削除

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い宝石

明日は立春。そしてその前日である今日は、節分ですね。とても暖かい朝でしたので、今日は庭仕事。花壇の縁取りに育ち過ぎた「竜のヒゲ」を移植する作業を行いました。

水仙やチューリップの芽もちらほら見えはじめた庭ですが、まだまだ冬枯れの様相です。冬は日当たりも悪いため、寒からず暑からずの調節可能な服装で、風邪をひかないよう気を付けました。

crapemyrtle
これは、百日紅(サルスベリ)の種。
suifuyo
こちらは、酔芙蓉(スイフヨウ)の種。


1302031
この「わさわさ」した厚みが、球根類を駆逐してしまうので、移植することに。

我家のこの竜のヒゲは正確には「玉竜」という葉の短い品種のようで、根は浅く、わりと簡単にはがせます。しかしやはり厚みがあるため想像以上の重労働。鍬をふるってめくっていくのですが、運動不足の腕も腰もガクガクです。また、球根のあたりにもぐんぐん入り込んでいるため、水仙の球根などをいくつか真っ二つにしてしまいました(涙)

1302032
でも、なんとか綺麗に取り去りました。もうヘロヘロですわ。

冬の木の実といえば、ナナカマドや千両・万両など、赤い実が多いのですが、じつはこの竜のヒゲは、宝石のような青い実をつける、数少ない植物の一つです。季節柄たくさんの実が成っていたため、作業中についつい見とれてしまうほどでした。

1302033
びっくりするほど、美しいでしょう。

1302034
わさわさした葉に隠れているので、普段はあまり目立たない。

1302035
目的はないけど、あまりにも綺麗なので、ちょっと集めて皿に乗せてみました(笑)


さて、取り去った竜のヒゲはどうしたか?という疑問にもお答えしておきましょう。売るほどあるため、オークションにでも出したいところですが、面倒なのでパス。べつの場所の灌木の根元にぽいぽいっと置きました。穴を掘って植えようかと思いましたが、もう電池切れでしたので、ただ置いただけ(笑)

1302036
竜のヒゲは強靭なので、たぶんこれで根付くと思います。グータラ・ガーデナー向きですね。


竜のヒゲを取り去ったあとは、土をすこし調整して、柔らかいハーブでも縁取りに植えようと思っています。ミミズもたくさんいるフカフカの土なので、これで草花も好きなだけ植えられ、ちょっとうれしい。

しかし、もっと喜んでいたのは、肉食系、黄色いくちばしのムクドリくんです。わたしがほじくり返した場所を、さっそくつついて何やら食べていました。
1302037
ヒヨドリと同じか、少し小さいぐらい?とにかく歩き回ります。

1302038
あわててレンズの汚れを取ったつもりが、余計に汚れてボケちゃった(汗)


ほんとうは、もう少し頑張って、花壇に牛糞堆肥をまぜ、薔薇に肥料をやろうと思っていたのですが、情けないことに力仕事でもう体力なし。おやつを食べたあと、このブログをアップしているという有様です。

でもいいの、今年のテーマは「頑張らない」(笑)


ちなみに、今日のおやつは、これです。

1302039
ようやく甘くなってきた、金柑(キンカン)。超ウマいから、丸かじりだぜ~。
これから毎朝、出勤途中にガブリだぜ~。種はぺっぺっと庭に吐き捨てだぜ~。


最後に、庭仕事中にママさんが、「かわいそうに、トカゲが木の枝の上で、凍死しているよ」というので、嫌な予感がして見にいったら、サルナシの枝に、ニホンカナヘビさんがブッ刺してありました。まちがいなくモズの「はやにえ」でございます。しかもまだレアな感じなので、刺したてのほやほやでしょう。

画像はやめておきますね(笑)








スポンサーサイト

コメント:

No title

こんにちは!
体調良くなられたのですね。
春になる前にお庭の整理すこしづつ、頑張らない程度に(笑)されたんですね。私もしようと思いながらまだバラの寒肥も施していません(汗)
やっと古い枝落として今、植替えしようかと悩んでいます。
 それから私事ですがお正月から食事制限して4Kg体重減らしたんです!へっぢほっぐさんに報告したかったの(笑)しか~し、旅行でバイキングでいやしく食べてしまって胃が大きくなりまた2Kg戻りました。また勝手に報告させてください。
 

4㎏はすごいですね!

>ケセランパサラン7さま

いや~すごいじゃないですか、差引マイナス2キロということですね。2キロのお肉を落としたケサランさんに、逆に2キロ増やしてしまったわたしも自白、いや報告します……主治医に「血糖値下がらぬが薬増やすか?」「いやもう2週間待ってくだされ」の繰り返しではや2月に……今度こそ、今度こそとがんばっているつもりが、さきほど豆大福をひとつ食べてしまって(涙)これから「その場とびジャンプ50回」とラジオ体操やります。

また定期的にぜひともご報告をお願いいたします~。それをはげみに、わたしも頑張りますから(涙目)

No title

では正直にまた報告します~
その場とびジャンプですか(笑 笑)

No title

こんばんは、へっぢほっぐ さま

竜のひげの実、久しぶりで見ました。
実家のあちこちに生えていましたが、これが、土留めに適していることを知りました。
しっかり根を生やし土の流出を防ぐことから昔から重宝されていたとか。

ムクドリも大好きなんですね。子供の頃、独特の匂いがするので嫌いでした。
きれいな青い宝石?
きっと、青と白の器と調和してるから?

匂いますか?

>オガル^^さま

こんばんは~。竜のヒゲは常緑で扱いやすく、土留めに役に立ちますよね。重宝されていたのがよくわかります。しかしどんどん領土を広げるため、花壇の縁取りには適さないのだと、最近ようやくわかりました(笑)
ムクドリは、ミミズや甲虫の幼虫を食べていたんですよ(*^。^*)この青い実を食べる鳥は見たことないです……すると、なんのための青色なんでしょうね?

誰が食った?

きれいな青、輝く青は何のため?

野鳥が食べる?一応野鳥が好きだと言うことで実験しましょう。
でも約一年後の話です。忘れてなければ。

この秋、大分先ですが、庭に野鳥の餌場を作って鳥たちを呼ぼうと構想を練っています。
野鳥は子供の頃から身近にあって、例えば冬の食料とか、もちろん今は殺生していません。
そんな子供時代があったので、餌場を設け、恩返しをしたいと思います。

共存共栄いいですね

野生動物との共存のあり方が問題視されている昨今ですが、それ以前に、身勝手に排除してきた歴史もその問題の一因となっていることを、もう少し人間も考えたほうがいいかもしれませんね。野鳥を冬の食料にしたり、逆に越冬の一助をになったり、そうしたご経験や目論見(笑)は貴重で健全だと思います。とにかく野生動物に慣れていないんですよね、今の時代のわたしたちの多くは。

子供のころ、我家の玄関にリスが遊びに来ていたり、冬の朝は雉のつがいが目の前を歩いていたり、マムシが墓地の土手で大量に日向ぼっこ(?)していたり、もう少し自然に寄り添っていたような気がします。

長くなりましたが、ご成功をお祈りします。眺めもいいでしょうね~。
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。