削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事の補足画像をおとどけします。

なんとガラスをたたいて餌をねだる鳥の姿!

001_2016022922351521e.jpg
左にうっすらと影が見えますね

002_20160229223518be7.jpg
こんどは右に移動しました

003_201602292235191a9.jpg
つつくというより、ガラスに向かって噛み噛みしています


外側から写そうとすると逃げられるので、今回はここまで。

ね、ほんとでしょう!

スポンサーサイト
長い一週間がおわった日曜の朝。

ゆうべの夜更かしもあって、朝寝坊を夢うつつで楽しんでいたへっぢほっぐの耳に、異様な音がひびきます。

トン、トトン、トトン、トン、トン・・・・・

トトン、トン、トン、トトン、トン・・・・・

何かが窓ガラスに当たる音でしょうか、また樋がこわれたとか、雨風で変なものが飛んできたとか。なにしろ我家は築半世紀以上の古い平屋なので、近所の中でもひときわ屋根が低く、雷だけは絶対に落ちない自信だけはあるという建物です。

出窓貧乏のわたしにとって、また修繕箇所がでてきたのは苦しいなぁ・・・・・いやだなぁ、確かめたくないなぁ・・・・・

のろのろと、温かい布団の中から起き出し、すでに陽光がさんさんと降り注ぐ廊下の端から、音のするほうをのぞいてみると、


なんと磨りガラスに鳥のシルエットが!

鳥が、鳥が、ガラスをつついていたのです!

そっと、しかし、しつこく!


16228-01.jpg


はなこさんが、いみじくも「ソロモンの指輪」のことをおっしゃっていましたが、まさにビンゴ!だったのです。

まちがいなく、ヤツラはわたしに

「エサはまだか!」

と毎日うったえていたわけです(笑)

このところ毎朝、だいたい7時半ごろにエサをセットするのですが、今日は朝寝坊していたため、8時を過ぎていました。そのたった30分が、ヤツラには我慢できない時間だったのです。

あわてて寝間着にダウンを引っ掛け、リンゴの輪切りと穀物とひまわりの種をセットしたところ、各種野鳥がすぐに飛来し、ガツガツと食べ始めました。

そして人間様はそのあと、珍しくまだ寝ているママさんの様子を確認してから、朝ごはんの仕度。ふたりそろって、テレビを観ながらゆっくり朝食を楽しんでいると、またあの音。

トン、トトン、トトン、トン、トン・・・・・

トトン、トン、トン、トトン、トン・・・・・

こんどはママさんと一緒に、そっと覗いてみると、やはり鳥が窓ガラスをつついています。

ママさんは、以前保護して育てたヒヨドリのピヨちゃんだと主張しますが、(2013年1月6日の記事かつて保護したヒヨドリの話を』をご参照ください)、確証はありません。たしかに大きさからいえばヒヨドリのようですが、最近はシロハラもいるので、大きさだけでは特定できないし、飛び去る姿が早すぎて、動体視力の劣った我ら母娘には、生で見ても判別できないのです。



今日は日曜日だからと、特別にもういちどミカンの古いのをセットして、サンルームにもどると

16228-02.jpg
あれ、ヒヨドリの隣に違う鳥がいる!(網戸にピントが合ってしまい見づらいですが、右がヒヨドリ、左が違う鳥)

近づくとヒヨドリは飛び去りましたが、新顔は知らん顔。もしかしてガラスはこいつか!?

16228-03.jpg
よくよく見ると、ムクドリみたい(てか、これもピントがずれている、笑)

16228-04.jpg
やっぱムクドリだ(画像は拝借物)


ムクドリなら新顔ではないけれど、ちょっと久しぶりに見ました。でももしこいつがガラス犯だとすると、以前からいたのですね。

ママさんはやっぱり、ピヨちゃんだわ絶対!と喜んでいます。

ま、そういうことにしておきましょう。

やっぱりソロモンの指輪が欲しいかも。

大雨が上がったあとの日曜の遅い朝。

鳥たちが庭で騒いでいます。ぴーぴーぢゅんぢゅんじじじじピヨピヨすっちょんすっちょん(?)ぷるっぷー・・・・

脳みその発達した情緒豊かな人間(注:ここでは一応わたくしのこと)には、その各種鳴声が、「エサ遅い」「皿の中が洪水である」「リンゴくれ」「まだか」という声に変換して聞こえます。

まぁ待て、まず待て、しばし待て。人間には人間で、朝のおつとめがあるのだ(笑)

16221-00.jpg
しかしカイだけは、毎朝六時半にマンマをもらわないと、人間の鼻を齧る(最強)

16221-01.png
食欲旺盛なのに、ガリガリなのはなぜ?そろそろシッポが分かれて化け猫になるのでは?



