削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の奥美濃・飛騨路の旅

10月になったので、約束どおり、ママさんと日帰り旅行にいってきました。

もちろん御岳はダメなので、かわりに岐阜県の奥美濃から飛騨地方をまわるバスツアーです。

市内のスーパーまでマイカーで行き、そこから観光バスに乗るので、ママさんの負担も軽く、わたしも車中でグーグー寝られるというありがたいツアー(笑)

14104-00.png
御岳さんからそう遠くない場所なので、最初はほんの少し気になったけど、行ってみたら全く問題なし。風評被害に惑わされないようにしましょうね!

さて、最初の訪問地、阿弥陀ケ滝(あみだがたき)は、岐阜県郡上市白鳥町前谷にある滝。
「落差約60m、幅約7m。昭和33年に県指定名勝となり、昭和61年には『岐阜県の名水50選』、平成2年には『日本の滝百選』に選ばれている名瀑である。白山信仰の修験道(滝行)の地である。長良川の源流の一つ、前谷川の上流に位置する」(ウィキペディアより)

14104-01.jpg
まずはマイナスイオンを身体いっぱいに吸い込みに、滝壺へ!

14104-02.jpg
不参加者もいたなか、ママさんはがんばって行くと宣言

14104-03.jpg
ゆっくりだが、しっかりした足取りで、足場の悪い急な石段をサクサクあるいていく

14104-04.jpg
阿弥陀ケ滝に到着し、余裕でピースサインのママさん

14104-05.jpg
しかしママさんが転ばないか気が気じゃなかったわたしは、すでに緊張と疲労で足がプルプル

14104-06.jpg
結構落差がある美しい滝は、マイナスイオン出しまくり。時間があれば裏側まで行きたかった。迫力ある岩盤にも視覚的な癒し効果あり

14104-07.jpg
川べりの岩盤にへばりついて咲いていたアザミ。水はあくまでも澄んでいる!

14104-08.jpg
道の脇には、漢方につかう、ゲンノショウコがたくさん咲いていた

14104-09.jpg
そのほかにも、いろいろな秋の花が咲き乱れ、さながらお花畑のよう

14104-10.jpg
「ふぅ~」がんばったママさんは、水をごくごく。気温は19度だったが、滝への往復がきつく、さらに秋晴れの日差しのせいか、汗をかいている人も多かった。

14104-11.jpg
運動の後は、お楽しみの昼食。御母衣(みぼろ)湖のほとりのドライブインへ。

14104-12.jpg
今日のツアーの目玉、マツタケ御膳♡
マツタケと国産牛のすき焼き・マツタケのホイル焼き・マツタケの御吸物・マツタケのそば、マツタケの茶わん蒸し・マツタケごはん、香の物、豆腐、さしみコンニャク、佃煮などの付き出し。フルーツ。
マツタケごはんはお代わり自由なので、わたしもママさんもお代わり~(笑)

そのあと、落花生(殻つき)のつかみ取り体験というのがあって、片手でつかめるだけもらえるというイベントがありました。混んでいたので最後に参加したわたしとママさんでしたが、まずわたしがつかむと、オネエサンが「女性でここまで取る人いませんよー」とお世辞を言ってくれ、つぎにママさんがわたし以上につかんでみせると、オネエサンはさらに驚いたふりをして、「すごいっ!!」と叫んでくれました。ママさんとわたしは、「オネエサンもうまいねー」といいながら、バスへ。

するとバス内はすでにワイワイと大騒ぎ。

「おみゃーさん何個とりゃーた(おたくは何個とれたの?)」
「わし結構取ったで。数えたら27個だわ。あんたは」
「29個もあったがねー」
「ひゃーすごいねー新記録だわー」
「そうでしょー、オネエチャンがビックリしてたでねー」

席について、こっそり数えたわたしの落花生数:32個。ママさんの落花生数:33個。母娘でだまってニンマリ。気をよくしたママさんは、食後というのにさっそくつまみ食いしてました(笑)

14104-13.jpg
車中から撮影した御母衣湖。水没した村のあるダム湖で、荘川桜の移植エピソードで有名


14104-14.jpg
お次は荘川の里。高山市荘川町(旧荘川村)は、石川県・福井県に隣接する、岐阜県きっての豪雪地帯

14104-15.jpg
白川郷の合掌造り(切妻屋根)とは異なり、四方から寄せる寄棟造りの屋根が特徴

14104-16.jpg
中はとても広い。はじめて訪れるのに、なぜこんなに落ち着くのか

14104-17.jpg
日当たりのいい縁側で、すっかり眠くなってしまい、ママさんにせかされた

14104-18.jpg
中ほどにいい感じの池が

14104-20.jpg
橋を渡ってみると、巨大な鯉がちゃぷん

14104-19.jpg
英国コッツウォルズにある、バイブリー村を思い出す

14104-21.jpg
なんというのだろう、獅子脅しの様式で、脇の小屋の中では米が搗(つ)かれていた

ここでも、美味しいみたらし団子(飛騨風)や、栃の実せんべい、温泉卵などをつまみ、おなかパンパンになりながら、次の訪問地、郡上市八幡町へ。

今回はなぜか自販機でさえコーヒーに縁がなく、ママさんもわたしもコーヒー欠乏症に陥っていたため、とりあえず郡上八幡に到着してすぐ、最寄りのカフェに飛び込みました。

セルフサービスの店なので、とりあえずレジで注文しようとしてふとみると、脇の床に誰かのソフトクリームがべっちゃりと落ちているのを発見。
14104-23.jpg

すかさずママさんが、「ここにソフトクリームが落ちてますよ」
店員さん「ああ、落ちてますね、どうしましょう」
わたし「え?・・・・・・・・あっ!」

そうだここは郡上八幡だった!郡上八幡といえば、食品サンプルの店!

