削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は、なんとこの冬三度目の風邪をひき、早退一日、有休一日の体たらくでした。医者に「なぜこうも風邪をひくのか」と(笑)質問したら、やはり高血糖で免疫力が落ちている可能性が高いね、とのこと。運動しなくっちゃ。

土曜の朝、やや頭痛がしたものの、風邪でぐずぐずしていた心身がうっとうしく、ウォーキングに没頭したくて、ママさんの年間パスポートを利用し(同伴者無料期間中)一路リトルワールドへ半年ぶりに出かけました。

リトルワールドは山の上にあるのですが、上るにつれて雪景色が……そして駐車場に車を止めた途端、ちらほらと雪が舞い始めました。あれ、これはヤバいかも、と思いカバンに折り畳み傘を放り込み、いざリトルワールド内へ。

昼過ぎだったのでまずはランチ。ママさんはボルシチ・ピロシキセット、わたしはタイカレーセットを食べ、体を温めてから野外へ。石垣島のオネエサンによると、朝のうちにかなり吹雪いたらしく、我家とそれほど離れている場所でないにもかかわらず、天候の違いにびっくり。

130126-1
石垣島の家を出たところにある、四阿(あずまや)の、このシーサーの吽(うん)形が大好き。
なんだか可愛らしくないですか?

130126-2
大股でてくてく歩きつづけると、やがて美しい白亜の館が。おなじみペルー領主の家です。
ここはパティオもポーチも美しいタイルで飾られており、ゆったりとした気分になれます。

130126-3
このポーチが大好き。こんな家に住みたいなぁ(笑)

しばらくショップなどであれこれ時間をつぶした後、また外に出てヨーロッパ方面へ歩いていくと、しだいに降雪量も増えてきたので、ドイツのメルヘンバルトという建物に入り、二階の展示室へ。ここはドイツ中心の玩具やミニチュア製品などが、しずかに展示されており、意外な穴場。椅子もあるので、ママさんも一休み。

130126-8
ペランペランのブリキか何かでできているミニチュア。すごく精密で見惚れます。

130126-12
天井のあちこちに、魔女のおばあさんが飛んでいました。

ちなみに、メルヘンバルトの一階は、食品・酒類・お菓子・雑貨などを扱う、手広いショップになっています。またドイツ民族衣装を着ることもできます。今日はまた、みごとな長いプラチナブロンドの女性が民族衣装を着て、店内をウロチョロ。買物をしているママさんに、いろいろ話しかけてくれていました。

そして買物を終え、外に出ようと店の扉を開けたら、外はものすごい吹雪!

「ひぇぇぇっ! すっごい雪だよ~~!!」とママさんに向かって叫んだら、

「え~っ、うそ~っ!」とブロンドねえさんが応えてくれました(笑)

130126-4
アルザスの農家も

130126-5
雪景色が似合う

130126-6
アルベロベッロでは猛吹雪にたまらずカフェに飛び込み、ひとやすみ。
ここでママさんと協議の結果、来た道をもどって帰ることに決定。

130126-7
問題:この写真のどこかに、鳥のシリが見えています。さてどこでしょう。


雪まみれになって入口のワールドバザールに戻り、バーゲン品などいろいろ物色しているうちに、終了時間の4時になったため、ノーマルタイヤでビクつきながらも、山道を抜け民道を走り、国道19号線を突っ走って家に帰ると、あらびっくり、こちらも一面の雪景色。どのみち雪の日だったというわけですね。

130126-9
うちの庭も真白になってたわ

130126-10
お土産その一:チチカカ陶器の皿

130126-11
お土産その二:メキシコタイル


ウォーキング目的だったものの、思わぬ吹雪に雪三昧、べつの楽しみを味わいました。ママさんの歩数計によれば、7000歩弱。まぁ仕方ないでしょう。

スポンサーサイト
今日は、庭の枯葉や剪定枝の処理をしました。ついでにクレマチスとつるバラの剪定と誘引もおこない、ハーブの古い茎も整理。ゴミ袋3つほどになりました。

