削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜、散る

昨晩、大事件が起きました


******

夜遅く、豪雨の音をききながら、ネットの秋植え球根の予約がはじまったので、アレヤコレヤ迷いながら、ピンクのチューリップの球根を注文。

150829-01.jpg
これ50球と

150829-02.png
これ50球と

150829-03.png
これ50球で、3種類合計150球。しめて¥6400ほど。

ポチッとしたあと、注文確定のメールを確認してから、重い瞼に我慢できなくなり、消灯。

・・・・・・どのくらいたったころでしょうか。

バリバリバリバリ、ズザザザザザザザ!!

わたしの寝ている部屋のちょうど上の屋根あたりから、ものすごい音。

びっくりして目が覚め、耳を澄ますと、相変わらずの強い雨音だけが聞こえます。

なんだろう・・・・屋根瓦が落ちたのかな・・・・それにしては割れる音は聞こえなかったようだけど・・・・

ちょっとの間ぼんやりしながらも、やっぱり気になるのでベッド脇の掃出し窓を開けてみました。

するといきなり、真っ暗闇の中から葉っぱのついた木の枝が目の前にあり、30センチぐらいしか窓は開きません。

一瞬、どこか間違った空間の窓を開けた気がしたのか、「あ、失礼しました」と訳のわからない言い訳をしてあわてて窓を閉め、混乱した頭のまま、再度ベッドへ。

これは夢か?あれは木の枝か?どこの木?なぜここに?さっきの音は?

近くの木といえば、桜とイチョウの木だが、葉っぱはイチョウではなかった。しかし桜の木は40年以上もたつ大木だし、部屋からは5メートルほど離れているはずだ。

もしや斜め前の高台の家が、この雨で崩れて桜ごと倒れてきたのだろうか!?

それとも、竜巻みたいなものが発生して、枝ごとどこかから飛んできたのだろうか!?

はたまた、でかいコウモリかアライグマかハクビシンが木の枝を引っかけたまま屋根を歩いたとか!?

150829-04.jpg
気がつけば、カイもリリもわたしの部屋に大集合して、不安げに右往左往している・・・・

大雨だし、眠いし、メンドクサイし、夢かもしれないから、このまま寝ちゃおうと思ったけれど、やっぱ変だから見に行ってみるか。

いちばん大きな傘を差し、懐中電灯を持って、まずは一番の疑惑の桜の木を照らしてみると・・・・・

ナイ!

あの大きな桜の木が、ナイ!

150829-05.jpg
(今朝の画像)

150829-06.jpg
(今朝の画像)

そうです、あの桜の木が、なんと根こそぎ倒れてしまったのです!

しかもあとで考えると、へっぢほっぐはもしかしたら、九死に一生を得たといってもよいほど、運がよかったのかもしれないのです。

なぜなら、桜の木は、一番被害の少ない場所にどっさりと倒れてくれていたのです。

図解してみましょう。

150829-07.png

ホラね、もしわたしの頭上に倒れてきていたらと思うと、ちょっとゾッとするでしょう(+_+)

でも方向がずれていたので、物干し台と物干し竿を全滅させただけで済みました。


**********


とにもかくにも、わたし独りでは片付けようのないほど、ものすごい有様でしたので、朝一番に、市内に住む弟に助けを求めました。

ありがたいことに、すぐにルトサー参上!

150829-08.jpg
あ、まちがえた、これはルトガーだったわハハハハ

こっちこっち↓

150829-09.png

ともかく、弟はあまりの状態にびっくりしながらも、チェーンソーでバリバリと枝を薙ぎ払い、汗まみれになりながら、片付けてくれました。

150829-10.jpg
水をたっぷり含んだ桜の巨木の重いこと重いこと

ひとかかえもある根っこ近くの幹は今日は無理なので、とりあえず邪魔にならない程度に処理してもらい、あとは後日、時間のある時に来てもらうことになりました。

ママさんもわたしも、ひとまずホッ。

しかしながら、子供の頃からの、愛着ある桜が死んでしまったのは、じつはとっても悲しいのです。

近所では、うちの桜が最後の一本でした。同級生があつまって観桜会もなんども開きましたし、宅配便やら何やら、時期に我家をのぞく機会のある人たちはこぞって桜をほめてくれました。

