削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩、大事件が起きました


******

夜遅く、豪雨の音をききながら、ネットの秋植え球根の予約がはじまったので、アレヤコレヤ迷いながら、ピンクのチューリップの球根を注文。

150829-01.jpg
これ50球と

150829-02.png
これ50球と

150829-03.png
これ50球で、3種類合計150球。しめて¥6400ほど。

ポチッとしたあと、注文確定のメールを確認してから、重い瞼に我慢できなくなり、消灯。

・・・・・・どのくらいたったころでしょうか。

バリバリバリバリ、ズザザザザザザザ!!

わたしの寝ている部屋のちょうど上の屋根あたりから、ものすごい音。

びっくりして目が覚め、耳を澄ますと、相変わらずの強い雨音だけが聞こえます。

なんだろう・・・・屋根瓦が落ちたのかな・・・・それにしては割れる音は聞こえなかったようだけど・・・・

ちょっとの間ぼんやりしながらも、やっぱり気になるのでベッド脇の掃出し窓を開けてみました。

するといきなり、真っ暗闇の中から葉っぱのついた木の枝が目の前にあり、30センチぐらいしか窓は開きません。

一瞬、どこか間違った空間の窓を開けた気がしたのか、「あ、失礼しました」と訳のわからない言い訳をしてあわてて窓を閉め、混乱した頭のまま、再度ベッドへ。

これは夢か?あれは木の枝か?どこの木?なぜここに?さっきの音は?

近くの木といえば、桜とイチョウの木だが、葉っぱはイチョウではなかった。しかし桜の木は40年以上もたつ大木だし、部屋からは5メートルほど離れているはずだ。

もしや斜め前の高台の家が、この雨で崩れて桜ごと倒れてきたのだろうか!?

それとも、竜巻みたいなものが発生して、枝ごとどこかから飛んできたのだろうか!?

はたまた、でかいコウモリかアライグマかハクビシンが木の枝を引っかけたまま屋根を歩いたとか!?

150829-04.jpg
気がつけば、カイもリリもわたしの部屋に大集合して、不安げに右往左往している・・・・

大雨だし、眠いし、メンドクサイし、夢かもしれないから、このまま寝ちゃおうと思ったけれど、やっぱ変だから見に行ってみるか。

いちばん大きな傘を差し、懐中電灯を持って、まずは一番の疑惑の桜の木を照らしてみると・・・・・

ナイ!

あの大きな桜の木が、ナイ!

150829-05.jpg
(今朝の画像)

150829-06.jpg
(今朝の画像)

そうです、あの桜の木が、なんと根こそぎ倒れてしまったのです!

しかもあとで考えると、へっぢほっぐはもしかしたら、九死に一生を得たといってもよいほど、運がよかったのかもしれないのです。

なぜなら、桜の木は、一番被害の少ない場所にどっさりと倒れてくれていたのです。

図解してみましょう。

150829-07.png

ホラね、もしわたしの頭上に倒れてきていたらと思うと、ちょっとゾッとするでしょう(+_+)

でも方向がずれていたので、物干し台と物干し竿を全滅させただけで済みました。


**********


とにもかくにも、わたし独りでは片付けようのないほど、ものすごい有様でしたので、朝一番に、市内に住む弟に助けを求めました。

ありがたいことに、すぐにルトサー参上!

150829-08.jpg
あ、まちがえた、これはルトガーだったわハハハハ

こっちこっち↓

150829-09.png

ともかく、弟はあまりの状態にびっくりしながらも、チェーンソーでバリバリと枝を薙ぎ払い、汗まみれになりながら、片付けてくれました。

150829-10.jpg
水をたっぷり含んだ桜の巨木の重いこと重いこと

ひとかかえもある根っこ近くの幹は今日は無理なので、とりあえず邪魔にならない程度に処理してもらい、あとは後日、時間のある時に来てもらうことになりました。

ママさんもわたしも、ひとまずホッ。

しかしながら、子供の頃からの、愛着ある桜が死んでしまったのは、じつはとっても悲しいのです。

近所では、うちの桜が最後の一本でした。同級生があつまって観桜会もなんども開きましたし、宅配便やら何やら、時期に我家をのぞく機会のある人たちはこぞって桜をほめてくれました。

