカンとビンの集荷日。いいタイミングです。

とにかくエアコンのきいたキッチンに居座ったまま、大工仕事・電気仕事をはじめ、得体のしれない物体の処理、食器類のトレードなどを行ったのですが、連休中という限られた時間しかないため、部品の足りないものは、即ホームセンターやスーパーまで買いにゆき、その場その場で解決を心掛けました。

おかげさまで、ガタついたシンク下の扉も、蛇口のひびも、コンロの電気系統も、なんとかすべて直すことができ、腐ったアレヤコレヤ、古いアレヤコレヤも、処理することができました。

また掃除の合間に、昨年の抹茶の粉がでてきたので、バターをたっぷり使った抹茶クッキーを焼き、白玉をこね、また干しブドウというより、干からびブドウといったほうがよいブツもでてきたので、シナモンロールもつくりました。

そうそう、大きめのジャガイモ一個をスライスして油で揚げ、ポテトチップスも。

chips
これで、たったジャガイモ一個分。結構な量です。
市販のチップスって、もしかしたら一袋にイモ一個分も入っていないんじゃないか。


旅行などでリフレッシュはできませんでしたが、ある意味リフレッシュ三昧の毎日だったと言えましょうか。


*********


ママさんは、書道と庭仕事と散歩と昼寝とペットたちの相手に従事。

天候不順もあり、ほとんどキッチンの隣の部屋で、犬猫とゴロゴロしていました。それでいいんです(笑)


lilystickmymam
リリはすぐ、こうしてママさんに甘えるので、簡単におやつをゲット


lookatthat
「見たな~」


カイは逆に、調子に乗ってガブリガブリとすぐ噛むので、ママさんから怒られっぱなし。
でもたいして食い意地が張っている猫ではないので、そのまま憮然として犬を見張っています。

kaiinblue
「フン、媚びるのは性に合わんの」


結局、昨夜だけは外食で贅沢したものの、ほとんど汚い格好で過ごしたため、町内の組長さんが秋祭りの集金に来た時も、自分の姿をすっかり忘れて応対したあと、鏡を見て大慌て。

インド綿のよれよれワンピースに、ゴムでくくった髪、かんぺきなスッピンに、素足にイボイボサンダルでガニマタ歩き。おまけに右のほっぺには、つぶした蚊がくっついたまま。

まるで

「生活に追われ、汚く肥大化した(ムーミンの)ミイ」

といった感じでしたああああぁぁぁぁあ(涙)


来週からは、休日でもいちおう、髪を整え、薄化粧ぐらいはしようかな。


台風が沖縄方面に向かっていますね。

会社の貿易男子カベターが困り果てています。

なぜなら、明後日から沖縄まで飛び、半年まちのぞんだ安室ちゃんの野外ライブに行く予定だからです。

"namie amuro
20th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA"
2012/9/16(日) 宜野湾海浜公園野外特設会場

WEATHERMAP913
大きな台風みたいだね



しかも、同じ我らが貿易チームの新鋭・熊本出身のユウキちぁんも、九州の友人の結婚式に参加するらしく

「ヤヴァイ!!!」

との声が貿易ルームに蔓延。

この三連休は、残念ながらあたくしは東海地方から一歩たりとも出る予定はないので、今回の台風にはあまり影響は受けないながら、業務上、船や飛行機の遅れは困るということもあり、ここは可愛い後輩たちのために、一肌脱ごうと決心。

わきのティッシュをささっと抜き、ぱぱぱっと丸め、かぶせ、くるみ、しばり、あっという間に秘密兵器を製作。

我ながら素早い!

……と思いきや、カベター本人も派手な同類を作り上げ、ユウキちぁんもデカいブツを作成。隣室のノリエちんにもご協力いただき、かような(↓)パフォーマンスと相成りました。日本地図の沖縄の上に貼ってあります。

TERUTERU1
しろ~いお化けがよっつっつ~♪(なんの歌)

TERUTERU2
カベターはアジまで作成。やや興奮気味か。

KABETER
憤懣やるかたないカベター(本人)がテルテルを激写!