さてさて、リンゴ半分、小鳥のエサ、ひまわりの種をようやく庭にセットしたものの、晴天のわりには強風で、予想外に体感温度が低い!

薄着で庭に出たへっぢほっぐは、あわてて着替えに家の中へ。するとその隙に、すぐに鳥たちが飛来。

16221-13.jpg
一番乗りは、最近庭の南天の実をよくついばみ、梅&キンカン方面に居ついている冬鳥のシロハラくん
ハナモモの枝にブッ刺したリンゴをシャリシャリ食べだした

16221-14.jpg
メジロのメメタンがエサ台のリンゴに来た

16221-15.jpg
しばらくすると、ヒヨドリがけたたましく来訪
ヒヨドリはわたしが近づいても比較的平気なので、撮影しやすくて画像が綺麗(笑)

16221-16.jpg
メジロとヒヨドリは、エサがかぶっているにもかかわらず、わりと共存している

16221-17.jpg
しかし同じリンゴなのに、なぜチェンジする?

16221-18.jpg
スズメたちが穀物の皿にたかっている


我家のスズメはスズメのくせに、なんのDNAかトラウマ(若かりし頃のカイ・ザ猛獣のせいかも)か、非常に用心深いので、サンルームの奥から盗撮するしかない・・・


16221-19.jpg
あれ? 数が増えてる?

16221-20.jpg
どんどん増殖中


16221-21.jpg
穀物とひまわりの種は、エサ台と、この桜の切株の二か所にセットしてあります

16221-22.jpg
コイツは皿の中から飛び立つので、毎度穀物をババッと下に落としてしまう(怒)


そもそも野鳥を躾けろというのはどだい無理な話で、とにかく汚く食い散らしてくれるおかげで、春になったら、きっと粟や稗や黍やひまわりの芽が、その辺からいっぱい出るんじゃないかと戦々恐々・・・・雑草がまた増えるなこりゃ(T_T)

まぁいい、そうしたらそれを育てて、種を食べさせるのだ。輪廻、あいや、リサイクルということで(汗)


*********


さてさて、長くなりましたが、ここで今日の庭をひとめぐり。雨水もすぎた早春の庭、どんな変化があるのでしょうか。

16221-03.jpg
ビオラの陰から、水仙らしき球根が出ていた(相変わらず植えっぱなしですぐ忘れる)

16221-04.jpg
おお、ヒヤシンスも!これが咲くと、庭がいい香りに満たされるのよね

16221-02.jpg
去年植えたんだか今年植えたんだか、いまいちよく覚えていないチューリップもたくさん芽を出していた!

16221-05.jpg
しまった、冬の間にツルを切り詰めようと思って忘れていたスイカズラの新芽が~~~

16221-06.jpg
あああ、今年も手入れできない冬だったなぁ(ため息)

おや?上のほうに黄色い花がたくさん見えるけど?

16221-07.jpg
なんということでしょう、ミモザがもう咲いていたのですね!

16221-08.jpg
ということは、フキ方面に急いで繰り出さねば!

16221-09.jpg
おお!

16221-10.jpg
むむ!

16221-11.jpg
あいや~!


先日報告した通り、すでにポツポツ出ていたのですが、ここに来て一気に発芽、開花のフキノトウ。しかもまるまる太ったものばかり。うれしいなぁ。

16221-12.jpg
とりあえず半分ぐらい収穫しました。今夜は天ぷらに決定です


春はぐんぐん進んでいます!


