削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の映画とカラオケ三昧で興奮したせいか、変な眠り方をしてしまい、今朝は9時まで起きられず。ママさんの朝食!と思って飛び起きたら、適当に食べてくれていてホッ。

すこし頭痛の予兆があったので、軽い朝食をとってから、映画「マザーウォーター」のサントラを流しつつ、ゆっくり入浴しました。このサントラ、日曜の朝にはぴったりの、ゆるい感じが大好きで、とても落ち着きます。

入浴で気分もさっぱりしたあと、きちんと厚着をして庭の様子を見に行きました。

早朝に雪が降ったようで、庭の日蔭部分が真白でびっくり。抜けるような青空ですが、春一番のような、ものすごい嵐。しかしどことなく、風の温度が上がっているような気がしたのは、風呂上がりのせいでしょうか。

さて、今日はフキノトウの収穫。今夜のおかずです。いくつ出ているかな~♪

224-fuki1.jpg
いくつか結構大きくなっていた

224-fuki2.jpg
日当たりの一番悪いこの一角が、我家のフキ畑。ビワの木の根元になります。
フキノトウはざっと数えて30個ぐらいありました。


今日は二人分の天ぷらにするだけなので、15個ぐらい適当に摘みました。小ぶりで柔らかいので、一人7~8個ぐらいはぺろりと食べられます。残りはもう少し待って、たくさん出れば「フキ味噌」に、少なければもう一度天ぷらを楽しんで、おしまいにする予定。

収穫カゴを縁側に置いたとたん、カイが興味津々で近寄ってきました。

224-fuki3.jpg
これナニ?美味しいの?

224-fuki4.png
なんかわかんないけど、見張り番していてあげる(あ、ありがと)

224-lily1.jpg
なになに、ワタシも一緒にやる~

224-lily2.jpg
あ、もういいの、フーン……
(リリはトリミング前でボサボサなので、アップは後姿のみ)

こんなに風が強くなければ、天気も良いので、もう少し外で作業するところでしたが、あまりの強風に、犬猫ともどもみな早々にひきあげ、あとは室内でぬくぬくと過ごしました。まだまだ庭仕事には寒いですね。

さて、夜は野菜天ぷらと、高野豆腐と干しシイタケの煮物、白菜とエノキと鳥団子の吸物の三品。

野菜天ぷらは、フキノトウのほか、玉ねぎ・レンコン・人参の残り物を。フキノトウと一緒に生えていたユキノシタも摘もうと思っていたのに、また忘れちゃった。

天ぷらの衣は、野菜ばかりでしたので、卵を入れずに作り、菜種油でさらりと揚げました。

パセリも庭で採ったものです。

224-fuki6.jpg

224-fuki5.jpg
春の苦みと香りが、口の中いっぱいにひろがりました。


まだまだ寒波は居座り、いつもなら咲いているはずの早咲き水仙も、つぼみすらつけていない有様ですが、チューリップの芽が出はじめ、ミモザや沈丁花のつぼみも膨らんでいます。

紅梅もちらほら咲きはじめました。

春はひっそりと、しかし着実に近づいています。


スポンサーサイト
やっと映画『レ・ミゼラブル』を観てきました。

LesMiserables 1

数年前の米アカデミー賞で、今回の主役ヒュー・ジャックマンが司会をしたとき、客席にいたアン・ハサウェイを引っ張り出すという演出で、ふたりで朗々とステージで歌った姿があまりにも上手かった(とくにシャーリー・マクレーンがアンの歌声をべた褒め)記憶があったため、キャストを観ただけで期待していましたが……

結論から言うと、ものすごく心揺さぶられ、3回も泣きました。ボロボロと。

しかもあろうことかハンカチを忘れちゃったから、セーターの下に着ていたロングTシャツの長袖で涙をぬぐいもう大変(笑)


このミュージカル、ずいぶん前に劇団四季の舞台を観たことがありましたが、映画のほうはいわばリアリズムの極致で、想像力を駆使して楽しむ舞台とはやはり迫力がちがいます。ほんとうに鳥肌が立ちました。

超有名な作品なので、どの曲も口ずさんだり聞いたことのあるものばかり、そしてキャストもすごかった。

ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)……感情の表し方が半端ない。オペラ歌手のようなものすごい声量。

ラッセル・クロウ(ジャベール)……喋るとドスの利いたバリトンなのに、歌うと甘めのテノール。本人かと疑うほど。

アマンダ・セイフライド(コゼット)……鈴をころがすような美しい声は役にピッタリ。マンマ・ミーア!

ヘレナ・ボナム=カーター(マダム・テナルディエ)……今回はお得意のアバンギャルド。しかも歌ってる!