TERUTERU3
いつの間にか、アジビラも増殖している……


ここまで来ると、台風の進路がよほど逸れるとは考えにくいのですが、あまりの運の悪さをネタに、祭りになってしまいました。

貿易チームも、このところ仕事にやや余裕があるので、盛り上がりやすい時期でもあり(笑)


ともかく、明日には開催か中止か、連絡が来るそうです。

沖縄の台風といえば、半端ない激しさですから、無理はいけませんしね。

あとは自然のなりゆきを見守るほかはありませんね。


********


ついでに撮影した、今朝のわたしのデスクです。やる気なしですね。

MYDESK913
最近、かわいいノートを使っているのさ~


とても可愛いスカーフを見つけてしまった。


piyopiyo


遠目で見つけ、シックな小紋調にそそられ、近寄ってさらにその模様の可愛さに一目ぼれ。

2色を選ぶことができず、とうとう両方買ってしまった。

150センチx45センチぐらいのシフォンスカーフです。



ご覧のとおり、スズメ柄ですよ、スズメ柄。手ぬぐい模様じゃあるまいし。


あー

可愛い。


piyo1
チュンチュン

piyo2
チュンチュン


しかもパッと見は渋い色合いで、いつでもどこでも使えそう。

趣味と実益を兼ねる、といった感じでしょうか。

汗まみれになる夏でも、エアコンの風よけにジャンジャン使い、じゃぶじゃぶ洗っちゃおう。

ポリエステル100パーセントの安物だから。

じつはこれ、300円ショップの品物です。

つまり、2色買いでも、消費税込で630円。


わたしの幸せは、あんがい安く済むようです(笑)


今日は朝から曇り空、時おり雨もぽつぽつ降り、白露をすぎた初秋の風が、夏枯れの草木をやさしく揺らします。

ということは、熱射病の心配のない、絶好のガーデニング日和。

蚊取り線香を庭の数か所にセットし、メントール香の日焼け止めを塗り、Tシャツにジーンズ、首タオルに麦わら帽、ゴム引きの手袋にゴム長靴といったいでたちで、さぁ、やるぞぉ!

犬猫たちもよろこんで付き合ってくれるかと思いきや、二匹とも目をそらして誤魔化します。リリは応接間(死語?)のソファの上、カイはサンルームの机の下から動きません。ち。

908-lily
あたしはこのアフリカの布が好きなんざんす


庭に出ると、花数は少ないものの、鮮やかな色がぽつぽつと目立っています。

908-flo
花の少ない晩夏の庭にひときわ目立つ「ルドベキア」と「百日紅(さるすべり)」

nichinichi
「日日草(にちにちそう)」も夏に強いので助かります


とにもかくにも、まずはモジャモジャの草をむしり、伸びきった草木を剪定し、薔薇という薔薇の土をほぐし、施肥をし、剪定をしなければなりません。

曇りといえど、気温はまだまだ高いため、汗が滝のように流れてきます。自家製の梅ジュースとミネラルウォーターをまめに飲み、そして休憩には牛乳をがぶがぶ。

基本的にこういう庭仕事は大好きなのですが、暑い時期だけはやっぱりしんどいですね。

ちょっと楽しいのは、虫たちとの遭遇です。熊蜂やシジミ蝶、カラスアゲハ、モンシロチョウ、虻や蜻蛉、蟷螂を見つけました。

908-abu
カクトラノオとラベンダーの蜜を吸っていたこの子は、蜂かな虻かな?

908-tombo
この夏一本枯れてしまったブルーベリーの枝にじっとしていた蜻蛉(とんぼ)

908-kama
今日も蟷螂(かまきり)にきっちり睨まれた


薔薇の世話がだいたい終わり、むしった草や切枝の山が5つほどできたあと、ママさんが昼飯用に買ってきてくれたお寿司とフライドチキンと梨をぺろりと平らげ、1時間昼寝をしてから、再度庭へ。

こんどは菜園のほうの点検です。

basil
終わったトマトの跡地に残ったバジルが元気でとてもいい香り。

fushimiama
これは「伏見甘とうがらし」という京都の伝統野菜。辛くなく、とても美味しい。天ぷらが最高。
葉っぱも甘辛く煮たりして使えます。初夏から秋まで、収穫時期も長く便利。

lemongrass
ススキではなく、レモングラス(学名:Cymbopogon citratus)の株。
トムヤムクンの材料として有名なハーブです。つよいレモンの香り。
お茶にしてもお風呂に入れても、スパイスとして使ってもOK。シトラールを含有しているので
虫よけにもできます。

bittermelon1
我家の「ゴーヤタワー」(笑)例年よりやや収穫が少なめ。

bittermelon2
チャンブルーの他は、薄切りを塩もみして酢の物にするか、ゆでて味噌和えが好き。
糠漬けや塩麹漬けもいけます。

908-kai
カイが庭に出てきたと思ったら、草を食べ始めた。胸やけがするらしい。
このあと、毛玉と一緒に吐くのですよ。

******

そろそろ晩御飯の支度をする時間ですね、うっかりしてました(笑)