前回は、ちょっとみっともない記事を書いてしまってすみませんでした。

でも励ましのコメントをいただき、とっても気分が楽になったのも事実です。

ありがとうございますm(__)m

会社は3月いっぱいまで超繁忙期のため、今週が最後の2連休。来週からしばらくは、日曜だけのお休み・・・・ということで、雨予報の土曜日の今日は、ママさんの買い物につきあって、イ●ーヨーカドーに行ったのですが、ママさんがカバンを物色している間にその辺をブラブラしていたら、なんの因果かストレスか、さも柔らかそうな牛革の赤い色が目に焼きついて離れず、気づいたらついついカードで買ってしまっておりました。

16220-01.jpg
買ったのはこの長財布でございます

16220-02.jpg
気を失ってたからよく覚えてないけど(笑)この「値下価格」にやられたんだと思われる

16220-03.jpg
まぁいいや、今の財布破れてきてたから、よしとしよう・・・・(涙)


鉄のガラクタを25000円も使った冬なのに・・・・・缶コーヒーも止めて、毎日水筒に水道水だなこりゃ(^_^;)



********



帰宅してしばらくしたら、リリの顔が変になっていました。

またママさんがトリミング代をケチって、ハサミでチョキチョキしたのです。

上を切らないほうがいいよって言ってるのに、毎回とことん切っちゃうのよね。

毎度のことながら、リリには悪いけど見るたびに吹き出してしまうへっぢほっぐでございます。

16220-04.jpg
トイプーというより、ムーミン谷の生物みたい

tove1.jpg
この中に混じっても違和感なし?


まぁこれも、ストレスに苛まれる人間にはありがたい和みでしょうか。ペットにはほんとうに助けられています。


16220-05.jpg
キミたちにも和ませてもらってるから、またリンゴ奮発するね



ふー、疲れた。

毎日毎日、くだらないプライドの張り合いで、子供みたいにギャアギャアわめくオッサンたち。よくわからない理由で女性の責任者にされ、すぐ会議だ打ち合わせだと呼び出されては、「女性の目線で意見をいってくれ」。

なんだよ、女性の目線って。

その言葉こそがオッサンの感覚なんだよ。

それに、女性の意見をと言いながら、いざアイデアを出すと、いちいち反論したり上から目線で批評したりするオヤジもいるし。

そのオヤジは言うんだよ、「女は差別されてあたりまえだ。同等に扱われたかったら、重い荷物を持ってもらおうじゃねぇか」。

フン、こっちは大人だから、小学生みたいにわざと女の前でいきがるような幼児あたまを相手にするつもりはないし、変なウィルスみたいにバカが移るといけないから知らん顔しておいたけど、心の中では二つほどツッコんでやった。

その一: あんたパソコンばかりいじって、ここで唯一、重いものを持たん男だろ!

その二: わかった、筋肉仕事は任せるから、頭脳仕事はこっちに任せな



*********


わたし、見た目でかいし、声もでかいし、早口だし、血の気が多いし、腕力ありそうな独身中年だから、勝手に「女性の権利を主張」するとかいって、すぐに女性蔑視だなんだとクレームつけたがるキモチワルイヤツラと同一視されるかもしれませんが、実際はいたって平和主義者です。

いやべつに、理不尽な差別はキライですが、区別はあって当然だし、あーだこーだ言うのはめんどくさい。いやなら無視すればいいんです。人の考えを変えようなんて思いもよりません。どうでもいいんです。

そんなわたくし、へっぢほっぐでさえ、ムムッと思う無礼なヤツ。会社じゃ言えないこと、ここで言ってもいいですよね!?

ね!?

よしっ、言っちゃおう!



うざいんだよおまえはじぶんがいちばんみすがおおいくせにいちいちぐちぐちとひとさまのあらをさがすんじゃねぇだいたいおまえがばかにしているべつのおやじとあたまんなかはおなじじゃないかみんないっているぞしゃべるばかとしゃべらんばかってざまみろいまにてんばつがくだるにちがいないそしたらゆびさしてわらってやるからまってろ



ふー、すっきりした。 え? 文字が小さいって?