家の中から花見ができて、こんな幸せなことはない、と亡き父も言っていました。

そんな桜が、死んだのですから。

150829-11.jpg
これは3年ほど前の画像

150829-12.jpg
今年はもう根元にキノコが生えて、弱っていたのだけど綺麗に咲いてくれていた

150829-13.jpg
もう来年はみられないのね、この花も・・・・


思いもかけない最期を迎えてしまった我家の桜ですが、巨木がキライなママさんはわりとサバサバ(笑)でもちゃんと清めの塩をまいてくれていました。

ま、感傷に浸るのは今日までにして、明日からは新しい庭のことを考えましょう。

前に進むんだ!


150829-14.jpg
卵と黒砂糖の蒸しパンを、お供えかわりに焼いてみた


来週はずっと雨みたいですね。これで暑さもひと段落するとよいのですけれど。

スポンサーサイト
いつもいつも同じセリフばかりですが、暑いですね。

お盆休み、いかがお過ごしですか。

わたしは、初日こそ墓参りしたり、買い物したり、外食したりと出かけましたが、どこへ行っても暑いのと、どこへ行っても財布からお金が飛んでいくのとでウンザリしたので、「巣籠もりの盆休み」に徹することにしました。

午前中はずっと、昼飯時まで、首に保冷剤をあて、つめたい紫蘇ジュースや牛乳をひんぱんに飲み、長そで長ズボンに靴下、麦わら帽子、虫よけスプレーに蚊取り線香といういでたちで、草むしりや剪定、収穫にいそしみました。

おかげで、真ん中の花壇と、菜園の一部、ブルーベリー畑が風通しよくなり、ブルーベリーやトマト、キュウリ、ナス、パプリカ、オクラ、ツルムラサキ、十六ササゲ、青ジソ、バジルなどを大量に収穫。さらにバラの蕾をぜんぶ取り去り、夏肥えも完了。草や剪定枝の山は、夕方涼しくなってから、ママさんが袋詰めしてくれ、大助かり!

作業終了時には全身、汗でずぶ濡れなので、濡れた服はそのまま洗濯機へ放り込み、ぬるめの水シャワーでさっぱり。そして昼食を食べた後は、エアコンの部屋で昼寝をし、テレビを観てすごします。

新陳代謝的には、満点の夏休み、といったところでしょうか。

そしてもうひとつ、休み前に入手しておいた、スウェーデンの子供向けのDVDをのんびり視聴しています。

15815-01.jpg

『長靴下のピッピ』や『ロッタちゃん』シリーズで有名な女流作家、アストリッド・リンドグレーンが1946年に発表した児童小説で、ピッピやロッタちゃんがとっても苦手なわたしでも、のんびり見ることができる佳作です。

わたしの入手したのは、3DVDの入ったスペシャルパッケージですが、やはりピッピとロッタちゃんのDVDは、子育ての経験のないわたしには、うるさすぎて視聴に耐えられないものでした(^_^;)

『やかまし村』シリーズは、その点、とくに山も谷もドラマチックな部分もなく、クスリと笑ったりちょっと感動したりするエピソードが連なるぐらいの、淡々とした子供たちの日常を描いた映画で、油断すると眠ってしまうほどですが(笑)、おだやかな休日にはぴったりかもしれません。

15815-02.png
町はずれの、この三軒しかない「やかまし村」の子供たち6人が登場し、6歳の少女リサのモノローグで話は進んでいく

15815-02-1.jpg
6人はよく遊び、よくお手伝いをし、いたずらもする、昔の子供らしい子供たち

15815-04.jpg
親が止めても叱っても、昔の子供たちは危ないこともいっぱいして、いろいろ覚えていった

15815-03.jpg
家族ではない隣町の人たちも、甘やかさず過保護にせず、しかし温かく見守っている

15815-05.jpg
アンナは視力を失ったジイチャンに、毎日新聞を読み聞かせている。結構むずかしいニュースでもなんでも!

15815-06.jpg
リサはお母さんから、お買い物を頼まれた。アレヤコレヤ結構品数が多くても、大丈夫だって!