今日は、庭のバジリコが美味しそうだったので、ひさしぶりにバジリコ・スパゲティ。ママさんのリクエストです。

asai


養う家庭を持ちながら、55歳で会社を辞め、ひとりで10か月のアフリカ一周バスツアーに参加した大阪のオッサンの旅行記です。

まず、わたしにとってのアフリカ大陸とは――――

広大な砂漠・ジャングル・マラリア・猛獣・内線・政情不安・飢餓・テロ・人身売買・エイズなどなど、旅をするには、よほどの覚悟が必要な気がする土地。

そして一度は訪れてみたい、ピラミッドをはじめとする、古代エジプト文明の遺跡のある土地。

個人的には、2005年の愛知万博で父の誕生日を一緒に祝ってくれた、マリ共和国の方々、ジンバブエの売店の兄さん方、名刺交換し連絡先を教えてくれたチュニジアのハッサン氏など、英語・フランス語・現地語など、最低3か国語をかるく駆使するエリートさんたちによって、都市部は意外にゆたかで文明的なのだというイメージもある土地。

こんな土地を10か月もかけてバスでめぐるなど、とうてい想像できないだけに、読み進むうちに夢中になってしまいました。


このツアーはイギリスの会社が主催しているものだそうで、世界各国、たとえば今回は欧米を中心に世界13か国からの参加者が、一台のオーバーランドトラック「オアシス号」に乗り、26か国をめぐる旅で、途中での乗り降りも可というものです。

20歳そこそこの若者から、還暦の夫婦まで、それぞれ目的も立場もバラエティに富んだ参加者の様子もなかなか興味深いもので、またスタッフはリーダーの男性運転手とサブリーダーの女性の二人だけ。しかしこの二人が、また完璧なほどタフで有能で判断力に長けているのが、いちばんのネックでした。

10か月もの長旅なので、当然のことながら生活するということでもあり、エピソードもなかなかすさまじいものがありました。

トイレは外の大地ですませ、夜はテントぐらし、風呂シャワーはほとんどなし、貴重な水は節制する、買出し・炊事は当番制といった、サバイバル的な要素が盛りだくさんであり、またテロや誘拐、病気などの危険と隣り合わせの恐怖とも戦い、また各国の事情によりビザのタイミングで出発が危ぶまれたり遠回りしたりといったハプニングも普通におこったりして、まるでドラマのようにハラハラしたりホッとしたり。

しかし筆者は自分のヘタレっぷりを遠慮なく披露し(笑)うんざりしたら都市部で一人だけホテルに泊まりのんびりしたり(しかしおかげで仲間にもシャワーを使ってもらえるという利点もあり)、贅沢な食事を楽しんだり、また教育関係の仕事のからみで、現地の子供たちの生活や環境を独自に調査し、ふれあったりと、思ったよりのびのびと楽しげに満喫しているさまが、とてもさわやかで、さすがこのツアーに参加しようと思っただけのことはある、と感心しました。

旅行記という名目ながら、実際はアフリカ大陸のそれぞれの国の現状や問題点を、くっきりと浮き彫りにしてみせる手腕はなかなかのもの。国ごとに基本的な情報を紹介しつつ、先を進めていくあたりは、読み手を飽きさせず、ますます興味をつのらせる、いい方法だと得心しました。

たくさんあるなかの印象的なエピソードを二つ。

◎夜テントを出てトイレに行き、戻ろうと思ったらあたりは漆黒の闇で、テントの場所がまったくわからず、朝まで戻ることができなかった。幸いダウンを着ていたので助かったが、朝日でめざめたら、なんと目の前にテントがあった。ほかにも同じトイレ遭難者がおり、中には崖から落ちてけがをした者もいた。

◎アンゴラでは、みな5日間の通過ビザしか下りなかったのに、日本人の筆者だけは、30日間の観光ビザが下りた。「日本のパスポートが最強だったわね、イギリスよりすごいわ」と旅のゴールでサブリーダーが語った。


おわりに、この旅で必要だった経費・旅費などが、保険なども含め、すべて項目ごとに具体的に報告されているのには感心しました。贅沢な食事をしたり、ホテルに泊まったりもして、若干多めに使ったと筆者は語っていますが、それでも思ったよりリーズナブルに感じました。いや、とても安いのではないかと思います。

偶然みつけた本でしたが、とても充実した読書時間をいただきました。

しばらくこの手の本を探してしまいそうです。



同伴者無料期間が最終日だったので、昼飯ついでに、またリトルワールドへ、ママさんと行ってきました。

今日は夜の花火も最終日、スパイシー&スイーツフェアも最終日、そしてお子ちゃまがたの夏休み最終日、ということで、第一駐車場には車がいっぱい。ショップもいつもよりにぎやかで、親子連れがたくさん歩いていました。