まぁさすがに罵詈雑言は小さな声でこっそりいうのがわたしのモットーですから(笑)


ここで元気づけに、個人的にカラオケで声張り上げて歌うとすっきりするケイティの曲を(英語だけど)

この人の歌い方は潔くて好きなのよね。





明日もがんばろっと!








イチゴのおいしい季節ですね。食べてますか?

へっぢほっぐは酸っぱいものが好物なので、柑橘系の甘酸っぱいものや、リンゴなどをよく食べますが、1月から2月にかけてのこの季節、やはりイチゴの存在も欠かせません。ここで言うイチゴとは、ストロベリーのことを指します。

ちなみにママさんはイチゴ大福が好物です。

日本のイチゴ人気ランキングというのをおしえてもらいました。
それぞれの特徴に興味ある方は、各自でググっていただくとして(笑)、ランキングだけここにご紹介いたします。
ヨダレにご注意ください。


第一位: あまおう
1-amaou.jpg

第二位:とちおとめ
2-tochiotome.jpg

第三位:ももいちご
3-momoichigo.jpg

第四位:紅ほっぺ
4-benihoppe.jpg

第五位:あきひめ
5-akihime.jpg


*********


なぜここでこんなランキングを紹介したかというと、本日ママさんと、イチゴ狩りに行ってきたからです。といっても、伊勢神宮内宮参拝とおはらい町散策とセットになった、日帰りバスツアー。毎年恒例の伊勢参りに行きたいとのママさんのリクエストによるものです。

16213-04.jpg
「可愛い稚児園」・・・・・?


制限時間は40分間。イチゴの品種は第五位の章姫(あきひめ)です。

ママさんは何度もイチゴ狩りの経験あり、へっぢほっぐは初体験です。ドキドキ。

16213-02.jpg
おお、たくさんあるある~~~♪

16213-03.jpg
あまり酸味のない、甘ったるい味だけど、水分が半端ない

16213-01.jpg
ママさんも夢中で採りまくり、バクバク食べまくり

へっぢほっぐは、小さ目の真赤なイチゴを狙って食べまくっておりましたが、そのうち甘さに飽きてきたので、すこし白みがかって大きい酸っぱめのイチゴを食べたりしていましたが、ものの15分ぐらい食べつづけただけで、ジュースを飲み過ぎた時みたいにお腹がちゃぷちゃぷになってしまいました。イチゴって、水分多いのね。

70個ぐらい食べたでしょうか。え?食べ過ぎ?

そうですかぁ・・・・・おかしいなぁ・・・・・

ママさんは50個ぐらい食べたそうです。


結局それ以上は食べられないので、早々にバスに戻ったら、ほかの方々も40分ももたず、20分ぐらいでリタイア状態。

皆ちゃぷちゃぷの腹を抱え、バスも30分ぐらいで発車、そして早々にサービスエリアに行き、トイレ休憩を取ってくれました(^_^;)

イチゴ狩りって、こういう感じだったのね(笑)



*********



今日は荒天予報だったためか、おはらい町も比較的空いていて、手こね寿司もすぐ食べられ、赤福もへんば餅も並ばず、荷物の整理に簡単に畳ベンチに座ることができ、伊勢神宮の参拝休憩所もゆっくり座ってお茶をいただくことができました。混雑する1月に無理に行くのはやめ、これからは2月以降にしようね、とママさん。

気温は高く、雨もほとんど降らず、とても楽な気候でしたので、傘もささず軽装のまま、ママさんが楽しみにしていたお土産のアレコレをすべて調達でき、ほくほく気分で帰路につきましたが、名古屋についたら、かなりの雨でびっくり。

帰りにツアーバスの発着場であるスーパーで食材を調達する予定でしたが、雨の強さにどっと疲れが出て、そのまま車を走らせさっさと帰宅し、お土産のへんば屋の佃煮を開け、たまご雑炊とセロリの酢漬けで晩御飯を済ませました。

イチゴたらふく、手こね寿司、へんば餅などオヤツ三昧だった今日一日でしたので、あすは地味に節制して過ごすつもりです。

できるかな?