ほんとうはコンポストにしたいところですが、虫の卵や病気の葉も混ざっているので、今はほとんどゴミに出しています。焼いて灰にして、畑に撒きたいところですが、住宅地ではそれも叶いません。


さて、庭のあちこちでしゃがみこんで作業をしていると、ほそい琴線を鳴らすような、きれいな高い、鳥の鳴き声が聞こえました。とてもせわしなく、落ち着きなく「チチチチチチチチチ」とずっと鳴いています。

目を凝らしてみると、手の中に入りそうなほど、ちびっこい鳥が二羽、ミモザの枝を飛び交っていました。

メジロです!

あわてて家の中に入り、カメラを手にして、また静かに作業にもどって知らん顔していたら、一羽ずつ、ママさんが刺した、花桃の枝のミカンをついばみ始めました。

mejiro-1
横にはリンゴも刺してあるのよ(すでにかじってある)

mejiro-2
なんだかトーベ・ヤンソンのイラスト画みたい

mejiro-3
目の周りの白がチャームポイントね

mejiro-4
羽も黄色から緑色のグラデーションで美しいし

mejiro-5
おまんじゅうみたいで、可愛いなぁ

mejiro-6
正面から見たら、ものすごく変な顔

mejiro-7
よく食べるわ

mejiro-8
キョロキョロ


今日はなぜか、ヒヨドリは早朝しか庭にいなかったため、メジロなどの小鳥たちが自由に果物を食べていました。

メジロは果物がなくても、山茶花(さざんか)の花に、顔を突っ込んでいるところをたまに見かけます。ヒヨドリやキジバトと一緒で、かならず「つがい」で行動しているようです。


*******


庭の土を点検しましたら、コケがあちこちに生えているのを発見。どうやら水はけに問題があるようです。来週末は、バラとハーブの花壇の施肥と土づくり。堆肥と腐葉土と苦土石灰に、砂も少し混ぜようと考えています。うまくいくといいな。

この土日は、ひさしぶりに庭で冬の空気をいっぱい吸い込みました。枝を切りすぎて、右腕が痛いです(笑)

なんだか冷えて唇がひりひりするので、葛根湯を飲んで、夜は余り野菜のポトフでも作り、炭酸のお風呂につかって温まろうと思っています。

明日1月20日は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「大寒」ですね。一年でいちばん寒い時期です。
雪も降れば、インフルエンザも猛威を振るうこの時期に、毎年受験生は最後の勝負をかけていますが、ほんとうに大変ですよね。

しかしこの苦難を乗り越えれば、というか、厳密にいえば乗り越えられなくても「桜咲く」季節がやってくるわけですから、なんとか頑張ってほしいものです。

If Winter comes, can Spring be far behind?(冬来たりなば、春遠からじ)です。


さて、そんな寒い時期は、ある意味、庭仕事の季節でもあります。

樹木の剪定、庭のレイアウトの変更、消毒、道具の整理など、植物や虫たちが眠っている時期にやりたいことは盛りだくさん。防寒だけはしっかりし、あとはザクザク固い土をふんで、あれこれ作業をするわけです。

今日はまず、灌木の剪定をしました。大木はシルバー人材の方にママさんが頼み、この前の月曜日にざっと剪定を済ませていますので、あとは手の届く範囲で、こまごまと剪定。のこぎりも使う力仕事ですが、わりと楽しいです。

130119-1
剪定前を見せなければ、何が何やらでしょうけど、とにかくがんばったのさ……

130119-2
キンモクセイとアオキの枝も、こんなに切りました。

old lavender
26年目のラベンダーの古木もすこし剪定。何度かの積雪で枝がたわんでしまった。
しかし、いまだに夏と秋にたくさん花をつけてくれ、わたしもミツバチも大喜び。

130119-3
あれから毎日ママさんが鳥たちにおすそわけ。このリンゴもすでにかじってある。

130119-4
あれれ、なんちゃってアンフォラ壺にお目目が?……実はカナヘビの卵(孵化済)。

130119-5
フキノトウ見っけ! 今年最初のやつです。まさに「春遠からじ」ですね!