13:30ぐらいに入ったので、とりあえずレストランで昼食。

ママさんは、大好物のボルシチ・ピロシキ・野菜サラダのセット。800円。ピロシキは揚げたてで美味しかったそうです。

わたしは、ベトナム・フォー。600円。とても美味しかったけど、お茶碗一杯ぐらいで超少ない……まえにホーチミンで食べたフォーは、この3倍の量はあったぞ。値段は同じぐらいで。


食後は、インド・ネパールエリアまで、スコールに降られながら歩き、あわてて入ったネパールショップで、傘なしのママさんが500円のシックな傘を買ったとたんに、雨がやみ(笑)

マニ車をぐるんぐるん回し、犬連れの人たちに話しかけたあと、お目当てのひとつ、「ずんだしるこ」を300円で賞味。山形県の月山(がっさん)の家の縁側でいただきました。

zundashiruko1
枝豆のツブツブが味わい深い、塩しるこ。白玉と餡の甘みだけなのでヘルシー。

zundashiruko2
こんな縁側に腰を下ろしてゆったりと。

思ったよりわかりやすい、素朴な味わいに納得したため、勝手ながらこの「ずんだしるこ」は、わたしのレパートリーに入れることにしました。

たぶん、ゆでた枝豆、豆乳、砂糖あたりをミキサーにかけて冷やし、白玉と小倉餡を浮かべるだけでしょうから、問題なくできそうですし(笑)

それにわたし、じつは隠れ白玉フェチなのです。……って別に隠れる必要はないんですけど。

つるんとした白玉ができると、「うぇへへへへへ」という感じで我を忘れ、そのあと記憶がなくなります。もしかしたら社会人としてあるまじき行動をとっているかもしれません。

あ~白玉たくさんつくりたい。

えっと、なんの話だったかな?


********


帰宅したら、犬猫ちゃんがそろって出迎えてくれ、座敷でゴロンゴロンと暴れはじめました。留守番中、寂しかったのと、雷鳴がちょっと怖かったのとで、緊張しまくりだったようです。

kailily902
女の子なのに、はしたないわねアンタたち


庭のトマトはほぼ終わりましたが、一緒に植えたバジリコの葉っぱがたくさんあるので、とりあえず今夜は「ししゃも」をバジリコの葉で巻いて、オリーブオイルで天ぷらにしようと思っています。

あとは野菜料理と、今日のお土産に買った、アーティチョークの瓶詰を冷奴に添えてみようかと。

来週こそは元気いっぱい、過ごしたいと思っています。


外耳炎になっちゃいました。

夏バテか夏風邪のせいか、数日つづいた頭痛と微熱が去ったあと、こんどは左顎あたりが痛くて、固いものが食べられなくなり、また左耳の強いかゆみと痛みがあったため、会社がえりに耳鼻咽喉科を受診。

「顎関節には異常がないようです」

ということで、抗生物質と鎮痛剤、そして点耳薬を処方されました。

点鼻薬ならぬ点耳薬……そういうものがあると初めて知りましたが、これがなんとも気持ち悪いのです。

横になって薬を2~3滴耳の穴に落とし、2~3分そのまま薬を患部になじませてから、ティッシュなどで垂れてくる薬をふき取る、という作業を朝晩2回ずつ(薬が2種類なので)行うのですが、この2~3分が、笑っちゃうほど気持ち悪い。

約3分の砂時計をにらみながら、朝晩耐えております。なんで外耳炎なんかに罹患したんだ、と(笑)

antibiotics
点耳薬は「リンデロン」「タリビッド」
抗生物質は「メイアクトMS錠」


そういうわけで、先週の一週間は久しぶりに体調が最悪で、仕事も家事も思うようにいかず、仕事は若い有能な後輩たちに任せっぱなしでしたし、家事は最近かなり体調がよくなったママさんが、すこし手伝ってくれました。

こうしていろいろ助けてもらえるのは、ほんとうにありがたいことだ、と身に染みて感じています。


*******


今夜は諏訪湖の花火大会なので、はるばる観に行こうと楽しみに計画していたのですが、体調不備でそれもかなわず、また庭仕事も暑くてだるくて出来ずで、けっきょくエアコンの効いた室内で、テレビを観たり読書をしたりして過ごしています。

きびしい残暑に我家の犬猫ちゃんたちもバテ気味で、のたのた歩いてはドタッと寝ころび、死んだように眠っていたかと思うと、いきなり狂ったように弾けだしたりして、かなり「キテイル」模様(笑)

まぁ仕方ないですよね、毛皮だし。

lily901
リリ:  「ネエタン耳だいじょぶ?」


kai901
カイ:  「ガウガウガウガウ(これも愛情表現?超痛いんですけど…)」



秋バラ用の施肥と剪定がしたいのですが、明日も暑いなら、あきらめて来週にしようかと思っています。

庭にはコオロギが鳴いているんですけどね。

08 | 2012/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。