削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラス犯

長い一週間がおわった日曜の朝。

ゆうべの夜更かしもあって、朝寝坊を夢うつつで楽しんでいたへっぢほっぐの耳に、異様な音がひびきます。

トン、トトン、トトン、トン、トン・・・・・

トトン、トン、トン、トトン、トン・・・・・

何かが窓ガラスに当たる音でしょうか、また樋がこわれたとか、雨風で変なものが飛んできたとか。なにしろ我家は築半世紀以上の古い平屋なので、近所の中でもひときわ屋根が低く、雷だけは絶対に落ちない自信だけはあるという建物です。

出窓貧乏のわたしにとって、また修繕箇所がでてきたのは苦しいなぁ・・・・・いやだなぁ、確かめたくないなぁ・・・・・

のろのろと、温かい布団の中から起き出し、すでに陽光がさんさんと降り注ぐ廊下の端から、音のするほうをのぞいてみると、


なんと磨りガラスに鳥のシルエットが!

鳥が、鳥が、ガラスをつついていたのです!

そっと、しかし、しつこく!


16228-01.jpg


はなこさんが、いみじくも「ソロモンの指輪」のことをおっしゃっていましたが、まさにビンゴ!だったのです。

まちがいなく、ヤツラはわたしに

「エサはまだか!」

と毎日うったえていたわけです(笑)

このところ毎朝、だいたい7時半ごろにエサをセットするのですが、今日は朝寝坊していたため、8時を過ぎていました。そのたった30分が、ヤツラには我慢できない時間だったのです。

あわてて寝間着にダウンを引っ掛け、リンゴの輪切りと穀物とひまわりの種をセットしたところ、各種野鳥がすぐに飛来し、ガツガツと食べ始めました。

そして人間様はそのあと、珍しくまだ寝ているママさんの様子を確認してから、朝ごはんの仕度。ふたりそろって、テレビを観ながらゆっくり朝食を楽しんでいると、またあの音。

トン、トトン、トトン、トン、トン・・・・・

トトン、トン、トン、トトン、トン・・・・・

こんどはママさんと一緒に、そっと覗いてみると、やはり鳥が窓ガラスをつついています。

ママさんは、以前保護して育てたヒヨドリのピヨちゃんだと主張しますが、(2013年1月6日の記事かつて保護したヒヨドリの話を』をご参照ください)、確証はありません。たしかに大きさからいえばヒヨドリのようですが、最近はシロハラもいるので、大きさだけでは特定できないし、飛び去る姿が早すぎて、動体視力の劣った我ら母娘には、生で見ても判別できないのです。



今日は日曜日だからと、特別にもういちどミカンの古いのをセットして、サンルームにもどると

16228-02.jpg
あれ、ヒヨドリの隣に違う鳥がいる!(網戸にピントが合ってしまい見づらいですが、右がヒヨドリ、左が違う鳥)

近づくとヒヨドリは飛び去りましたが、新顔は知らん顔。もしかしてガラスはこいつか!?

16228-03.jpg
よくよく見ると、ムクドリみたい(てか、これもピントがずれている、笑)

16228-04.jpg
やっぱムクドリだ(画像は拝借物)


ムクドリなら新顔ではないけれど、ちょっと久しぶりに見ました。でももしこいつがガラス犯だとすると、以前からいたのですね。

ママさんはやっぱり、ピヨちゃんだわ絶対!と喜んでいます。

ま、そういうことにしておきましょう。

やっぱりソロモンの指輪が欲しいかも。

スポンサーサイト

コメント:

No title

ガラスをつついて催促!
すごく積極的。
鳥って賢いですね。

エサがないと、窓ガラス近くの枝にとまって、
部屋の中を覗き込むかのようにして、
首をかしげているヒヨドリやスズメ、
あれは、「ごはんはまだか」のアピールでしょうか。



Re: No title

>みゃんこちゃん
積極的と言うのか、厚かましいというのか(笑)
野性のたくましさを垣間見た気がします。ほんと賢いですね。

おたくの部屋をのぞきこむヒヨやスズメもきっとそのうち、
コンコントントンやるかもしれませんよ(^O^)/
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。