130119-6
このビワの根元あたりがフキ畑。陽の射さない場所なので繁殖力は弱いが
フキもフキノトウも、比較的やわらかく調理しやすいという利点が。

130119-7
ささやかな冬野菜のほかは、とりあえず霜柱畑(笑)
コンクリート壁に東西南をかこまれているので、菜園も11~2月まで陽が射さないのです。


3時間ほど作業したら、さすがに身体が冷えてしまったので、午後は中止。風邪ひきそうなので、葛根湯を飲み、暖かくして部屋にこもることにしました。

ママさんは歌のレッスンに出かけているので、動物たちもガスヒーター前に勢揃い。

ホットミルクを少々おすそわけしました。

外では、ママさんの果物を鳥たちが、けたたましく食べているようです。

130119-8
二匹仲良く、微妙にくっついている。いいね(笑)


明日は、落葉や剪定枝の処理をして終わり。施肥は来週にする予定です。

しまった、クレマチスとつるバラの誘引もしなくては。

ま、適当にがんばろう。



伊勢神宮へ初詣に行ってきました。ママさんと一緒のバスツアーです。外宮内宮参拝自由食で3000円代の格安ツアー。風もなく驚くほど穏やかな陽気の中、交通渋滞もほとんどない快適な小旅行となりました。

今年は氏神様への初詣も体調不良で未だかなわず、今日が正真正銘の初詣です。

さて、今年は20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮の年で、数年前の宇治橋の架け替えをはじめ、数多くの祭祀や行事がはじまっています。

isenew2013
これが新しい宮。白幕で覆われています。

iseold2013
こちらは現行の宮。来年の正月は新しい宮で参拝となります。

式年遷宮は、おもに建築様式の保存のためと、常若(とこわか)という、神道の精神にのっとり、20年に一度行われるそうですが、取り壊した古い材木はきちんと、いうなればリサイクルされるとのこと。今回は東日本大震災で壊滅した神社の再建にも利用されると聞きました。

宗教的にも歴史的にも、意味のある合理的なしきたりがあってこそ、長い歴史と格式をもちつづけることができるのですね。また神宮内の巨木の森を歩いていくと、いかに人間がちっぽけなものであるか、そしてそのちっぽけな人間が知恵を尽くせば、巨木さえ瞬時になぎ倒してしまうほどの力を生み出すこと、しかし逆に、いかに人間の知恵を尽くしても、巨木を瞬時に生み出すことはできないこと、そんなことをあれこれ考えてしまいました。なけなしの賽銭で日常の雑事が首尾よくいくこと、あるいは健康であることを祈願するような、しがない凡人のわたしですら、そうした哲学的ともいえる思考の一端が頭をよぎったのは、やはり神宮の森という神聖な空気のなせる業でしょうか。


今回はママさんが毎年の御札を、そしてそれぞれが交通安全のお守りを買いました。

iseomamori2013
今年はすがすがしい青色を選びました。知的な欲求が大きいのかも。


外宮と内宮の参拝をすませたあとは、もちろん例年のお楽しみ、おはらい町・おかげ横丁の散策です。

あいかわらずの人・人・人の波がつづき、まともに歩けないほどで、食事をするにも行列覚悟でしたが、今年はふと「早めに食事をしてから参拝しよう」と思いつき、正午前に本通りから外れた店に飛び込みましたら、運よく待ち時間ゼロで席に案内されまして、びっくり。参拝後に前を通ったら、長蛇の列でした。

iselunch2013
漁師料理の店「海老丸」さんは、「豚捨」の向かい。手こね寿司などもある。
わたしは海老天丼と漁師汁(美味!)のセットで、ママさんは海老天丼の単品。
二人でちょうど3000円也。安いと思った。