家の中から花見ができて、こんな幸せなことはない、と亡き父も言っていました。

そんな桜が、死んだのですから。

150829-11.jpg
これは3年ほど前の画像

150829-12.jpg
今年はもう根元にキノコが生えて、弱っていたのだけど綺麗に咲いてくれていた

150829-13.jpg
もう来年はみられないのね、この花も・・・・


思いもかけない最期を迎えてしまった我家の桜ですが、巨木がキライなママさんはわりとサバサバ(笑)でもちゃんと清めの塩をまいてくれていました。

ま、感傷に浸るのは今日までにして、明日からは新しい庭のことを考えましょう。

前に進むんだ!


150829-14.jpg
卵と黒砂糖の蒸しパンを、お供えかわりに焼いてみた


来週はずっと雨みたいですね。これで暑さもひと段落するとよいのですけれど。

スポンサーサイト

コメント:

No title

御屋敷のほうに大きな被害がなくて良かったですね。

桜は残念ですが、チューリップ楽しみにしてます!

。。。。。。。って、もう、チューリップの球根を手に入れる時期になったのですね。

こんばんは!

思い出深い桜の木が倒れ残念ですが、
ヘッジホッグさんが無事でよかったです。
弟さんの助けありがたいですね。

前に進むんだ!
↑↑↑そうですね(*^^)v

No title

なんと>< まずはヘッジホッグさんがご無事であった事、ほっと致しました。そして、母屋に大きな被害がなかったことも、ほっといたしました。

桜の木、ちゃんと使命を果たして、もしかして大往生だったのかもとおもいました。

皆さんの綺麗だねーの声を沢山聴いたであろう桜。惜しいですね。

チューリップ♪ 全部素敵な色♪  もうそんなシーズンになって
一年は早い!

弟さんがいてくれて、こんな時は本当に男の人の手がありがたいですね。
なんだか沢山の事を、おもわされた今日の記事でした☆

No title

大変な夜でしたね~。

老木のせいかな、、雷ではなかったですね。
雪国では、枝が雪の重みに耐えかねてボキッと折れることは有ります。
お向かいの梨の巨木が、台風で根が浮き上がり斜めになったことも有りました。
それは、片側の枝を切り落としたりして、バランスを取ってまだ生きています。

家屋や、人的被害が無かったことは、、、何よりも(不思議の力)が働いてくれたことですね。
人は、(運)と呼びますか。。。

古い命が終わると、またどこかで新しい命が生まれます。
無事で良かった、ママさんが嘆かないで良かった。

No title

木にも寿命があるんだよ、と、
植木屋の従兄弟が言っていました。

普通の家庭の庭木だと、
だいたい50年くらいかな、って。

青々と葉っぱがついているのに、
倒れる時は、倒れてしまうんですね。

犬たちからいろんなことを教わりましたが、
木からもいろいろ学ぶことがありそうです。

私も、チューリップを注文しようっと!

Re: No title

>SuzyHillさま
ありがとうございます!
家屋敷に被害がほとんどなくて、ほんとうに幸いでした。
倒木の危険性をもう少しきちんと調べておくべきでした(汗)

チューリップの球根は、そろそろホームセンターでも見かけるようになりました。
ちょっとたくさんほしいときは、ネットで早めの予約をすると安いですよ~(^ー゚)ノ

Re: こんばんは!

