削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルー・イブニング・ガーデン

鳥や虫たちが飛び交い、近隣の子供たちのはしゃぎ声や、井戸端会議の奥さま方の話し声、テレビの音や日曜大工の作業音などが聞こえてくる、にぎやかでまぶしく、色鮮やかな昼間の庭。

反対に、みなそれぞれの休み処に帰り、宵の準備にいそしむ、ひそやかな夕暮れ時の庭。

古来から、逢魔が時、あるいは大禍時ともよばれ、魑魅魍魎に出会う禍々しい時間帯といわれる、この薄暗いひとときの庭が、じつは夜明け前のように、神秘的で青みがかかった美しい姿を見せていることに、ふと気づいた今日の夕暮れ。

16515-01.jpg
空気が青く染まっている不思議な時間

16515-02.jpg
いつもの庭と、ちょっと違う

16515-03.jpg
ジギタリスもひそひそ声で咲いているかのよう

16515-05.jpg
デルフィニウムの青が夢見るような儚さをかもしだす

16515-04.jpg
透明な空気感が心地よい

16515-06.jpg
ようやく開いたロマンチックなバラ、ピエール・ド・ロンサール(Pierre de Ronsard/ルネサンス期のフランスの詩人の名)も、昼間よりさらにロマンチックな雰囲気

16515-07.jpg
昨日紹介した、バースの女房も、ますますたおやかに見える

16515-08.jpg
ブルームーンは、その名の通り、夕暮れ時のほうが美しく妖しく色が浮かびあがる

16515-09.jpg
聖火の花びらも、触ると溶けてしまいそうな繊細な色合いに

16515-10.jpg
ほの暗い光がやはり似合う、夜明けという名のニュー・ドーン(New Dawn)

16515-11.jpg
緑のグラデーションも青のベールで色合いが変化し、涼しげ

16515-12.jpg
この世界も、ほんの数分間のはかなさ

16515-13.jpg
白の浮き立つこと

16515-14.jpg
この魅惑的な世界を伝えられる、芸術的才能があればいいのに

16515-15.jpg
もうすぐ宵闇がせまる、この時にますます香り立つハニーサックルや八朔の花


ほんのわずかな青のひとときが、心を洗ってくれるような気がします。

天使のくれた贈り物、またひとつ増えました。




スポンサーサイト

コメント:

No title

(逢魔が時)なんて言葉をご存知だなんて、、、へっじほっぐさんも、物知りね~。(笑)

(深呼吸したくなるような宵)ですなぁ~。
花たちもそっと(花びら)を折りたたみますよ、蝶が羽をたたむようにね。
そんなゆっくりとしたひと時を味わえる休日が、(晴れ)で良かったですね。

No title

私も、この時間の青い空気が好きです。

思い出せる限り古い、子供のころに見た夢で、
群青色の空に、白い鳥の羽が、
光りながら渦を巻いて飛んでいる景色が有るんです。
まるで白黒の無声映画のようなんですけど、
群青色。とってもきれいで忘れられません。

夕闇のちょっと前、白い花、花のかおり。
なんだか不思議な時間ですよね。
ヘッジホッグさんとは感性が近いのかもv-238

「クチナシは夕暮れに香る」実話です。よろしかったら。
http://ohanaroom.blog87.fc2.com/blog-entry-83.html

No title

今日のヘッジホッグさんは詩人になつていましたね~^^
しょして、かいちゃん。元気になってなにより嬉しいよぉーーー!  バラ達もみーんなきれいだし、❤
そして、芍薬には、私も目が無くて、きれいなのよねーー^^
大きくて、どーーんと咲いて、香りもよくて^^
しかも根は漢方薬の当帰芍薬散。私の30代はこのお薬で
たすけられたのでしーーー^^

Re: No title

>アイハートさま
いえいえ、最近はこうした妙な(?)言葉は出てくるのに、肝心なときに肝心な言葉が出てこなくなって困っています(笑)

うちは高い壁に囲まれている低い庭と家屋せいか、高台の周囲のお宅より早く夕暮れが来るようです。夕日はぜんぜん見えない代わりに、青い薄暮がけっこう長いため、こうした発見がありました。いいこともあるんですね(*^。^*)

庭で深呼吸して、ゆったり静かに歩く時間が、とっても貴重です。

Re: No title

>おはなさま
不思議で美しい夢の記憶をお持ちなんですね。なんの情景なんでしょうか・・・・

わたしの一番古い夢は、片側に店や家が立ち並ぶ、ほそく湾曲した道路の曲がり角に、青屋根の洋館が建っていて、道路を走ってきた幼い私が、そこの家の前で建物を見上げて立ち尽くしているというものです。今でもはっきり覚えている不思議な夢。これもなんの情景なんだか・・・・

おはなさんとは、いろいろ境遇も考え方も、どこか似通っているところがある気がしていますので、そうおっしゃっていただいてとっても嬉しい~~\(^o^)/

ご紹介の実話、さっそく拝見させていただきますね。ありがとうございます。


Re: No title

>ミミハッチさま
詩人だなんて、や~~~~ん照れる~~~(#^.^#)
でもどんな凡人でも詩人になれるような、素敵な夕暮れの発見はほんとうにうれしいものでした!

カイはちょっとババ臭いところがあるものの、元気でほんとうによかったです、ありがとうございます~~m(__)m

芍薬って、漢方薬だったんですか!?びっくり。植物の世界は、まだまだ深いなぁ・・・・

No title

わたしもこの青い時間が大好きです。
白いものがブルーに見える時間。
植物たちもうっすらブルーにそまってなんとも言えなく美しい。
でも、写真に撮るのがすでに難しい時間帯でもあるんですよねi-201
それに見る見るうちに過ぎていってしまう。

魑魅魍魎に出会う禍々しい時間、なんですか!
むしろ天使や妖精に出会えそうな感じなのに・・・

こちらは日が伸びてきて、青の時間はどんどん押しやられていますw

Re: No title

>はなこさま
ブルーの時間、いいですよね!しかも一日の内ほんの一瞬のこと。はかないゆえの美しさでもあるんでしょうか……。
他にも、雪が降り積もった満月の夜なんかも、ブルーで信じられない美しさですよね。ドイツではきっと、名古屋地方より普通に青い雪景色が見られると想像しています。羨ましいな……>^_^<

昔の人々は、情報が少なかっただけに、怖がりな人は怖がりなりに、いろいろと想像を膨らませ、魑魅魍魎なんて、おどろおどろしくも豊かな世界を創造していたのでしょうね。そして能天気(?)な我らみたいな人は、天使や妖精とか(笑)

こちらはドイツほど昼間は長くなりませんが、もう熱帯夜の気配を感じます……夏嫌いのへっぢほっぐにはイヤな季節です(;_:)



非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。