今回はそういうわけで、食事の時間を大幅に短縮できたため、かなり余裕をもって散策できました。そこで今度は列に並び、「五十鈴川カフェ」でコーヒーとデザート。血糖値が気になるところですが、ずいぶん歩いたので良しとしました。
isecafe2013
コーヒーは猫舌の私にはOKだったけれど、熱いのが好きな人にはぬるめでしょうか。

あとは最大の目的、お買いもの。狙っていた食材をまちがいなくゲット。うれしさ倍増です。

isemiyage12013
「伊勢路名産味の館」の花かつおは、土日限定品。香りも味もたかく湯豆腐や青菜の塩茹でに。絶品。
「銭屋」のカレーせんべいは、ダシの効いた美味いカレーうどんの味で、毎年の定番。

isekoucha2013
日本の紅茶「やぶきた」をはじめて購入。日本で日本の紅茶を飲む。どんな感じかな。

ここ数年、毎年1月にお伊勢参りをしているため、ここいらの店にもかなり詳しくなり、無駄な店には入らず、必要なものだけ厳選できるようになりました。しかし年々あたらしい店なども増えているようで、また空いている時期に来て、あれこれ調べたいとも思っています。

おなかも満腹、土産もゲット、天候の乱れもなく、時間もスイスイ。いうことなしで帰路のバスに。

じつは今回、ツアー申し込み順が1番だったらしく(笑)バスの席はドライバー後ろ。眺め最高で、乗降もストレスなし、ほんとうにいい思いをさせてもらいました。

isebus2013
証拠写真である。ママさんはすでに次のツアーを検討中。

arrowbridge2013
帰りのすがすがしい夕焼け時にとおった、豊田アローズブリッジ。
伊勢湾岸自動車道にある、矢作川にかかる橋梁です。
ほんとうはもっとカッコいいのだけど、撮影アングル失敗(笑)

途中で立ち寄ったサービスエリアにて、名古屋名物「三和」の手羽先10本1000円を夕食用に購入し、帰宅後は味噌汁と、ゆで菜の花に花かつおをまぶしたもの、こんにゃく炊きをそえて、昼につづく贅沢な食事を自宅にて楽しみました。ま、今日はいいとしましょう。明日はそのかわり湯豆腐です(きっぱり)。

ママさんの万歩計によると、15000歩あるいたようですが、そのわりに二人とも疲れのない、よい一日でした。

カイは、ほとんどと言っていいほど、鳴かない猫です。

したがって、気配をみせず、いきなり獲物(鳥・トカゲ・虫・わたしの足など)におそいかかることもしばしば。

ヒヨドリのヒナをくわえてきて、室内でなぶり殺しにしたこともあります。ひどいね。

まえに庭で冷たくなったメジロも見つけました。いずれも庭の隅っこに、丁重に葬ってあります。

さて今夜も、なぜか静かに一点を見つめています。じっと見つめています。ヒゲが前向きです。

まちがいなく、何かを見つけたのです。この寒い季節、いったいわたしの部屋に何がいるというのでしょう。方向からして、わたしの足でないことは確かです。

すこし背筋がさむくなりました……なんなの?カイちゃん!なにがいるの??

kaikai0
「じ~~~っ」

その後ベッドから降り、カーペットのある一点に駆け寄りました。

kaikai1
「じ~~~~っ」(なに、なにがいるの?)

kaikai2
「ババババババッ!」(ひぇ~、なんなの?虫?)

kaikai3
「スタンドアップ!」(わわわ~ ←一瞬の動きにカメラついてゆけず)

kaikai44
「シャキーン!」(とうとう、わたしの足の近くに来た……)

すわ、冬のゴキブリか、はたまた大嫌いなクモか、もしかしてヤモリ類か、ムカデか、ゲジゲジか……!