15815-07.jpg
お隣のおばさんからも、ついでに頼まれた

15815-08.jpg
アンナもお母さんからお買い物を頼まれたって。一緒に行こう。買うものを忘れないように、歌を作りながら!

15815-09.jpg
お店に到着。よろずやさんかな?

15815-10.jpg
店主のおじさんは、とっても親切に丁寧に対応

15815-11.jpg
キャンディだってくれる

15815-12.jpg
このパッケージが、いちいち雑貨好きの琴線に触れる

15815-13.jpg
どれもこれも、美味しそうに感じるから不思議


このあと、この二人は何度も何度もひきかえし、忘れた買い物をしにお店に来るのです、ションボリして、そのたびにおじさんからアメをもらって(笑)

男の子と、酒のみで怒りんぼの靴屋のおじさんの怖い番犬とのエピソードも、子供たちだけで納屋に寝るエピソードも、淡々と描かれてスリルも何もありませんが、なんだかほっこりします。

電磁波にかこまれ、コンビニやスーパーで大量消費し、モノにあふれ時間に追われ、耳鳴りだのメタボだのに苦しみながら、セカセカイライラする日常を送る身としては、まるで夢物語ですが、ほんの数十年前の日本でも、こうした生活を送っていたのだと思うと、生活を見直す、なにかのきっかけになるかもしれません。


15815-15.jpg
とりあえず、庭のブルーベリーをつまんで、中古図書のピーターラビットをながめてみる

15815-14.jpg
もう少し、ゆったりする時間、つくろうね、カイちゃん!



今年の盆休みも、明日で終わります。




わたしの勤務している会社は自宅から4.5キロの場所にあります。

車で10~15分の距離です。

そのため、1時間ある昼休みは帰宅し、ママさんと一緒に食事をしています。

そして、大急ぎで会社に帰ります。

その帰路、毎日ちかくの救急病院内のバス停から出てくる市内循環バスと遭遇し、だいたいはわたしの車が、信号待ちでそのバスの後ろにくっつく形になります。

そのバスの名は「あさぴー号」というのですが、毎日後ろにくっつくたびに、気になっていることがあるのです。

まずはその画像をごらんください。

141111_1243~01

どうです、お気づきになられましたか?

めっちゃ変でしょう?

あ、ひまわりのキャラクターが云々の話じゃないですよ、念のため(笑)

変なのは、文字のほうです。

「 A S A P I ー 」

なぜわざわざローマ字にするのか?

最近とみに増えた、外国籍の市民への配慮か?

最後の「-」はなんなんだ?

ギャグか?


毎日毎日そのバスの後ろに着くわたしもわたしですが、短い信号待ちの間、小学生のころからヘボン式ローマ字表記に馴染んできた身として、毎日毎日考え込んでいます。尻がムズムズします。

基本的にわたしの人生にとってはどうでもいいことなので、信号が変わると、すぐ忘れてしまうのですが、また翌日の昼にムズムズするのです。むずぴーです(笑)

いっそ素直に

「 あ さ ぴ ー 」

に塗り替えてくれないかな・・・・・


白い鏡台から、レトロなバアチャンの形見の鏡台に替えたことは、先日ご報告しましたね。

しかし、椅子に使っていたスツールが、白いままなのです。

白いペンキははげ、クッション部のキャンバス生地は、お茶をこぼして汚れています。

外は灼熱地獄。

よし、いっちょ模様替えすっか~!

1589-01.jpg
この白ペンキも昔、自分で塗ったのよね

1589-04.jpg
まずは裏から座部のネジを外し、分解

1589-05.jpg
外は暑いから、紙を敷いて室内でちまちま塗りましょう

1589-06.jpg
まわりの家具や床にペンキをつけないよう気を付けて


1589-02.jpg
そして、バアチャンの形見のブラウス、サイズがちょっと小さいのであまり着られず保管したままでした

1589-03.jpg
でもこのレトロな柄が大好きなので、これをクッション部に貼りましょう!