「ああ、やられた~!」と皆で大笑い。よく見たら、カフェのある食品サンプルの店だったのでした。

14104-22.jpg
このソフトクリームも、サンプルよ

すこし酸味のある、香ばしくて濃い珈琲でリフレッシュをした後、店内でお土産を物色。

14104-24.jpg
冷蔵庫に貼るマグネットを買いました。美味しそうでしょう

そして本日の最大ともいえる目的のひとつ、郡上八幡に来たら買わねばならないブツを買いに、「大黒屋」さんへ!

14104-25.jpg
この「サンボシソース」が大・大・大好きなのさ

目玉焼きにもキャベツの千切りにもソースをかけ、ママさんにいたってはカレーにもソースをかけるという、ソース派の家で育ったわたしが、偶然出会ったサンボシソース。サラリとしているのにコクがあり、とってもスパイシー。全国津々浦々、いろいろなソースを試しましたが、わたしにとってのベストは、このサンボシソース。

そしてネットでは品切れ、店頭でも予約伺いという限定品「ソースのおり」が気になっていたので店のオカアサンに味見させてもらい、あまりの美味さに悶絶(笑)していたら、オカアサンは内緒で1本調達してくださいました。ああシアワセ(T_T)

14104-26.jpg
味を出すのに苦労した新製品だという、サンボシソース味のおかきも超美味♡♡


このところすっかり健康に自信を無くしていたママさんが、意外な健脚を披露し、グルメを楽しみ、わたし自身も望みどおりの品をゲットして、おおいにリフレッシュをした小旅行は、こうして大満足のうちに、無事終了したのでした。

明日は台風18号の影響がいよいよ本格的な予報。ゆっくり休むことにいたします。
スポンサーサイト

コメント:

はじめまして

ヘッジホックさん、ママさん、お初にお目に?かかります。
宜しくお願い会いします。

ご一緒に旅をさせていただきました、ありがとうございます。
ママはさんは、とってもお元気そうね。
年配の方でも、スタスタと歩くかた、いらっしゃいますよね。「オッ! すげ~」って。
初めて訪れる所って、新鮮ですよね~。
私は飛騨は(俗)な下呂温泉しか行った事が無いけど・・・道が一本隣りなんですね。
朝早くコレを見て、、、、、我が家の朝食の落差にガッカリ!
(マツタケか~~~~)何年も食べて無いよ・・・

雨の心配も無くて、楽しい旅でしたね~。

Re: はじめまして

>アイハートブレインさま
あっ、はじめまして(笑)ご覧のとおり、やせた芋切干し母と、見苦しい肉まん娘の、凸凹母娘でございます。楽しんでいただけましたでしょうか(^_^;)

おかげさまで、嘘のような晴天に恵まれ、いい旅ができました。滝歩きは、脳卒中経験者の母には危険かと思いましたが、足の悪い年配の方がさっさと先を進まれるのを見た母が「わたしも」とやる気を出したので、頑張ってもらいました。しかし母のわからないように補助しながら歩いていた(しかも肥満した)わたしは汗びっしょり(^_^;)

マツタケは外国産ながら(安いツアーなので)とても美味しかったです。お土産のきのこセットにも、1本入っていたので今夜のおかずにします(^O^)/

秋の飛騨路、いいもんですね。

秋の飛騨路

こんばんは!
郡上市八幡町・飛騨の旅行すごくいいですね。私も死ぬまでに一度は行きたいです。
落花生のつかみ取り体験 すご~い!へっぢほっぐさんとママさんお二人共手が大きんですね。お二人のバスに戻ってからの様子が目に浮かび私もニンマリさせて頂きました。
郡上市のカフェでは1本取られましたね。
自然・お食事・買い物もすごくいい旅でしたね。楽しさ分けて頂きました♪

へっぢほっぐさんブルーの洋服お似合いです!

Re: 秋の飛騨路

>うるとらとらさま、楽しんでいただけましたようで、うれしいです!
素朴な秋の飛騨路、とても楽しい旅でした。意外と見どころもありましたし、食事も美味しかったし(笑)
落花生は、最後だったのでオネエサンがコツを教えてくれたんですよ(^ー゚)ノ童心に帰った気分でした。
郡上八幡は風情のある水の都ですが、食品サンプルの店が増えていたせいか、それぞれが工夫を凝らしているような感じでした。

なんだか、どうしてもブルーなんですよね、わたし!でもブルーは暖色より少しはスリムに見える気がして、ついつい採用してしまいます~無駄なことだけど(o^^o)
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。