>うるとらとらさま
ありがとうございます!
ほんと無事でよかったと、今更ながらに冷や汗をかいています。
思い出の詰まった桜の木そのものが、今度は思い出となってしまいましたが、
桜の場所をガラリと変えようと想像してみると、ちょっとウキウキする自分がいます(^_^;)

弟がすぐに飛んできてくれて、ほんとうに助かりました。

Re: No title

>ミミハッチさま
ありがとうございます!
ほんとうに倒木の被害のおそろしさを実感しました。ひん曲がった物干し台を見て、今更ながらにガクブルです。

この木はまだ40年ちょっとなので、普通では枯れないはずなのですが、シルバー人材のセミプロ庭師がよってたかって無茶苦茶な剪定をしたせいで、徐々に内部が腐ってしまっていたため、遅かれ早かれ「枯れる」と宣言されていた、哀れな桜だったのです。可哀想なことをしたなぁ、とちょっと胸が痛みますが、これも運命だったのだと思うことにしています。

来春のチューリップのテーマは「ピンク」にしました。いちど思い切りピンクにしてみたかったのです♫

男手のありがたみ、ほんとうにこうした災害などの折には、とくに実感します。チェーンソーひとつとっても、普通の女手では木の幹に触ったとたん、腕の力が弱いので弾き飛ばされそうになりますから。役割分担というのも、大事なことですよね。

Re: No title

>アイハートブレインさま
ありがとうございます!
じつは今回は「雪国タイプ」の倒木だったようで、昨晩の大雨で重くなった枝葉にとうとう耐えかねてしまったようです。健康な桜ならまだまだ寿命はあったのに、セミプロ庭師が剪定したあと、保護剤も塗らずに放っておいたため、内部が腐ってしまっていたのです。「桜切るバカ、梅切らぬバカ」の前者のバカでございます(涙)

被害がなかったことに、母も「お父さんが守ってくれたのかな」と言っていましたが、そのあと「じつは枯れてもいいから剪定してと庭師に頼んだのはワタシ」と、今更ながらに白状したので、もともと我家には長居できなかった桜だったのかもしれません……家族でもいろいろ思惑があるもんだ、と考えさせられた一件でもありました(^_^;)

Re: No title

>みゃんこちゃん
ありがとうございます!
でもその植木屋さんは、お若いのかなぁ、50年とはちょっと短いですね(笑)無理な剪定や余計な施肥などをして寿命を縮めさえしなければ、木の種類にもよりますけど、案外庭木でも長生きするんですよ。

残念ながらうちの桜は、無理な剪定がたたって、短命で終わってしまいましたので、どちらかというと人災に近いかもしれませんね(^_^;)

計画通りにいかないのが、自然だということでしょうか。生き物から学ぶことというのはほんとうに、限りないですよね。

チューリップも水仙もムスカリもヒヤシンスも、今なら安いですから、ぜひぜひたくさん買ってくださいね(笑)

ビックリした!

こんにちは~。ちょっとご無沙汰して、失礼しました。

この春先に咲いていた木が、倒れたりするんですね!

誰もいないときに誰もいない場所に倒れてくれたのは、せめてもの木の恩返しでしょうか。

今までありがとうの気持ちで、わが身の倒れる先を考えてくれたのかなあ…。

うちの母も庭いじりは好きなのですが、落葉樹や大きくなる木を嫌います。椿やサザンカみたいなのばかり植えて、合間に脈絡なく一年草が植わっているヘンな庭です。

Re: ビックリした!

>ぢょん・でんばあさま
こんにちは!いえいえ、ありがとうございます(T_T)
枯れかかっていたとはいえ、まさかこんな形で倒れるとは思いもよりませんでした。じわじわと枯れて朽ちていくのかなぁ、と思っていましたから……ほんとうに、この春たくさん咲いてくれたのに!

仰る通り、母が下にいたら逃げられなかったろう、と思うと、夜中まで我慢して、被害を最小限にとどめてくれた桜の心意気がしのばれて、ちょっとジーンとしてしまいました。いいお言葉をいただき、感謝していますm(__)m

でんばあさんの母上も一緒ですか!やっぱりなんか似てますね(笑)うちも、すくすく伸びる大木があると「どうするつもりなの」「いつ切るの」「誰に頼むの」とうるさいことこの上なし。今朝も月桂樹のことで口喧嘩したところです。

No title

ピンクのきれいなチューリップ写真を見て、
これが各50球ぶんずつ咲いたらどんなに天国だろう・・・とうっとりしていたら
その後の大変な惨事があったんですね!ご無事でなによりです!
りりちゃんはともかく(ごめんね)あのカイちゃんまでうろたえてる様子をみて
ただ事でなかったことがよくわかりました。

