削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻酔はイヤッ 

カイはおかげさまで、なんとか元気でカイ(快)調です。
みなさま、いろいろありがとうございます。

14951.jpg
肝臓のおくすりも、ちゃんと飲んでるの

14952.jpg
腎臓病用まんまも、ちゃんとあるの。でもマズいのは却下(おいっ)

14953.jpg
だからもう、病院はおことわりよ(えっ、血液検査だけはさせて……)


まだ食はやや細いものの、がつがつ食べているし、肝臓の薬に塗る無塩マーガリンやエビオスには目がないし、ちゃんと水も飲んでいるので、結構元気です。

「カイちゃん?」と呼ぶと、「んん?」と返事もしてくれます(笑)

ただ、ママさんとわたし以外にはぜんぜん懐かない、超人見知りの猫なので、病院に行くと唸るわ暴れるわ消耗するわで、獣医師の手に負えないため、腹部エコー検査などにも「麻酔かけさせて」といわれる始末。

麻酔~~~? やめてください

麻酔にはじつは、ちょっとしたトラウマがあるのです。

カイがまだ若い頃のこと。避妊手術をした際に、まだ麻酔も切れていない包帯姿のまま動物病院から逃げ出したため、わたしは暗くなるまで付近の住宅地や学校や店舗などを必死で探し回らされたことがあるのです。

開腹手術をしたあと、しかも全身麻酔からまだ醒めきっていないのに、恐怖から、こけつまろびつも、全速力で走り去ったカイ……

呆然として立ち尽くすママさんの手元には、ファスナーの開いた保定袋……

動物病院から我家までは、車で15分の距離。傷を負った猫が自力で帰ってこられる距離ではない……

カイちゃん、どうしよう、傷が開いて失血したら。ばい菌が入ったら。車に轢かれたら。他の猫や犬に噛まれたら。もう心配で心配で、胸がはりさけそうでした。


とりあえずママさんだけ帰宅してもらい(そのころ父がまだ仕事をしていたため食事の支度に)、ひきつづき探し回っていたら、あるお宅から動物病院に、

「包帯姿でぐったりした猫が、エアコンの室外機の前で動かない」

と通報があったので、とりあえず駆けつけると、なぜか全身びっしょり濡れたカイが、目だけギラつかせ、一歩も身動きできないまま、そのお宅の室外機の前でうずくまっていました。

逃げ回っているうちに、本格的に麻酔が切れ、激痛で動けなくなったらしい。

さすが動物病院の近所のお宅、連絡のしどころをよくわかっていらっしゃる、と感激し、とりあえずお礼だけ述べてカイを引き取りました。

そして動物病院で再度診てもらったあと帰宅してから、菓子折りをもって通報してくださったお宅にお礼に行くと、何もしていないしお礼など不要と固辞されましたが、猫が見つかったことは我家にとってほんとうに嬉しくてありがたくて幸せなことなので、この喜びを分かち合っていただければ、と無理やり受け取っていただきました(笑)

******

なんだか話が長くなってしまいましたが、そんなこんなで、麻酔、といわれるとぴくぴくっと反応してしまう、ママさんとわたしなのであります。

とりあえず麻酔をかけねばならないことはお断りすることにして、なんとか血液検査だけはしてもらうつもりです。

はぁ~。

14954.jpg
ところでカイちゃん、そこわたしのパソコン椅子なので、ちょっとどいてくれませんか?

14955.jpg
あ、そう、イヤなのね……(泣)


ったく、怖がりなのに、乱暴なんだから。

こういうの、内弁慶っていうんですよねっ。

まぁいいか、元気なら。長生きするんだよ、カイちゃん。

スポンサーサイト

コメント:

No title

なんか目の前で、ドラマを見ているようでした。
(表現が上手い! 座布団3枚!)

カイちゃんの、必死に逃げる様子が見えます。
そして、ぐったり動けなくなっているのも・・・。
痛かったでしょうに・・・

うちのマー爺ちゃんも、(凶暴ネコ)です。
オス猫は、えてして凶暴だから、飼うのは(メス)が良いって言いますよね。噛みつく、引っ掻くで(水泳教室)へ行っていた頃はみっともなかったわ。

毎日、マー爺ちゃんにかける一言、「おしっこは、一歩前へ出てネ!」
(毎回、シートにお漏らし。。。。v-406

Re: No title

>アイハートブレインさま
ダラダラした文章ですのに、きちんと読んでいただきまして、ありがとうございます!
でも当時の事件そのままに書き起こしましたので、臨場感は出ていたんですね(^_^;)

あのまま見つからなければ、カイはきっと苦しんで命を落とし、我々も心の傷を負ったままだと思うと、ほんとうに今でもぞっとします。

わたしも、いまだに油断すると、手の甲が傷だらけになるので、レジでお金を出すときなど、ほんとうに恥ずかしい思いをしています……マー爺ちゃんも同じなんですね。ニャンコは愛情表現なんでしょうけど、むき身の人間の皮膚には、ほんと辛い仕打ちですよね……ウロコが欲しい、と思ったことさえあります。

マー爺ちゃん、おしっこお漏らししちゃうんですか~。しっかりした感じなのに、ちょっと微笑ましいな。でもお世話するほうは大変ですよね。わたしも覚悟しておこう。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。