削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の記事で紹介したご先祖様の写真をくれた、埼玉在住のママさんの一番上の兄、キヨシ伯父が亡くなったとの知らせが届きました。

今日、たった一枚の官製はがきで。

兄弟姉妹の誰も重病だなんて知らされておらず、しかも一か月以上も前に亡くなっていたなんて!

uncle kiyoshi


しかしどうなの、家族葬って、こういうものなの?

葬儀に出てくれるな、香典も遠慮しろ、焼香も挨拶もいらない、っていうなら、文句は出るかもしれないけど、結局は故人の遺志を尊重しますよ。

でもさ、血のつながった兄弟姉妹にぐらい、せめて亡くなったことをすぐに知らせてあげたっていいんじゃないのかなぁ。

バアチャンの葬儀の際、長男として挨拶をされた伯父なんですよ。うちの父の葬儀にもちゃんと来てくれたし、とても知的で優しい伯父だったんです。お別れぐらいしたかった。

「いったいどうゆう神経してるの」

と思わず口走ってしまったわたしが、おかしいんでしょうか。

ちなみに、ママさんたち姉妹は、「もともと家族葬にすると宣言していたし、気を遣われると嫌だからあえてここまで先延ばしにしたんだろう」と良いように解釈し、今後はいっさいつき合いもしないと決めたそうです。

でもこっそり涙ぐんでいたママさん。わたしはそれを見て見ぬふりをして、このブログを書いているわけです。


しかし、もうひとつ、ギョッとしたことがあります。じつはキヨシ伯父の弟、トミオ伯父が、ちょうど一年前の同じ日に、この世を去っているのです……!
(2014.06.21の記事「トミオ伯父のデスク」をご参照ください)

なんでしょう、この偶然。子供のころから腕白で成績もオール5でガキ大将のツートップとして君臨していた、一つ違いの仲良し兄弟だったそうなので、不遇のうちにこの世を去ったトミオ伯父が寂しくて「兄ちゃん」を呼んだのでしょうか。


□■□■□■□■□■□


そういえば、うちの父の一周忌の法要の案内をしたときに、父より二つ下の弟(わたしの叔父)が、「もちろん出席させてもらうよ」と電話で話した翌日、心臓まひであっとういまに亡くなってしまったということもありました。

父たち兄弟の姉である伯母は、「子供のころは、田んぼや畑で、二人で子犬みたいに、いつまでもじゃれあって遊んでいたぐらい仲が良かった。きっと呼んだんだね、仲良しの弟を」と涙ぐんでいたものです。

本当にそうだ、こんな偶然あるはずがないもの、とそのとき思ったものでしたが、今回はまったく同じ日。1年365日あるうちの、よりによって同じ日。

ついでに言えば、伯父がくれたご先祖様の写真がひょっこり出てきたのも、何かのサインだったのかもしれない。

あの世がないなんて、誰が断言できますか?
びっくりするぐらい古い写真が出てきました。

もうかなり前のこと、母方の伯父から、わけてもらったものです。

たしかまだ数枚ありましたが、押入れのどこかに眠っています。

Ban3.jpg
ママさんの祖父。若くして亡くなったため、ママさんは会ったことがない。名古屋市内、今のテレビ塔あたりで薬局をしていた家で、薬剤師を継いでいたとのこと。
おそらく、明治25~30年あたりの写真ではないかと思います。

わたしからすると、母方の曽祖父、つまりヒイジイチャン、ということになります。

Ban4.png
ひいじいちゃん

真面目で温厚な優等生タイプだったとか。早死にとはいえ、二人の男児を遺しています。

このうち長男がママさんの父、すなわちわたしのジイチャンですが、45歳で早死にしたので、わたしも知りません。ジイチャンの写真ももらったんだけど、見つからないので、見つかったらまたアップさせてもらいます。


さて、もう一枚の写真は、さらに古いものです。

Ban1.jpg
ひいじいちゃんのお父さん、つまりママさんのひいじいちゃんと、息子たち。
左が長男(ひいじいちゃん)、右が次男かと思われます。
おそらくは、上の写真より10年ぐらいさかのぼる、明治15~20年ぐらいの写真です。