なんか、口にくわえては噛み、放り投げ、また捕まえては噛み……やややめなさい、カイちゃん!

変なもの食べないで!しかも部屋の陰なんかに逃げ込まれては、夜もおちおち眠れないじゃないか。

よし、こうなったら、超コワいけど、つまんで外に捨ててやる! 一瞬のガマンだ!

いくぞ~~!

えいくそっ!!


おおお………

こここれは………

kaikai5
な~んだ、服のタグひも、業界用語でいえば、モヤシあるいはブイロックスじゃんか

kaikai6
「ネエタンばかだネ」(with ママさん)


今夜はどうやら安眠できそうですわ(ほっ)

今朝はママさんが、ヒヨドリのためにミカンを枝に刺していました。

「ピヨちゃんだよね、きっと」と言いながら。

昨日もちらりと書きましたが、一昨年の夏から秋にかけて、庭で一羽のヒヨドリのヒナを保護して育てたことがあるのです。以前のブログでは、連日のようにその一部始終をご報告していました。野鳥なのでもちろん飼うことはできず、自力でエサを食べた翌日に、放鳥しましたが、もともとうちの庭にいたヒヨドリのヒナだったので、くだんのママさんの発言となったのです。

なつかしいので、その時の写真をすこしこちらでも紹介しますね。(ビワちゃんごめん←鳥ギライ)


**********

piyo1
お盆を過ぎたある大雨の日に、ママさんが見つけて保護。野鳥の知識皆無だったので、何を餌にすればよいかわからず、大慌て。パンくず・牛乳・水・ブドウなどを手当たり次第に与え、あとで牛乳などはタブーだと知って、焦る。しかしよく口を開けてくれるいい子だった。

piyo2
最初は洗面器にザルを乗せ、隙間にハタキを差し込んで止まり木にして休ませていた。帰宅して一番に蓋を開け、手を差し出すと、簡単に乗ってくれた。ウンチがすごく熱いことをはじめて知った。

piyo3
尾羽がなかなか伸びず、「ほんとうにヒヨドリか?」と疑ったこともあった。おとなしくて可愛い。

piyo4
そのうち飛べるようになり、ボロ家の貧乏欄間が超お気に入り。手を差し伸べるとご覧の通り。
ブドウや菜っ葉、トウモロコシのほか、練り餌もよく食べてくれた。フンの始末が大変。

piyo5
尾羽も伸び始め、くちばしも鋭くなり、いよいよ大人の風格。エサを手で与えるとき、かなり痛い。
しかし自分では食べてくれない。

piyo6
はじめての鳥とのふれあいに、野鳥ということも忘れ、夢中になってしまった。
しかし、ひんぱんにエサを要求されるため、やや疲れも出てきたころ。

piyo7
尾羽も完璧、重さもずっしり。わたしの周りを飛んでいた蚊を誘導したら、はじめて自力で食べた。すごい動体視力と反射神経にびっくり。ママさんと相談し、翌日放鳥を決定。

piyo8
我家の犬猫たちは、ピヨちゃんがいるあいだ、驚くほど協力的だった。興味津々ながら、攻撃もせず、じっと遠くから我慢してながめていただけ。リリなど、ずいぶん遊びたいようだった。放鳥直前の1ショット。

piyo9
放鳥後、いちど腹を空かせて2時間後にもどってきた(笑)しかし翌日、再度放鳥。

piyo10
たくましく前を向いて、空に羽ばたいていった。うれしいやら、さびしいやら、誇らしいやら、悲しいやら……巣立った子供をもつ親の気分が、ほんのすこし理解できた気がする。


**********


そんなわけで、我家の庭にいるヒヨドリは、みな「ピヨちゃん」に見えてしまうのです。だから余計に、冬枯れのエサの乏しい時期になると、前にもまして、エサのおすそ分けをしよう、と思うわけです。

野鳥は野鳥、法律でも厳しく取り締まりされているし、じっさい飼ってみたら大変なことがよくわかりました。エサもそうですが、それ以上にフンの始末は大変ですね。ママさんの書道の練習用古紙がたいへん役に立ちましたが、「手乗りだ~!」と喜ぶどころではありませんでした(笑)

あと、ミルワームなんかも触れないから、鳥を飼いつづけるのは無理ですね。ハリー・ポッターで白フクロウがとても気に入りましたが、エサがネズミなどと聞いて、倒れそうになりました。未来永劫パス!