1589-07.jpg
布を切り、両面テープとホッチキスでとめたあと、釘がなかったので画鋲で固定

裁ちばさみがなかったのと、生地がヘロヘロなのとで、切り口が杜撰ですが、裏からは見えないのでこれでオッケイ(笑)
なにぶん、とても古い生地なので、耐久性があまりないだろうから、次の貼り替えも念頭に入れて簡素化(←言い訳)


1589-08.jpg
がっつりビス止めして固定

1589-09.jpg
バアチャンの鏡台に、バアチャンのブラウス地、いいんじゃないかなぁ

こうしてみると、ブラシ立てにしている岡山の若い陶芸家のコップ(縁が欠けた)と、ベトナム製のティッシュカバーも、同じ系統の草木柄。これがわたしの好みと判明。

1589-11.jpg
じつはこっちのレイアウトも少し変えたんですよ

1589-12.jpg
ニトリの見切品でこの扇風機をみつけ、即買い。アジアンタムのカゴは100円のものを黒ペンキで塗った
額縁は高校生の時にバザーで買ったもので、中のカードは雑誌の付録(^_^;)

1589-00.jpg
コットン入れにしている100円のガラスジャーに、100円の転写シールを貼ったが、文字の意味は気にしない(笑)


1589-10.jpg
全体的には、こんな感じです。椅子のおかげで、とっても落ち着きました
ママさんは「ああ覚えてる、懐かしい」を連発・・・・・・よかったよかった。



**********


さて、クモの巣を払いながら、庭をちょっと点検。

すこしの間でさえ、蚊よけスプレーと蚊取り線香必須、という超面倒でうっとうしい、夏の庭。

1589-13.jpg
この酷暑なのに、暑さに弱いはずのデルフィニウムが立派な二番花をつけていてビックリ


1589-14.jpg
ちょっと収穫をサボると、ブルーベリーがごらんのとおり

我家のブルーベリーは、安い苗3本と高い苗2本の、合計5本を10年以上まえに植えましたが、安い苗2本、高い苗1本は数年後に枯れてしまいました。

なので、今残っている2本は、とっても丈夫で、知らん顔していても、勝手に毎年大量の実をつけてくれますが、それほど甘い実ではないので、人様にはあげられません。

毎日ヨーグルトに入れてもたかが知れているし、バナナと一緒にスムージーにするのは美味しいけど面倒なので、とりあえずは冷凍しています。肉料理にブルーベリーソース、なんてのも美味しいかも・・・・・・

1589-15.jpg
でも庭で採れるってことが、うれしいんだよね~


最後に、我家のワンニャンです。二匹とも体調があまりよくないようですが、すこし気温が下がると途端に元気になるので、やはりこの酷暑がつらいようです。


1589-16.jpg
ずっと夏バテ中のリリはサマーカットに行きましたので、ちょっと涼しそうです

1589-17.jpg
カイはよく食べるけど、やっぱりやせ細って寝てばかりで、夏バテ中


来週は13~16日までお盆休みをもらえます。立秋を過ぎて、すこしは涼しくなってほしいけど、例年どおり、無理でしょうね。

それでは、暑さに負けず、というか、負けながらも、なんとかかんとか、がんばりましょうね・・・・

エアコンがなまぬるい気がする! 夜10:00の今現在、室温が29℃もあるし!

ヤバい、メガネ貧乏なのに、エアコン新調せねばならんのかい!?

ますます美容院が遠のくじゃないか~あうあう~(T_T)

……などとボヤいても、暑さがつのるばかりなので、ペンギンの動画でも見ようかと思ったら、とっても面白いものをみつけました!

ロシアの猫らしいです。

0:50ぐらいから、笑わずにいられる人がいるでしょうか。

いたら申告してください(笑)




どうです、笑いながらも、冷えたでしょう?



*******


人様の動画ばかり紹介してもなんですので、久しぶりに庭の画像をごらんいただけますか……。

1582-01.jpg
といっても、虫天国の緑陰の庭は、奥のパーゴラまで無事には歩けないのよね今(涙)

1582-02.jpg
虫もつかずに元気に咲くのは、この「黒い瞳のスーザン」だけ

1582-03.jpg
と思ったら、ノリウツギも咲いていてくれた

1582-04.jpg
草むしりのあと、手袋を探していたら、カイがその上で寝ていた

1582-05.jpg
あのぅ、その手袋取っていいっすか

1582-06.jpg
あ、だめなのねハイハイ(涙)

1582-07.jpg
ここが今いちばん涼しい場所なんだろうな

1582-08.jpg
ちょっと夏バテ中のリリは、避暑地を探してウロウロ

1582-09.jpg
結局ネエタンの部屋の床でごらんのとおり


この暑さ、まだまだ盆まではつづくとか。

ほんとうに皆さま、ご自愛くださいね。

そしてエコな避暑方法があれば、ぜひご教示くださいませ!

