flower border

ヘッジホッグの庭へようこそ~Welcome to Hedgehog's garden

わたくしヘッジホッグ(はりねずみ)

入梅準備

カイはおかげさまで、なんとか元気に毎日を送っています。ゴハンもよく食べ、薬も飲み、エビオス錠もパリポリ食べ、天気がよければ庭を歩き、キャットミントをかじってトイレも済ませるという、今までの生活に戻った感がありますが、体重がまだ少ないので、抵抗力に不安が残るところです。「ごめん寝」も復活!*******さて、東海地方はとうとう梅雨入りしました。今日は朝早くから、蚊取り線香を庭の5ヶ所にセットしたあと...

先週の事件と悩みの枇杷

先週は、いろいろ事件があった一週間でした。1)火曜の夜、カイの耳の中が真っ黒なのに気づき、ママさんがティッシュでグイグイ拭いちゃった翌日の水曜の朝、カイの左耳の周囲がパンパンに腫れ、痛がり、また朝食を食べなくなった。2)ネエタンが軽い熱中症のような症状から、胃腸風邪になだれ込んで、火曜・水曜と会社を休む羽目になった。3)そのため水曜日のネエタンは自分の医者と同時に、カイの医者にも行かねばならず、ひ...

百花繚乱とらっきょう

我家から歩いて200メートルぐらいの近所に、中学校時代の同級生が住んでいることを最近知りました。正確に言えば、わたしの中学時代の親友の友人仲間で、市内のちょっと離れた場所に実家があり、20代の頃はワイワイとよく遊び、よく飲み、よく騒いだ(笑)ものですが、結婚して姓が変わって越してきたので、わたしのほうはまったく気づきませんでした。しかし彼女はもちろん気づいていて、しかもうちのママさんをよく見かけるらしく...

ブルー・イブニング・ガーデン

鳥や虫たちが飛び交い、近隣の子供たちのはしゃぎ声や、井戸端会議の奥さま方の話し声、テレビの音や日曜大工の作業音などが聞こえてくる、にぎやかでまぶしく、色鮮やかな昼間の庭。反対に、みなそれぞれの休み処に帰り、宵の準備にいそしむ、ひそやかな夕暮れ時の庭。古来から、逢魔が時、あるいは大禍時ともよばれ、魑魅魍魎に出会う禍々しい時間帯といわれる、この薄暗いひとときの庭が、じつは夜明け前のように、神秘的で青み...

隠したいほど咲いちゃった?

熊本の大地震のニュースを重苦しい雰囲気で見ながら明けた朝、スズメたちの鳴声にさそわれて庭に出ました。恐ろしいことが起きようが、悲しいことが起きようが、辛いことが起きようが、変わらずやってくる朝。残酷なほどに。「それでも地球は回っている」そんな言葉を思い出しながら、人間の悲しみや恐怖に関係なく差し込んでくるまぶしい朝陽を浴び、スズメたちに穀物のおすそ分けをしました。するとぢーぢーとさえずりながら、あ...