わたしからすると、真ん中の男の人は、高祖父、すなわちヒイヒイジイチャンになるわけです。

Ban2.png
ひいひいじいちゃん


写真というものが発明されて以来の、いわゆる近代の歴史上の人物の写真は数々ありますが、自分と血のつながった人々の写真をみるのは、なんだか不思議な感じがします。ちょっと怖いような、温かいような、複雑な感じ。今ここでブログなんぞを書いてホニャララしているわたしも、100年先には過去の歴史に埋もれてしまうんだ、という無常感のようなものと、だからこそ大事に生きなければという、責任感のようなものが、ぐるぐるととぐろを巻いて、おなかの辺りにうごめいていて、ちょっと気持ち悪いような……。


******


広島の災害は、想像をはるかに超えた悲惨な状況で、かける言葉もみつかりません。

その中で、家族を亡くしたご遺族が、泥の中にうもれた家屋から、アルバムを見つけ出したという記事を読み、いろいろと考え込んでしまいました。東北の災害でも、アルバムどころか、何もかも流された方々が、自分の人生の記録がすべてなくなってしまった、と嘆かれていましたが……。

そこで、できるだけ自分にとって貴重な写真類は、ネットサーバを利用して保存しておこう、そう心に決めました。


ま、たいていはどうでもいい写真なんでしょうけどね~(笑)

でも自分にとってはいい思い出になるんだから、いいよねなんでも。

たとえばこんなの↓

kai 824
獣医で爪切りと血液検査に暴れ回り、すっかり疲れ切って粗品のアルミホイルを枕にくつろぐカイ
(アルミホイルは、獣医でもらったわけではありません)

ママさんが入院している間、ママさん子のリリはとっても良い子でした。

なぜならネエタンは猫好き・散歩ギライで面倒臭がり屋のため、ちょっとでもワガママをいうと干されるかもしれない、とワンコなりに思案したからです。

おしっこの時間を2時間忘れられても、じっと我慢。 (ネエタンの言い訳:広い庭があるんだから、自分で何とかしろよ)

キライなフードだからぷいっと横を向いても「ああこの缶詰キライなの?そりゃ残念だったね~」と言ってスタスタ去ってしまうから、しぶしぶ完食。 (ネエタンの言い訳:1個税抜128円もするんだから)

散歩ルートはネエタンの都合で決まるから、先走ってリード引っ張られて首がオエッとならないよう、ネエタンより半歩下がってついていった。 (ネエタンの言い訳:人間より先に歩くんじゃねえ)

ネエタンでも帰宅してくれるとすっごくうれしいから、わーいわーいとはしゃぎまわって膝に乗ると、30秒だけ我慢してナデナデしてくれたあと、「くっさー」とすぐ下ろされた。(ネエタンの言い訳:30秒もガマンするんだから勘弁して)

147184.jpg
なんかこう……微妙にヒドイの。ママさんどこ?ねーどこ?

147185.jpg
アタシはあんまり関係ないんで・・・


そして昨日18日、ママさんついに退院しました。「栄養士の先生と栄養相談があるから来てください」と言われ、有休を取っていたわたしが、約束の14時に病院に行くと、ママさんすでに荷造り完了。

「あれ、退院も今日だったっけ?」

「そうだよっ!」
 (ス、スンマセン)

ワンコの世話も適当で、ここぞとばかり一人暮らしをのびのびと満喫していたわたしの頭の中がバレたような気がして、一瞬しまったと思いましたが、なんとか誤魔化して無事栄養相談も終わり、荷物も車に詰め込んで、一路自宅へ。

5分後、ころがるように駐車場にすっとんできた、白い毛玉があったことは言うまでもありません。

147186.jpg
ママさんだママさんだママさんだママさんだ♪♪♪

ところが、ママさんの帰還により、やっといつも通りの日常が戻ってきた、とばかりに大喜びでママさんにベッタリしていたリリでしたが、2週間の慣れというのはおそろしいもので、ママさんがいるにもかかわらず、ついついキライな缶詰を完食してしまい、庭で単独トイレをし、わたしの部屋で寝てしまうリリなのでありました(笑)


147187.jpg
アタシはあんまり影響ないんで・・・


まずはお知らせですが、勝手ながら、しばらくブログを休止させていただきます。

理由はいくつかありますが、まずはママさんが先週、脳出血を起こし、入院したこと、そして無事、後遺症もほとんどなく、土曜日に退院したものの、わたしとしては再発の恐怖が拭い去れないため、徹底的に食事療法をおこないたいということです。

ママさんの出血箇所は手術のできない脳幹の近くで、担当医も「医師として、この場所から出血したのに体が動くのが信じられない」とおっしゃるほど危ない場所だったのです。父の命日に発覚したので、まさに父が守ってくれたのだとママさんもわたしも信じています。