庭に来るヒヨドリ・キジバト・メジロ・ムクドリ・モズたちに、冬枯れの間だけ、果物や穀類のおすそわけをして、目でも楽しませてもらう………それで十分ですね。それが精いっぱいの、わたしと野生動物との共存というところです。




今朝は凍てつくような寒さで目が覚めました。カイがいつの間にか布団の中にもぐりこみ、わたしにぴったりくっついて眠っています。いつもならここで「エイッ」と起きるのですが、今日は予定のない土曜日なので起きなくてもよし。いちばん幸せなひとときです。

さて、ゆっくり起きて朝食をとったあと、陽が射してすこし気温が上がった庭を散歩しました。

ざくざくざく……日陰の土を踏むとこんな音が。あちこちに霜柱が立っています。

needleice
これじゃバクテリアもさすがに冬眠中ですね


今日は、ちょっと古くなりかけたミカンをヒヨドリやメジロにおすそ分けしようと、半分に切って、杜仲の木の枝とオベリスクに、ワイヤーでくくりつけてみました。

131051
完熟ミカンなので、あたりによい香りがただよう

131052
来てくれるかな~~(真剣)


寒いので、いったん部屋に戻り、家事をすませてふとサンルームからのぞくと、さっそくヒヨドリが!

131053
おととし保護して育てたピヨちゃんかしら

131054
舌をピロピロ

131055
ガッツリいこう、ガッツリ

131056
ガッツリいった……


木の枝のほうはしっかりしていたものの、オベリスクのほうはグラグラしていたらしく、途中でびろ~~んと逆さまになってしまったため、あとでハナミズキの枝に付け替えましたら、こちらも完食。さすがピヨちゃん。

明日はこのほかにも、メジロ用に、屋根付のちいさなエサ台にも、ミカンかリンゴを置いてみようかな。


******


今日の昼、またママさんが事件を起こしました。焼芋のかたまりを飲み込んだとたん、「しまった!部分入れ歯飲んじゃった!どうしよう!」と大あわて。

部分入れ歯って、端にあの金属の輪っかがついているやつ!? やばいよ、消化器に刺さったら大変だよ!

すぐ病院行こうか!?

するとママさん、「これから友達とカラオケだからダメ。ちょっと喉に手を突っ込んで、吐いてみる」って、洗面所でゲーゲー。わたしはなすすべもなく呆然。

結局、入れ歯は出てこないまま、カラオケへさっさと出かけたママさん、数時間後には体調も悪くないようで、明るく帰宅。

しかしこちらはやはり心配なので、どうしようか、大事にならなければよいが、早いうちにレントゲンで見てもらおうか、などと逡巡しているうちに

「ああっ!ごめん!イモ食べる前に入れ歯外したんだった!ここにあるわハハハ!」


…………脱力。



******


さて、今夜は昨日買ってきた地産の牛肉ですき焼きです。血糖値の上がらないという「ラカント」と濃い口醤油を使って、たっぷりの大ネギと糸こんにゃく、生麩ですき焼きしたあと、うどんで締めましょう。

勘違いとはいえ、入れ歯飲んでなくてよかったネということで、血糖値の上がらないウィスキーの水割りで、乾杯です(笑)

今日は仕事始めでしたが、とても寒い朝でした。庭の如雨露のぶあつい氷がキラキラ光っています。野ざらしの車のフロントグラスも凍りつき、吐く息も白く、厚手のコートの袖口や襟口のほんのわずかな隙間から、冷たい外気が体にしみわたります。

