削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひな飾り

昨晩は小学校時代の同級生の新年会に参加し、地元の中華料理屋で盛り上がりました。

久しぶりに飲みたかったので、20分ほどテクテク歩いたおかげで、遠慮会釈なくナマチュウで乾杯!

4杯目を飲んでいたところで、知らぬ間にジョッキが冷酒のコップに変わっていたのに気づかず(笑)、そのまま隣の半エロオヤジ化した男子(?)をボコりながらしゃべりまくり、すっかり調子に乗ってしまいました。

後半に出てきた激辛台湾ラーメンを食べた途端に食欲が出て、残っていた青菜炒めや春雨サラダをかきこみ、冷酒を数杯あけ、ウーロン茶で締めて、また20分の道程をふつうに歩いて帰宅。そのあと水をがぶ飲みして、パソコンを開き、テレビを観ながら「あんなに飲んだのに、なんで酔っぱらわないんだろう?」と思いながら眠気とともに就寝。

しかし今朝起床したら、久しぶりの二日酔い(笑)

ちゃんとふつうに酔っぱらっていたようですが、ほんとに久しぶりだったので、気づかなかっただけらしい。齢ですかね(^_^;)

というわけで、なんか頭痛いし気持ち悪いなぁ、と思いながら、冷えた朝の庭に出て、鳥用のバナナと穀物、ひまわりの種をセットし、今年初めて顔を出した、スノードロップに挨拶しました。

16207-01.jpg
一番乗りね

16207-02.jpg
そうこうするうちに、キジバトがさっそく朝ごはん


朝食後(二日酔いでも食べるのだ!)は、昨日やるつもりだった、お雛様飾りの組み立て開始。じつは何年も出していなかったのですが、毎年毎年ママさんから「出して~」と言われ続けていたので、今年やっと飾ることにしたのです。

自業自得とはいえ、よりによって、二日酔いの朝に。

16207-03.jpg
父の生前に出したきりなので、自分で組み立てるのははじめてさ

16207-04.png
組み立てはわりと得意なんだけど、なんか変

16207-05.jpg
見た目はいいんだけど、全体的に前のめり・・・・

ここで気づきました。床の間の段差を考えていなかったことに。そこで慌てて書棚に走り、百科事典を左右に2冊ずつ、手前の台の下に敷きましたら、水平になりました。ホッ。

16207-06.jpg
行方不明だった緋毛氈もママさんがみつけました

16207-07.jpg
ここでひと休みしたら、さっきのキジバトが平らげた皿の上にすわりこみ、じっとたそがれてた・・・・ぜんぶ食うなよ~


さていよいよ、人形の飾りつけです。

16207-08.jpg
お内裏様と、お雛様
首だけ抜いて保管してあったので、箱を開けたとき腰を抜かしそうになった

16207-10.jpg
三人官女(美しい両脇は独身なので眉アリ)

16207-09.jpg
三人官女の真ん中(既婚者なので眉ナシおはぐろでちょと怖い)

ちなみに髪の白い部分は、はみ出た綿でございますが、下手に触るとめちゃくちゃになりそうなので、そのままにしてあります。

16207-11.jpg
五人囃子は、うちのは太鼓・大鼓・小鼓二人・笛というメンバーですが、太鼓だけ髪型がおかっぱなのはなぜでしょう

16207-12.jpg
イケメン右大臣

16207-13.jpg
翁ちっくな左大臣

16207-14.jpg
三人衆(仕丁)の両脇は同じ顔

16207-15.jpg
真ん中だけが、なぜか色白端正(わたしにとっての『南総里見八犬伝』の犬坂毛野はこんな顔)


16207-16.jpg
ぼんぼりも点いた!

16207-17.jpg
あれ、菱餅って、こんな場所だったっけ・・・・・?

そのほかにも、刀が2本、太鼓のバチみたいなのが4本、あまってしまった。

ネットでしらべても、いろいろなやり方があるようなので、なかなか合致しない。

なにしろ半世紀以上前のお雛様なので、飾りつけ説明書などどこにもない。

ぼんぼりの薄絹や、金屏風の裏紙などは、手で触れただけでビリッと破れてしまった。

とはいえ、思ったよりくたびれてなく、汚れてもなく、なかなか美しいお雛様で一安心。

ママさんも「いいねぇ」と久しぶりの邂逅にとてもうれしそう。

お雛様たちも、久しぶりの空気に、どこかうれしそう。


*******


来年からは、組み立てに苦労しないよう、いろいろ写真にとって保存することにしました。
そして飾りつけの説明書きのようなものも作っておこうかな、と。

こうして何らかの形で、ずっと後世にまで残ってくれたらいいですよね。


*******


昼ごはんに、信州五割そばをかけそばにして食べたら気分がよくなり、晩ごはんには、山盛りサラダとピクルス、スパゲティミートソースに手羽先をもりもり食べることができました。

さて、明日からまた、がんばろう!