ちなみにわたし、アンメルツを体中に塗ってみたら、しばしヒンヤリしてゴキゲンでしたが、そのうち体中がヒリヒリして悲惨でした。

バカでした・・・・


ふぅー。暑いですね。

名古屋地方は、昨日は37℃、本日は38℃。
エアコンをかけても、古い木造平屋建ての我家の室温は、目下31℃。

15801-00.jpg
氷を入れた麦茶が命の綱・・・・

ママさんは昨朝、頭痛と悪心が出てしまい、ちょっと心配しましたが、幸い大事には至りませんでした。
しかしこの暑さ、安心はできません。とにかく無理をしないこと、水分をこまめに摂取すること、エアコンを躊躇しないこと。
脳卒中と熱中症の症状はとても似ているので、すこしの変化も見逃さないようにしなければなりません。ママさんはこれまで、3回脳卒中になりましたが、3回とも夏だったのです。

もちろん、自分も例外ではありません。そろそろ脳卒中の経験者がちらほら出そうなお年頃、しかも血糖値のコントロールをしている身体なので、人一倍気をつけねばならないと感じています。夏野菜をまずモリモリ食べ、青魚、豆腐などをメインに摂取しています。ここしばらくは、炭水化物は一日一食のみにしてみたら、かなり調子がよくなった気がします。でもストレスをためては元も子もないので、ビールが飲みたければ、ケーキが食べたければ我慢せず、そのかわり同じ量のご飯やパンをやめる、という形にしています。

一病息災で長生きを目指したいところです。


********


カボチャ太郎は、ママさんが自分で天ぷらにしたり、煮物したりして楽しんでくれました。とくに天ぷらは、わたしの苦手なホクホク感があまりなく、甘くてとろけるような食感が、なんともいえず美味しくてついつい箸が進んでしまいました。

おかげで翌日の体重が増えたのは、いうまでもありません。


********


さて、おつぎは問題のカボチャ次郎です。

なぜ問題かというと、次郎は、熟して収穫した太郎とはちがい、わたしがうっかり動かしたために、ポロリと採れてしまったカボチャだからです。大きさは太郎より大きいのですが、どうも青臭い感じがするのです。

15801-01.jpg
まだまだ青い、青いぞ、次郎・・・・

15801-02.jpg
うーむ、やはり果肉が固めで未熟な、青春の味ね(よく言えば)

15801-03.jpg
しかしもう後には引けないから、半分だけレンジでチンして、必死で裏ごしし、

15801-04.jpg
卵、溶かしバター、牛乳、甘味料、小麦粉、おからパウダー、シナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブを入れて混ぜ、

15801-05.jpg
味見をしたら甘味がすくなかったので、ちょっとハチミツを足してバニラエッセンスを振り、170℃のオーブンで45分焼き、

15801-06.jpg
1時間ほど粗熱をとり

15801-07.jpg
まだ柔らかくて、まるでウニみたいな一部を、ママさんと味見したら(二人とも食いしん坊だから我慢できない・・・・)

美味い!

そのままフタをして、冷蔵庫へGO!

ということで、青春まっさかりのカボチャ次郎は、一日しっかり冷やしたあと、明日のおやつと相成りました。

召し上がりたい方は、明日、我家にお越しくださいませ(笑)


15801-08.jpg
でも庭で食べたら、瞬殺よ

15801-09.jpg
だからアタクシ、トイレ以外はお外に出ないの

15801-10.jpg
おかげでネエタンのお布団は毛だらけね・・・・(ところでシッポの形やばくね?)

15314-01.jpg
この中に埋もれたい

5時になったら、虫よけスプレーをして、庭にじゃぶじゃぶ水やりしに行きます。

いっそアタマからかぶっちゃおうかしら(笑)

それでは、みなさまも、なんとかうまいこと避暑しながらお過ごしくださいね!



07 | 2015/08 | 09
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。