今日から仕事始めの人も結構いますが、まだ休みの人も多いようで、道路はがら空き。ため息が白い。しかしそのわりに会社到着が遅かったのは、一車線しかない道路に限って、のんびりドライバーが前をふさぎ、なかなか通常の走りができなかったため(笑)

まぁいい、安全運転安全運転。おりしも某元アナウンサーの人身事故ニュースが巷をかけめぐり、その報を聞いて鳥肌が立ったのは、わたしだけではないでしょう。明日は我が身と肝に銘じ、気をひきしめて新年のハンドルを握りました。

*****

夜、仕事を終え、ちょっと所用があったため寄り道したあと、すき焼き用の牛肉をふんぱつして帰宅したら、ママさんが大根を煮ておいてくれましたので、すき焼きは明日に変更。急遽、89円パックの鳥皮をニンニクと塩コショウで味をつけ、さっと揚げて、山盛りサラダにトッピング。酢だこと赤カブの漬物も添えて、今夜のおかずとしました。

*****

さて、この冬、ベッドの敷き毛布を新調したら、犬猫たちが大喜びで寝そべっています。今朝も今夜も、入れ代わり立ち代わり、へばりついています。ほんとに暖かくて気持ちいいみたい。ただし、バーゲン買いで色はこれしか残っていませんでしたので、色はご覧のとおり、やたらシックというか、地味(^_^;)

lily104
なんか、ふかふかで、すべすべで、ぬくぬくなの……

kai104
ほっぺをスリスリするのが好き~~


最近の毛布類は、とにかく暖かいし、やわらかくて気持ちいいですね。猫のカイなど、毎日あきもせずフミフミしています。安普請で暖房代が馬鹿にならない我家では、この毛布でかなり助かっています。

今夜もまだまだ寒いので、風呂にゆっくり浸かり、猫と一緒に丸まって、このぬくぬく毛布で眠るとしましょうか。

今年はなるべく宵っ張りを卒業し、夜中には眠りにつきたいと考えています。夜更かしすると、やたら炭水化物が食べたくなるらしいので。

ああでも、ネットもやりたいし、本も読みたいし、テレビも見たいし、その他いろいろやりたいしで、眠る暇などありゃしないんですけどね。1日が36時間あればいいのにな。



今年も3日が過ぎようとしています。
明日から出勤。仕事始めです。

今日はWOWOWで『ウルトラセブン』の集中放送を観ながら、あれこれプランを立てました。
セブンのテーマソングが頭の中をぐるぐる回っています。

今朝でささやかなおせちは食べてしまったので、今夜の夕食は湯豆腐。ヘルシーメニュー開始です。

さて、本日撮影した、冬枯れの庭の様子をご報告します。手入れを怠っているので、けっこう無茶苦茶。庭仕事に精を出せば、なにも無理して運動する必要はないのですが(笑)

1301031
花壇の縁取りの「竜のひげ」が繁殖しすぎて、草花を駆逐しています。冬の間にすべて取り去る予定。誰か要りませんか?(笑)

1301032
ヒヨドリ、キジバト、ムクドリなどが冬の庭を闊歩しています。
鳴きながら枯葉の上をカサカサ歩き回り、冬らしい乾いた音を響かせています。
そろそろエサ台をつくり、リンゴやミカンをおすそ分けしようかな。

1301033
秋にママさんが蒔いた春菊、大根、もち菜など。昨秋は寒かったので、全体的に育ちは悪いですが、お正月用に役立っています。

7日の七草粥には、大根・はこべ・なずな・たびらこ・ハハコグサはなんとか自宅で調達できそう。あとはカブとセリをスーパーで買えばOKですが、ついでに庭のパセリとチャイブスも入れようかなと思っています。財政難の折、なんとかこの菜園を最大限利用するのも今年の目標です。

さぁ、明日から、がんばろう!