スポンサーサイト

コメント:

No title

おおっ 素敵ですーーー!!!!
お雛様のお顔が、どれもみなすっごく上品^^
ママさん、嬉しかったでしょうねーー。
お雛様のある風景。良いモノですね^^

そして二日酔い、直ってほっ^^

たまにはいいのだ―――!

No title

ああ、飲んでも飲んでも、酔わない日が有るけど・・・
血液内は酔っているのかねえ。。。
飲んでも、正気で居るつもりってのも・・・酔いのせいかな。

「矢でも鉄砲でも持ってこい!」ってか?(笑)

お雛様ね~。
もう、怖くて出せません。。。
(恨み)の目 されてるんじゃないかと。
いっそ、どこかへ寄付したいんだけど。
前に「お手持ちが有ったら、寄付して下さい」と呼びかけが有って、
暫くしたら、(5組ほど)飾ってあったのね。
見たら、どれもうちの物より(高級品)。

持って行かなくて、良かった~と思った次第。

Re: No title

>mimihaさま
ありがとうございますーm(__)m
今となっては古いお雛様なので、最近のとはちょっとちがう顔ですよね。初孫だったわたしのために母方の祖母が奮発して買ってくれたとかで、母はそれは愛着があるようなのです。ずっと忘れていた風景ですが、やっぱりいいものだなぁと感じています。

一年に一回、この地元の新年会だけは飲もうと思っているのですが、考えてみれば毎回二日酔いになっている気がします。でもま、たまにはいいですよね、ね!

Re: No title

>アイハートブレインさま
ほんと今回は当日はちっとも酔った感じがしなかったので、なんでだろうと思っていたのに、きっちり酔っぱらっていたとは(笑)
傍から見たらベロンベロンだったのでしょうか・・・(^_^;)

お雛様、仰る通り、久しぶりだと開けるのがとっても怖かったです(それだけに、首のないお内裏様とお雛様を見て心臓が止まりそうになったのです、笑)。そういえば戦前生まれの母(長女)は宮付の立派なお雛様をもっていたそうですが、終戦後アメリカ人の夫婦が欲しいというので、親が供出してしまい、ほんとうに悲しい思いをしたとかで、わたし以上にこのお雛様には愛着があるようです。

最近は、寄付されたお雛様をずらりと飾る場所が増えましたね。とても見事な眺めだそうですが、そういう保存の方法もなるほどひとつの方法だなぁと思います。高級な雛さんばっかりじゃつまんないですよきっと!

こんにちは!

楽しい新年会でしたね。♪♪
二日酔いはつらいけど楽しい時間が
過ごせることは最高ですよ~

へっぢほっぐさんのお雛様を見たら雛段の組み立てを母が頑張ってくれてたのを思い出しました。
眉ナシおはぐろは既婚者・・・そうなんですね。私のお雛様もそうだったのかな?
もう実家にもないので確認できませんが・・・
ちょっと子供の頃に戻りたい気持ちになりました。

Re: こんにちは!

>うるとらとらさま
はい!久しぶりに飲み食いしゃべり、どつき(笑)まくりました!小学校の同級生たちなので、まったく遠慮も見栄もなく、ワイワイガヤガヤ騒げるのなら、多少の二日酔いなどなんてことない、という感じでしょうか(笑)

お雛様、もうお持ちではないのですね……眉なしおはぐろの官女さん、だいたいのお雛様にいらっしゃるようですが、関東と関西ではいろいろちがうこともあるようです。名古屋は微妙な場所でどちらも有り、なんですが、我家のはどうやら関東系のようです。

何十年ぶりかで飾ってみたお雛様ですが、子供の頃は毎年飾っていたせいか、まるでずっとそこにあるかのように、すぐに馴染んでしまいました。まじまじと見つめたり触ったりなどせず、そこにあるのがふつう、のような感覚。ずっと実家にいるわたしですので、余計にそう感じるのでしょうね。

思い切って飾ってよかったです(^O^)/
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。