マリウスもエポニーヌもアンジョルラスも、知らない役者さんでしたが、上手いなんてものじゃなかった。そして男の子。あんた一体普段なにしてるわけ?なんなのこのガキこの魅力!というぐらい、すごすぎる子役。


しかし、しかし、ものすごく魂揺さぶられたのは、アン・ハサウェイ(ファンテーヌ)!!!

こんなすごい"I Dreamed a Dream(夢やぶれて)"があったなんて!

絶望。悲嘆。後悔。慟哭。虚無。しばらくはわたし自身の気持ちもなかなか浮上できなかったほど。

lesMiserables 2
今思い出しても泣けてきそう



観ていない方のために微妙な言い回しですが、わたしの泣いたところ(と症状)は

1回目……司教のアレ(じわ~~~~っと)

2回目……ファンテーヌのソレ(胸がぎゅ~~~っと)

3回目……最後(滝のような涙がぶわ~~~っと)



明日(日本時間では25日昼ごろ)には、米アカデミー賞授賞式が行われます。この作品も主演男優賞(ヒュー)助演女優賞(アン)ほか、8部門がノミネートされているとか。楽しみです。


*****


この映画の後、なかなか感情が戻らなかったので、ヤバいと思い、カラオケへ行って3時間ほど歌いまくりました。

もちろん"I Dreamed a Dream" も泣きながら3回歌いましたよ(アホ)




昨日のサル天国で、ママさんとともに盛り上がったわたくしですが、本日は体が冷えたせいか、やや盛り上がりに欠け、のたのたと過ごしてしまいました。

今夜はタラの切り身とジャガイモで、フィッシュ&チップス。野菜はゆで菜花のおかか和えで誤魔化します。朝食も昼食も遅かったので、19:00になったら作りましょうか……

さてさて、昨日の話題は、同じ敷地内で見物できたリスザルとワオキツネザル、そしておイモで楽しい時を共有したイベントでしたが、なんだか他にも写真がいっぱいありますので(夢中で撮影しちゃったのね)、本日は檻の中のサルさんたちをちょっと紹介します。

でも名前はほとんど忘れちゃったので、悪しからず(笑)

mkpk2
サバンナモンキーだったかな。やわらかい表情でかわいかった。

mkpk3
アビシニアコロブス。ヤンキーのような、はたまたモンクのような、独特の顔が印象的。

mkpk4
こんな顔のおばちゃん、近所にいませんか?

mkpk5
南米のおサルさんたちは、みな鳥のように小さかった。

mkpk1
この子は体長10センチぐらい。格子から手を伸ばして、超かわいかった。

attentionmk1.jpg
モンキーパークならではの標識。ちょうど頭上がテナガザルの通り道です。

attentionmk2.jpg
上だけでなく、下も注意しなければ(笑)


おもに熱帯地方に生きるサルたちは、人間により伐採などの自然破壊により、その住まいをしだいに追われ、いまや絶滅の危機に瀕している種類が多いとのこと。しかもサルの種類は想像以上です。小さいものから大きなものまで、ほんとうにたくさん地球上に住んでいます。アフリカ・南米・アジアに広く生息しているこのサルたちのことを、じつはわたしたち人間はほとんど知らないのではないかと、園内をみるにつれため息がでました。

このモンキーパークは、動物園であると同時に、すぐれた研究機関でもあり、そうした訴えもきちんとされています。また若いスタッフさんたちも知識が豊富で、その真摯な姿勢に明るい未来を予見させられたほど。なにかしなければ、という気持ちにさせてくれるだけでも、このパークの価値はあります。

あまり小さいお子さんには向かないかもしれませんが、小学生以上の子供さんには、ぜひ体験させてあげたいパークだと思います。紹介したイベントなどのほかに、ヒヒ(アヌビスヒヒ)との綱引きもできますし、エサやりもできます。(わたしは子供ヒヒにどうしてもエサをあげたくて、100円x3回もエサ投げしてしまいました…)

蛇足ながら、ここでちょっと注意が。じつは春から夏にかけては、サルの繁殖期なので、子供さんに説明しにくい場面に遭遇することがしばしば、なのだそうです(笑) したがいまして、この時期に子供さん連れで見に行かれる場合は、あらかじめ何らかの説明を考えていかれたほうがよろしいかと存じます。


おしまいに、みなさまおなじみの、いちばん大きなおサルさんをご紹介しましょう。そう、ゴリラです。大きいながらも、窓枠の上に隠していた白菜をやおら取り出し、両手でゆったりと食べだした姿に、とっても和みました。