今日の名古屋地方は、とても良い天気でした。
昨日のアレヤコレヤで心も晴れ、ついでというか記念というか、衝動買いした黄薔薇のつぼみも一晩でほころびました。

yellowroses
冬の黄薔薇は目にも鮮やか


今日は外でランチをしたため、ちょっと食べすぎました。血糖値的に問題があるため、そのあと歩き回り、帰宅してからは、録画してあるラジオ体操第一を大真面目に行いました。

今年はとにかく、血糖値を下げ、身体を動かさねばなりませんが、長年しみついたグータラ生活を修正するには、並大抵の努力ではかないません。しかしダイエットなどのレベルではなく、切迫した問題だけに、三日坊主で終わらせるわけにはいかないのです。

わたしは、ただ歩く、ただ走るという作業がもっとも苦手なので、まずは毎日のラジオ体操と、ストレッチだけはとりあえず始めます。泳ぐのは大好きですが、ママさんの食事もあるし、若い頃のように仕事帰りに通うことはできません。

なので、Wiiソフトと、数年前に熱中し過ぎて肩を壊した(←バカ)Xavixを再利用しようかな、と準備しています。

あとは食事のメニュー作り。これは亡き父の闘病生活時代、徹底的なメニュー作りをした経験がありますから、さっそく実行するつもりです。資料はじゅうぶん集めました。


*******


そしてもうひとつ、今年は大好きな庭の設計、大工仕事に力を入れます。去年はいろいろあって、かなり適当に手入れしただけなので、荒れ放題、枯れ放題。ここらでテコ入れしたいところです。



年頭にあたり、いろいろ目標をたてたいところですが、とりあえず今年は健康と庭、この二点に的を絞って頑張ろうと考えています。



ブログに書いたからには、ちゃんとやり遂げたいな。

新年あけましておめでとうございます。

HNY2013


元旦からとんだ事件が起こりました。

のたのた過ごしていたあげくの夕方、トイレから「詰まったぁぁぁぁ」との情けない叫び声が……

え?うそ、元旦だぜ?

しかも昨秋につづき、また!?!?

点検すると、なるほど水の通りが非常に悪い。まずいなぁ。やっかいだなぁ。

新年早々、尾籠なネタでまことに恐縮ながら、我家は淑女二人だけの暮らし、いたずら盛りのワルガキがいるでもなし、こうもひんぱんに詰まらせるほど多量なブツを排出する人間などいるはずもなく、ママさんとふたり、しばし唖然・呆然・慄然・憮然……

しかしながら、パニクって高い業者を呼ぶのはもうこりごりでしたので、元日から営業していると宣伝していた近所のイオンにかけこみ、カード割引券を利用してラバーカップ(ズッコン器)を1割引きで買い求めました。

ホームセンターでないせいか、おしゃれなカバー付の一種類しかなく、1480円。しかし1割引きでしたので1332円プラスガソリン代で、結果的にきれいさっぱり元通り。フンフン♪

これでもう、いつでもズッコンできるから大丈夫。方法も完璧に会得したので、いつでも呼んで(笑)


というわけで、2013年の最初の買い物は、ズッコン器でございました。「レジのおねいさん」の微妙な表情が忘れられません。そりゃそうだわね、福袋などを買い込む人々をしり目に、ひっそりとズッコン器だけを、しかも割引券を使ってカード買いする客に対し、どういう表情をしたらよいものでしょうか。


ただ、やはり車でわざわざ乗り込んだ元旦のイオンで、ズッコン器だけ買って帰るというのもなんだか情けなかったので、あとで花屋で黄色いバラも2束買いました。


夜はこの黄バラをながめながら、おせちを肴に、シングルモルトウィスキーのお湯割りで、元旦のウンの良さに乾杯をいたしました(笑)
momo
おあとがよろしいようで……


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

12 | 2013/01 | 02
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。