16213-05.jpg
明日はちゃんと遊んでよね

16213-06.jpg
オヤツもナデナデもね


建国記念日の今日、名古屋地方はおだやかな暖かい一日となりました。

とはいえ、早朝は霜柱が立ち、水辺は分厚い氷が張るとういう寒さでしたので、二日ぶりに鳥にエサを出そうとした素足のへっぢほっぐは、駄々っ子のように地団太をふみふみ、まるで電光石火のごとき素早さで、リンゴとバナナ、穀物とひまわりの種をセットすると、履いていたサンダルを左右バラバラ後方2メートルほどはね飛ばし脱ぎながらサンルーム経由で屋内に駆け戻り、キッチンのガスヒーターの前にすべりこみ正座をして、ぬくぬくまどろんでいたワンニャンを散り散りに飛びすさらせてしまいました。

仕方ない、乱暴で雑なママさんの娘だ、おしとやかに自宅を歩くはずはないのだ。

しかしその後、三々五々にだらしなく散らばった庭用サンダルの惨状におどろいたママさんに、こってりしぼられたへっぢほっぐでございました。

なんだよぉ、自分だって、へんてこな帽子と、手袋のかたっぽ、庭に置き去りにしてたじゃん!

とブツクサ文句をたれながら、傍らにいたリリの耳をびよ~~んと引っ張る嫌がらせをして憂さ晴らししました。

子供か!


*********


さてそんな(笑)今日は、ランチタイムにママさんのリクエストで買い物に行った以外は、家の中でのんびりと過ごしております。テレビを観て昼寝をしてオヤツを食べて、極楽極楽。

16211-00.jpg
300円ショップにあったメッセージボードを両面テープでヒノキの木切れに貼ったものだけど、まさにわたしのためにあるような言葉(笑)

16211-01.jpg
今のへっぢほっぐ・ギャラリーはこんな様子・・・・・わかりますかぁ?

16211-02.jpg
・・・・そうなのです、また増えちまったのです、鉄クズが(^_^;)

16211-03.jpg
ひとつはこれ、古い測量機・・・・・結構な重量物

なんの役にもたたないジャンク品ですが、ヤフオクのカード払いで5000円で買ってしまったぁぁあぁぁぁ!!!

だってレアものだし、普通だとジャンクでも一万円以上するのに、出品者が、ほこりだらけで/変な折り畳み姿で/暗い写真で/格安で/出品していたせいで入札者がだれもいなかったから、大チャンスだったの・・・・・・

鉄クズオタクはやめられないとまらない・・・・でももう(しばらくは)やめますママさんごめんなさい・・・・・

これを買ってしまったから、連日つづく残業代があっさり飛んで行ってしまいました(;_:)

16211-04.jpg
測量機なので、この望遠鏡部分は上下左右に動き、水平器もついている

今回のホコリはとても手ごわく、払っても拭っても雑巾が茶色く染まり、きれいにするのにずいぶん時間がかかりました。それだけにピカピカになったときの幸福感・・・・・・ああ、なんて美しい一品でしょう。うっとり(大真面目)。

16211-05.jpg
昔の機械って、なんでこんなに美しいのか

16211-06.jpg
FUJI TOKYO と銘がある

16211-07.jpg
これは前からおいてありましたが、一応ご紹介。ずいぶん前に入手した、なんちゃってアンティークの十字架のオブジェ。色が美しくて一目ぼれ

16211-08.jpg
そしてこれは、会社のゴミ(笑)の中からみつけた、文鎮のように重い朱肉入れ

16211-09.jpg
フタの裏にはこのような刻印が

16211-10.jpg
じつは朱肉の匂いが大好きなへっぢほっぐ・・・・「植田」さんという方がビシバシ使用した痕跡あり
わたしの知る限り、会社にそんな人いなかったぞ

16211-11.jpg
というわけで、今現在は、こんな眺めで楽しんでいます。しょうもないやっちゃ


こうして、出窓にして以来、2万5千円ぐらい、無駄なジャンク系オブジェに費やしてしまったので、すっかり鉄クズ貧乏になってしまいました。そのため今年のバラの肥料は一番安いものに決定。

バラ、ごめんね。今年はガマンしてね。でもちゃんと咲いてね、来年フンパツするから~(#^.^#)


昨晩は小学校時代の同級生の新年会に参加し、地元の中華料理屋で盛り上がりました。

久しぶりに飲みたかったので、20分ほどテクテク歩いたおかげで、遠慮会釈なくナマチュウで乾杯!