母屋が無傷でほんとよかったです。
みなさんも仰っているとおり、桜の恩返しか、お父さまが守ってくださったのかも。
桜の木がお庭にあって、マイ桜でお花見ができたなんてなんてすてきだったんでしょう。
桜もみんなに見てもらって褒めてもらって幸せな桜生でしたね。

ママさんのさばけ方がすてき。さすがママさんです!そう、先へ進まなくてはねw

ご無事で何よりです

こんばんは、へっぢほっぐさん。
もう、ビックリしました。ご本人が一番驚かれたと思いますが、お怪我などなくて本当に良かったです。

桜はとても残念でしたが、新しいお庭の時代が来たのかもしれません。前に進んでくださいね。

ピンクのチューリップ、可愛くて素敵!
来春が楽しみですね。ワクワクしますね。

皆様がご無事で本当に良かった~。


Re: No title

>はなこさま
ありがとうございますm(__)m ご心配をおかけしました……。
大好きな桜だったので、そして父が植えた桜だったので、守ってくれたんだと今は信じています。母もさすがに思うところがあったらしく、今朝は根元にお酒をすこしお供えしたと言っていました。きっと自分でもすこし舐めたんじゃないでしょうか(笑)

今日も庭を通るたびに、あるべきものがなくなった寂寥感に胸がいっぱいになります。ここはどこの庭?と思ってしまいます。でもはなこさんから「幸せな桜生」という言葉をいただき、すこし心が軽くなりました。ほとんど人災で命を落とした桜でしたけど、いろいろな人たちに愛された桜でもあったんだ、と気づきました。

桜がゆずってくれた、我家で一番日当たりのよい場所に、こんどは誰を植えようかな。

Re: ご無事で何よりです

>ヨッチーさま
ありがとうございますm(__)m 
衝撃画像とともに驚かせてしまって、すみません。でもほんとうに最小限の被害でホッとしました。

考えてみれば、わたしたち家族やペットどころか、ほかの植木一本すら、生き物は道連れにしなかったんですよ、この桜。ほかのどこに倒れても、かならず犠牲になる植木があったはずなんです。

けっきょく犠牲になったのは、雨どいの一部分と、古いポリバケツと、物干し台と、物干し竿3本と、いくつかのプランターだけ。

今更ながらに、やさしい桜だったんだなぁ、と感謝の気持ちでいっぱいです。こういうことって、あるんですね。

まだガランとした場所をみるたびに心がちくちくしますけど、今まで以上に素敵な場所にしよう!と心に決めています。

No title

まぁーーー!
そんなことあるんやぁ!と思わず口走ってしまいました
立派なサクラの木、弱っていたこともあってよほど強い風が
吹いたのかなぁ?
ともかく母屋や人に被害がなくてよかったですね
他所様の家に倒れても困りますもんね

山庭の真横にも私が植えたサクラの木があります
あんまり大きくしないようにしよう
後片付け、無理されませんように
そのあとには、何を植えられるのか気になります~
教えてね(^^)

Re: No title

>スモさま、ありがとうございますm(__)m
それにしても、ほんと、まさかと思いますよね~!
たしかに当夜は大雨だったのですけど、大木が倒れるほどではありませんでしたし……もうびっくりです。
お隣さんの敷地に迷惑がかかっていたらとおもうと、背筋が寒くなります。よかったぁ……(;O;)

スモさんとこも、桜あるんですね。もし剪定された枝があったら、ぜったいに切り口に保護剤を塗ってくださいね。そして大木になってから幹にキノコやコケが生えたら、樹木の専門家に倒木の危険性がないか、調べてもらったほうがいいです!

後片付け、もう少し涼しくなってからやることにしました。ちょっとしたアイデアがあるんですよ(o^^o)

桜のあとは……大きく育つ樹木はやめて、株立ちになる木か、2メートルぐらいにおさまるウツギ類でも植えようかと思っています。また報告しますね~(^O^)/
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。