しかしながら、前の硬膜下血腫とは違い、外的要因ではない出血のため、血圧・血糖をきちんとコントロールしないと再発するかもしれないし、こんど場所が悪ければ大変なことになる、と思うのです。

さいわい、多少ろれつが怪しく、すこし足元がふらつくぐらいで、食欲もあるし問題ないのですが、やはりショックで神経過敏になっているママさんを見ると、なんとかしなきゃ、と自分の健康問題も含め、いろいろと考えて実行していこうと決心せざるを得ません。

たまにブログに書きなぐって、ストレス解消のよすがとさせていただくこともあるかと思いますが、基本的にはブログから少し離れます。従いまして、皆様のすてきなブログへのご訪問も、しばらくはご無礼させていただくかと存じます。それでも楽しみが欲しいときは、こっそりのぞかせていただきますね!

それにしても、年老いた親と暮らすということは、こういうことなのだ、と実感しています。自分が役に立つとは到底思えませんが、それでもできる限り、健康的に生活していくため、庭も活用していくつもりです。なんとか心身ともに楽しめる生活パターンを構築したいと目論んでおります。

そういうわけですので、みなさまもどうか、お元気でお過ごしくださいね。



さて、今日の庭です。今日から、やぶ蚊が発生しました。ここ2日の大雨と高気温で、とうとう今年もお目見えです。

135124.jpg
クレマチスが満開。これはHFヤング(一重)とキリテカナワ(多重)の2種が咲いています。
あまりにも似ているので、ほとんど区別がつきません。
遠くには、ワインカラーのジャーマンアイリスが。

135122.jpg
大雨で花びらがちょっと傷んだけど、西洋芍薬も開花。きれいです。

135123.jpg
今年最初のフレンチローズ。いい香りです。

135121.jpg
屋根に遮光布をかぶせて日光をカットしたサンルームは、カイのお気に入りベッド。
いろいろな格好で、のびのびネンネしています。


庭仕事も、もちろん楽しみながら続けていきます。ブログ再開したあかつきには、その成果もまた披露させていただけるよう、コツコツ頑張ろうと思っています。


あまり心配しないでくださいね。今は無事ですので。未来のために、頑張るだけなのです。

それでは、どうかお元気で! またお会いしましょう!


へっぢほっぐ拝
今日はママさんの誕生日です。

13470.jpg
武士の情け、何回目かは、伏せておこう(笑)


ママさんはアレルギー体質で、抗生物質にもアレルギーがあるし、どうやら花粉症もあるらしく、毎年この時期は体調がいまいちなんだそうです。今年もやはり、まぶたの裏がゴロゴロするのと、咳が止まらないので、あまり芳しくないと言っていますが、それでもなんだか例年よりはマシだとか。

娘のわたしとしては、不整脈・脳梗塞・硬膜下血腫を患いながらも復活し、後遺症もなく杖のお世話にもならず、元気に過ごしてくれていることが、ほんとうにうれしいし、ありがたいことだと感謝しています。

体調が狂いやすいのはともかく、しかしながら、この時期はほんとうに美しいですよね。桜をはじめ、春の花がたくさん咲き誇り、世界が喜びに満ちあふれています。誕生花が「ヒイラギ」や「クリスマスローズ」という、わりと地味な季節に生まれたわたしとしては、とってもうらやましい限りです。

といっても、今日は吹き飛ばされそうな嵐で大変でしたが(笑)

桜は散ってしまったので、昨日に引きつづき、今の庭の主役、ちうりっぷ(バカ)をもう少し。

13471.jpg
球根類は自分で栄養を蓄えてくれるから楽。グータラガーデナーには最適

13472.jpg
これが散ると、ハーブ類がぐんぐん伸びてくる

13473.jpg
ミズナの菜の花は、葉も花も繊細で、アブラナとは趣がちがう


今日はひさしぶりに名古屋の中心街にショッピングに行き、栄ラシックの「まるは食堂」でランチを楽しみました。ママさんのリクエストです。あとはセレクトショップでネイビーのカーディガンを。この二つが、今年のバースデー・プレゼントになりました。

まだまだ元気で、楽しいことをいっぱい味わって、どうか元気で長生きしてくださいね、ママさん。


13475.jpg
リリはママさん命なの

13474.jpg
カイもママさんが大好き


03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。