4杯目を飲んでいたところで、知らぬ間にジョッキが冷酒のコップに変わっていたのに気づかず(笑)、そのまま隣の半エロオヤジ化した男子(?)をボコりながらしゃべりまくり、すっかり調子に乗ってしまいました。

後半に出てきた激辛台湾ラーメンを食べた途端に食欲が出て、残っていた青菜炒めや春雨サラダをかきこみ、冷酒を数杯あけ、ウーロン茶で締めて、また20分の道程をふつうに歩いて帰宅。そのあと水をがぶ飲みして、パソコンを開き、テレビを観ながら「あんなに飲んだのに、なんで酔っぱらわないんだろう?」と思いながら眠気とともに就寝。

しかし今朝起床したら、久しぶりの二日酔い(笑)

ちゃんとふつうに酔っぱらっていたようですが、ほんとに久しぶりだったので、気づかなかっただけらしい。齢ですかね(^_^;)

というわけで、なんか頭痛いし気持ち悪いなぁ、と思いながら、冷えた朝の庭に出て、鳥用のバナナと穀物、ひまわりの種をセットし、今年初めて顔を出した、スノードロップに挨拶しました。

16207-01.jpg
一番乗りね

16207-02.jpg
そうこうするうちに、キジバトがさっそく朝ごはん


朝食後(二日酔いでも食べるのだ!)は、昨日やるつもりだった、お雛様飾りの組み立て開始。じつは何年も出していなかったのですが、毎年毎年ママさんから「出して~」と言われ続けていたので、今年やっと飾ることにしたのです。

自業自得とはいえ、よりによって、二日酔いの朝に。

16207-03.jpg
父の生前に出したきりなので、自分で組み立てるのははじめてさ

16207-04.png
組み立てはわりと得意なんだけど、なんか変

16207-05.jpg
見た目はいいんだけど、全体的に前のめり・・・・

ここで気づきました。床の間の段差を考えていなかったことに。そこで慌てて書棚に走り、百科事典を左右に2冊ずつ、手前の台の下に敷きましたら、水平になりました。ホッ。

16207-06.jpg
行方不明だった緋毛氈もママさんがみつけました

16207-07.jpg
ここでひと休みしたら、さっきのキジバトが平らげた皿の上にすわりこみ、じっとたそがれてた・・・・ぜんぶ食うなよ~


さていよいよ、人形の飾りつけです。

16207-08.jpg
お内裏様と、お雛様
首だけ抜いて保管してあったので、箱を開けたとき腰を抜かしそうになった

16207-10.jpg
三人官女(美しい両脇は独身なので眉アリ)

16207-09.jpg
三人官女の真ん中(既婚者なので眉ナシおはぐろでちょと怖い)

ちなみに髪の白い部分は、はみ出た綿でございますが、下手に触るとめちゃくちゃになりそうなので、そのままにしてあります。

16207-11.jpg
五人囃子は、うちのは太鼓・大鼓・小鼓二人・笛というメンバーですが、太鼓だけ髪型がおかっぱなのはなぜでしょう

16207-12.jpg
イケメン右大臣

16207-13.jpg
翁ちっくな左大臣

16207-14.jpg
三人衆(仕丁)の両脇は同じ顔

16207-15.jpg
真ん中だけが、なぜか色白端正(わたしにとっての『南総里見八犬伝』の犬坂毛野はこんな顔)


16207-16.jpg
ぼんぼりも点いた!

16207-17.jpg
あれ、菱餅って、こんな場所だったっけ・・・・・?

