flower border

ヘッジホッグの庭へようこそ~Welcome to Hedgehog's garden

わたくしヘッジホッグ(はりねずみ)

聖水盤と七本枝の燭台

今日は昨日とは打って変わり、朝っぱらから強い陽射しが照りつける、湿気の多い夏日でした。梅雨入り前の貴重な日曜日、昨日にひきつづき、入梅準備にいそしみました。鉢替え、鉢増し、剪定などをしたあと、夏に強い一年草を買出しに、ひとりで花屋めぐりに出かけると、近所のミキちゃんから「お庭に行っていい?」とのメール。留守番のママさんに連絡して「ぜひぜひどうぞ」と返事をし、買い物から帰ると、ミキちゃんとミキちゃん...

先週の事件と悩みの枇杷

先週は、いろいろ事件があった一週間でした。1)火曜の夜、カイの耳の中が真っ黒なのに気づき、ママさんがティッシュでグイグイ拭いちゃった翌日の水曜の朝、カイの左耳の周囲がパンパンに腫れ、痛がり、また朝食を食べなくなった。2)ネエタンが軽い熱中症のような症状から、胃腸風邪になだれ込んで、火曜・水曜と会社を休む羽目になった。3)そのため水曜日のネエタンは自分の医者と同時に、カイの医者にも行かねばならず、ひ...

ある決心と宝物発見

今朝はちょっとゆっくり、8時ごろに起床しました。朝食はママさんが作っておいてくれましたが、腹が減って目覚めるいつものへっぢほっぐには珍しく、食欲がなかったので、ママさんには悪かったけれど、そのまま身づくろいをして庭に出ました。ゆうべは気持ちよすぎて、ついついビールをたくさん飲んでしまったせいでしょうか。まぶしい朝陽に目をこすりながら、ふと、花が終わったバラにお礼肥を与えようかなと、鉢植えのポンパド...

百花繚乱とらっきょう

我家から歩いて200メートルぐらいの近所に、中学校時代の同級生が住んでいることを最近知りました。正確に言えば、わたしの中学時代の親友の友人仲間で、市内のちょっと離れた場所に実家があり、20代の頃はワイワイとよく遊び、よく飲み、よく騒いだ(笑)ものですが、結婚して姓が変わって越してきたので、わたしのほうはまったく気づきませんでした。しかし彼女はもちろん気づいていて、しかもうちのママさんをよく見かけるらしく...

ブルー・イブニング・ガーデン

鳥や虫たちが飛び交い、近隣の子供たちのはしゃぎ声や、井戸端会議の奥さま方の話し声、テレビの音や日曜大工の作業音などが聞こえてくる、にぎやかでまぶしく、色鮮やかな昼間の庭。反対に、みなそれぞれの休み処に帰り、宵の準備にいそしむ、ひそやかな夕暮れ時の庭。古来から、逢魔が時、あるいは大禍時ともよばれ、魑魅魍魎に出会う禍々しい時間帯といわれる、この薄暗いひとときの庭が、じつは夜明け前のように、神秘的で青み...

2016年春のバラ・バラ・バラ!

朝晩はまだ涼しいものの、日中は夏のように暑くなってきました。バラもようやく開花が始まったものの、苦手な暑さにあっというまに咲き進んでしまうため、毎朝できるだけチェックをし、美しい姿を撮影するようにしています。というわけで、本日は25枚もの写真をアップいたしました。ほとんどバラばかりですので、あしからず(^_^;)といっても、つるバラはまだつぼみなので、なんとなく閑散とした感じ・・・・すでに蚊がたくさん発生...

カイからのメッセージ

明日はネエタンのバラ通信の予定です♪...

ワクワクの予感

カイは毎日、食っちゃ寝を続けています。ネエタンの猫トイレ管理も板につき、朝晩2回、修行中の坊さんのように、デオドラント枯山水をものにしています。フタがあるにもかかわらず蹴散らかされ外に出た砂の一部は、百均の草ぼうきとアルミちりとりで丁寧に戻され、まわりをハッカ水とエタノール入りの水でスプレーのあと、雑巾がけ。清潔にしているおかげか、毎回使用感たっぷりで、排泄物を食物にたとえて非常に恐縮ですが、おは...

リリの災難

カイの体重がすこし増えてきました。それに伴い、体力も回復してきたようで、本来の猫らしい動きを多少見せるようになりました。ネエタンの押入れにある寝床(カイ用の古布団)にも楽々のぼっちゃう!普段カイが自分で勝手に入れるよう、扉でなくカーテンにしてあるので平気一方、リリはママさんっ子なので、毎晩ママさんのベッドの専用毛布の上で寝るのよねしかし!今日ちょっとした事件が起きてしまいました。ママさんが玄関先で...

八十八夜

今日は5月1日。立春から数えてちょうど八十八日目、通年なら5月2日ですが、閏年のことしは、今日が八十八夜です。「八十八夜の別れ霜」という言葉があり、この時期になるとようやく霜も降りなくなるので、茶摘みや籾まきなどの目安になったそうです。♪夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る♪という歌もありますよね。子供の頃は、二人一組で、この歌をうたいながら手遊びをしたものですが、今の子供たちはどうなんでしょうか...