まずは手の大きさをごらんください。

golli1.jpg
お相撲さんぐらい、でしょうか。

golli.png
しあわせって、何だろうね……
ご無沙汰いたしております。このところ、根を詰める仕事がつづいたのと、家族に見捨てられている複雑な事情の伯父が肺炎で危篤状態になり、妹であるママさんたちが右往左往している都合上、こちらもいろいろ落ち着かない状態でおりましたため、ブログを放ったままでございました。

伯父の容体はひとまず落ち着いたものの、ベッドから離れることはもはや叶わず、認知症もひどいため、見捨てた家族をなんとか説得し、世話を任せられることになり、ママさんもひとまず安心です。

そんなこんなで、今日はウサ晴らし(?)も兼ねて、寒風の中、日本モンキーパークへ行ってまいりました。ママさんのリクエストですが、リトルワールドの会員であるママさんは、2月末まで500円で入場できるのです。

わたしもママさんも、初モンキーパーク。子供のように盛り上がってまいりました(笑)
なんと写真25枚(!)アップしますので、余裕のある方だけでもご覧いただければ幸いです。

さて、自宅より車で40分ほど飛ばし、犬山市のモンキーパークへ昼近くに到着。どこから見ようかと思う間に、いきなり小さい綺麗な小猿がウロチョロする草むらを発見。リスザルです。

132161
遠くから見るだけだと思いきや、中に入れるのだ!すごい!

132162
あ、かわいい……20センチぐらいで大人だそうです

132163
人間を全然こわがらない、というか、意に介していない

132164
普通に足元をウロチョロするので、びっくり

白状しますと、マナーに鈍感なわたしは、うっかり目の前にいたリスザルの頭を人差し指で撫でてしまい、「ムキキッ」とサルに軽く怒られてしまいました。あちこちに「触らないで」という看板があるのに気づかず……ほんとうにごめんなさい。

132165
スタッフさんはとても親切で、写真をとろうとしたら、カメラを引き受けてくれた上
サルを静止しようとミルワームいっぱい投げてくれた。

132166.jpg
ほら、ちゃんと「触らないで」と書いてあるのに~(恥)

ちなみにリスザルは、食事は果物、おやつはミルワーム、という感じだそうです。


こんなに小さくてかわいいサルがいるとはつゆ知らず、ママさんもわたしも大興奮。最初からこのテンションで大丈夫か?

*******

132168.jpg
ちょっとヒヒ休み、じゃない、ひと休み

*******


とにかくモンキーパークなので、サルまたサルのオンパレード。飽きるかと思いきや、珍しいサルばかりでママさんもわたしも目を白黒、寒さにうち震えながらくっついている様子もいじらしく、思いのほか楽しいひとときです。

さ、お次は新聞にも掲載された、ワオキツネザルのストーブにあたる姿を見物にワオランドへ。わくわく。

132169.png
ここも中にふつうに入れます。なんだかすごいなぁモンキーパーク。

1321691.jpg
あ、いたいた、綺麗な長いシッポが目印ね。

1321692.jpg
マダガスカル固有のサルだそうです……というわりに、目の前を平気でチョロチョロ。

1321693.jpg
猫ぐらいの大きさでしょうか。

1321694.png
これが噂の、電気ヒーターで暖をとる姿(笑)腹を温めているそうです。

1321695.jpg
日向ぼっこしているサルたちも、腹を広げて温めています。

1321696.png
日が陰りだしたら、あっという間にお団子状態に。何匹いるんでしょうか?


このワオキツネザルも、リスザル同様、人間の存在をまったく気にしていません。スタッフさんいわく、自然の状態で、できるだけ懐かせないようにもしているため、甘えたりも全然しないとのこと。「人間を動く木ぐらいにしか思っていないのでは?」と質問すると「その通りです」(笑)

実はママさんが手すりにもたれていた時、ママさんのすぐ後ろの手すりに一匹座っていたのですが、カメラを構えたとたん、するりと逃げられてしまいました。この種のサルはほんとうにチョロチョロ動くので、撮影は結構大変だと実感。


********

mkpkbreak1.jpg
ここでまたヒヒ休み……じゃないけど、こんなベンチがあちこちにある
(チンパンと気取ってツーショットしてもねぇ……)

********



さあ、そして本日のメーンイベント、ニホンザルの「ほかほかおイモタイム」です!
冬至から2月末まで、毎日11:30~14:00までたき火が焚かれ、14:00には焼き芋がおサルさんたちにふるまわれるのですが、なんと人間にもふかしイモがふるまわれるという、心憎いイベント。

園内のアナウンスに導かれ、三々五々散り散りだった人々が、わらわらとモンキーバレイへ。閑散としていたはずの園内に、じつはこんなに人がいたんだと、感心しきり。

jm-1.jpg
さぁ、おイモがふるまわれています! ほらよ!

jm-2.jpg
あちち! ふーふー!