そのほかにも、刀が2本、太鼓のバチみたいなのが4本、あまってしまった。

ネットでしらべても、いろいろなやり方があるようなので、なかなか合致しない。

なにしろ半世紀以上前のお雛様なので、飾りつけ説明書などどこにもない。

ぼんぼりの薄絹や、金屏風の裏紙などは、手で触れただけでビリッと破れてしまった。

とはいえ、思ったよりくたびれてなく、汚れてもなく、なかなか美しいお雛様で一安心。

ママさんも「いいねぇ」と久しぶりの邂逅にとてもうれしそう。

お雛様たちも、久しぶりの空気に、どこかうれしそう。


*******


来年からは、組み立てに苦労しないよう、いろいろ写真にとって保存することにしました。
そして飾りつけの説明書きのようなものも作っておこうかな、と。

こうして何らかの形で、ずっと後世にまで残ってくれたらいいですよね。


*******


昼ごはんに、信州五割そばをかけそばにして食べたら気分がよくなり、晩ごはんには、山盛りサラダとピクルス、スパゲティミートソースに手羽先をもりもり食べることができました。

さて、明日からまた、がんばろう!




金田一春彦著『ことばの歳時記』の10月30日の項には、こんな記述があります。この日のタイトルは「ピヨ」。

「そろそろ山に雪が降りはじめると、エサを求めて鳥が里におりてくる。何となくうすら寒い日の午後など、庭の赤い実のなっている木には必ずといっていいほど、山に住む小鳥たちのさえずりが聞こえる。ヒヨドリもこうした鳥の仲間たちの間に入って、薄黒いあまり見ばえのしない羽をばたつかせながら、ピーヨピーヨと鳴くが、あれは昔―――といっても奈良朝以前、その鳴き声からピヨと呼ばれていた鳥だった。ところがいつの間にかヒヨとなってしまったのはpiという発音でくちびるをきっちり閉じるのがおっくうだったというわけで、fiの音を通って今のhiの音にかわったためで、ちょうど、昔の「ゐ」「ゑ」の音が、今「い」「え」となっているのと同じ趣である」

たしかに、どう聞いても「ピーヨピーヨ」もしくは「ビーヨビーヨ」とけたたましく鳴くこの鳥、ヒヨドリというよりピヨドリもしくはビヨドリといったほうが納得がいきます。


*******


桜がなくなり、すっかり鳥たちの姿が減ったわが緑陰の庭ですが、このところ、毎朝鳥たちに、果物と穀物、ひまわりの種などをおすそわけするようになったら、すこし様変わりしてきました。

まず果物をエサ台にブッ刺すと、5分もたたないうちにこの食卓につくのが、人懐こいピヨこと、ヒヨドリ。しかし動きが早いのと、見分けがつかないのとで、いったい何羽いるのか、どの個体がエサを食べているのか、さっぱりわかりません(笑)

1626-01.jpg
この日は大奮発して、バナナも出してみました

1626-02.jpg
すると大好物のリンゴを差し置いて、バナナに集中(笑)

1626-03.jpg
何度かエサ台を行ったり来たりしたあと、満腹になったもよう

1626-04.jpg
しかしスズメたちが、群れてあちこちでエサをついばみ、空中ではケンカをはじめた

1626-05.jpg
ヒヨドリもうるさいが、スズメたちのケンカの声も、ヂーヂーバタバタとえげつないほどの大音量

1626-06.jpg
落ち着いていたヒヨも、スズメのケンカ声に呼応してか、ビービー鳴きはじめた(やかましいったら)

1626-07.jpg
ヒヨがいなくなると、メジロのメメタンがようやく果物にありつく

1626-08.jpg
しかし数分もたたぬうちに、横綱が飛来

1626-09.jpg
果物はヒヨとメメタンしか食べないと思ったけど・・・・アンタ誰?

1626-10.jpg
ああっ、穀物エサのほうでも食い散らしている~~!

1626-11.jpg
ムクドリかなと思って図鑑でしらべたところ、シロハラのオスのようですが、どうでしょう

1626-12.jpg
果物も穀物も虫も、なんでも食べるのねキミは(デブなはずだわ)

1626-13.png
そうこうするうちに、ジョウビタキ(♀)のビキちゃんが飛来して庭めぐり


今日は古いお雛様(段飾り)を飾ろうかなと思っています。
夜は地元の同級生の新年会に繰り出します。

それまでは、洗濯や掃除をしながら、冬の庭の楽しいイベントを満喫するつもりです。




01 | 2016/02 | 03
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。