ひとしきりサルたちのおイモ争奪戦を観察したあと、いよいよ人間のほかほかおイモタイムです。

jm-4.jpg
あっという間に長蛇の列……ママさんはずっと後ろのほうに

jm-3.jpg
オレもそっちに並びてぇな

jm-5.jpg
みんなとってもうれしそう

jm-6.jpg
ママさんもようやく(風が強いのがわかりますね)

jm-7.jpg
子ザルにもあげたいけど、人間の分はあげちゃダメなの

jm-8.jpg
撮影のため品切れ覚悟だったわたしにも、ちゃんとおイモありました。ずいぶんたくさんふかしてくださったのね。

楽しいイベントと、間近で貴重なサルの生態をみた満足感で、8000歩以上歩いた実感はありませんでした。閑散期のためか、ちょっとさびれた感じは否めませんでしたが、丁寧な営業ぶりには好感度高し。1600円の入場料で何度もいける場所ではないけれど、面白い場所でした。

しかし寒かった。


明日は立春。そしてその前日である今日は、節分ですね。とても暖かい朝でしたので、今日は庭仕事。花壇の縁取りに育ち過ぎた「竜のヒゲ」を移植する作業を行いました。

水仙やチューリップの芽もちらほら見えはじめた庭ですが、まだまだ冬枯れの様相です。冬は日当たりも悪いため、寒からず暑からずの調節可能な服装で、風邪をひかないよう気を付けました。

crapemyrtle
これは、百日紅(サルスベリ)の種。
suifuyo
こちらは、酔芙蓉(スイフヨウ)の種。


1302031
この「わさわさ」した厚みが、球根類を駆逐してしまうので、移植することに。

我家のこの竜のヒゲは正確には「玉竜」という葉の短い品種のようで、根は浅く、わりと簡単にはがせます。しかしやはり厚みがあるため想像以上の重労働。鍬をふるってめくっていくのですが、運動不足の腕も腰もガクガクです。また、球根のあたりにもぐんぐん入り込んでいるため、水仙の球根などをいくつか真っ二つにしてしまいました(涙)

1302032
でも、なんとか綺麗に取り去りました。もうヘロヘロですわ。

冬の木の実といえば、ナナカマドや千両・万両など、赤い実が多いのですが、じつはこの竜のヒゲは、宝石のような青い実をつける、数少ない植物の一つです。季節柄たくさんの実が成っていたため、作業中についつい見とれてしまうほどでした。

1302033
びっくりするほど、美しいでしょう。

1302034
わさわさした葉に隠れているので、普段はあまり目立たない。

1302035
目的はないけど、あまりにも綺麗なので、ちょっと集めて皿に乗せてみました(笑)


さて、取り去った竜のヒゲはどうしたか?という疑問にもお答えしておきましょう。売るほどあるため、オークションにでも出したいところですが、面倒なのでパス。べつの場所の灌木の根元にぽいぽいっと置きました。穴を掘って植えようかと思いましたが、もう電池切れでしたので、ただ置いただけ(笑)

1302036
竜のヒゲは強靭なので、たぶんこれで根付くと思います。グータラ・ガーデナー向きですね。


竜のヒゲを取り去ったあとは、土をすこし調整して、柔らかいハーブでも縁取りに植えようと思っています。ミミズもたくさんいるフカフカの土なので、これで草花も好きなだけ植えられ、ちょっとうれしい。

しかし、もっと喜んでいたのは、肉食系、黄色いくちばしのムクドリくんです。わたしがほじくり返した場所を、さっそくつついて何やら食べていました。
1302037
ヒヨドリと同じか、少し小さいぐらい?とにかく歩き回ります。

1302038
あわててレンズの汚れを取ったつもりが、余計に汚れてボケちゃった(汗)


ほんとうは、もう少し頑張って、花壇に牛糞堆肥をまぜ、薔薇に肥料をやろうと思っていたのですが、情けないことに力仕事でもう体力なし。おやつを食べたあと、このブログをアップしているという有様です。

でもいいの、今年のテーマは「頑張らない」(笑)


ちなみに、今日のおやつは、これです。

1302039
ようやく甘くなってきた、金柑(キンカン)。超ウマいから、丸かじりだぜ~。
これから毎朝、出勤途中にガブリだぜ~。種はぺっぺっと庭に吐き捨てだぜ~。


最後に、庭仕事中にママさんが、「かわいそうに、トカゲが木の枝の上で、凍死しているよ」というので、嫌な予感がして見にいったら、サルナシの枝に、ニホンカナヘビさんがブッ刺してありました。まちがいなくモズの「はやにえ」でございます。しかもまだレアな感じなので、刺したてのほやほやでしょう。

画像はやめておきますね(笑)








01 | 2013/02 | 03
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。