削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は名古屋能楽堂の正月特別公演に行って来ました。

ついでに熱田神宮にお参りに行きたいとママさんが言うので、まずマイカーで名古屋城まで行き、土日に路駐できる道路に車を止めてから、地下鉄で神宮へ。

結構な人並みで、露店もずらーり。携帯を忘れたというママさんが、はぐれないよう、しっかり腕にしがみついてくるので(笑)ゆっくり歩きながら拝殿へすすみ、お参りをしました。

1513-00.jpg
名古屋はわりと暖かい晴天で、歩きやすかったね

1513-01.jpg
ママさんが写してくれたんだけど、また鳥居の上が切れてる(笑)


人垣に疲れたので、神宮の隣にある名鉄百貨店に逃げ込み、お手洗いをすませたあと、コーヒーで一息。元気を取り戻したあと神宮境内をひとめぐりして、また地下鉄に乗り込み、栄のセントラルパークで天ぷらそばを食べてから、名古屋城の名古屋能楽堂へ入りました。

新春に「翁(おきな)」を観るのは久しぶりなので、わくわく。ふつうの能とちがって、独特の形式ですすむ翁の演目は、不思議な感覚をよびさましてくれます。

1513-02.jpg
今日の公演チラシ

1513-03.jpg
もちろん上演中は撮影禁止

1513-04.jpg
ママさんは観世流の謡の稽古を30年つづけていたので、懐かしそう

******

さて、翁(式三番)の演目は次のようになります(ウィキペディアより)。

<序段>
      1. 座着き:笛の前奏によって役者が舞台に登場する。
      2. 総序の呪歌:一座の大夫が、式三番全体に対する祝言の呪歌を謡う。
<翁の段>
      1. 千歳之舞:翁の露払役として若者が舞う。
      2. 翁の呪歌:翁が祝言の呪歌を謡う。
      3. 翁之舞:翁が祝言の舞を舞う。
1513-05.jpg
(※今日の公演画像ではありません)

とうとうたらり たらりら
たらりあがり ららりとう
ちりやたらり たらりら
たらりあがり ららりとう(神歌)


<三番叟(さんばそう)の段>
      1. 揉之段:露払役の舞を三番叟自身が舞う。
      2. 三番叟の呪歌:三番叟が千歳との問答形式で祝言の呪歌を謡う。
      3. 鈴之舞:三番叟が祝言の舞を舞う。

1513-06.png
(※今日の公演画像ではありません)三番叟は、狂言方が演じます。

動画サイトでいい映像がないかと探しましたが、「翁の段」は見つからなかったので、マンサイさんの「三番叟」を貼り付けます。興味のある方は、適当にご覧ください(笑)



今日の舞台は、正直言って、重めで冗長な翁だったように感じられ、失礼ながら眠気もおそってくるほどでした。ママさんなんか思い切りグーグー(笑)

「老松」のほうは、荘厳な松の精の序の舞と、美しい白髪に黄金の装束が、とても神々しくてよかったです。

1513-07.png
(※今日の公演画像ではありません)
「老松」の最後のくだりには、「千代に八千代にさざれ石の巌となりて、苔のむすまで」という一文があるのです。


ちょっと疲れてしまって、ケンタッキー・フライド・チキンを買って夕食はごまかし、帰宅後はグーグー寝てしまいました。しかしながら、ひさしぶりの初春らしい演目に満足し、三が日を終えることができたと思っています。ちょっと高くついたけど(^_^;)




台風一過の秋の夜長、いかがお過ごしですか。

急に寒くなった名古屋地方、薄手のシャツ一枚ではたまらずカーディガンをはおり、京都土産に頂いた、温かく香り高い日本のやぶきた紅茶を飲みながら、パソコンに向かっております。

しかしながら、天高く馬肥ゆる秋、何を食べても美味しくてたまらず、いつの間にか体重が増えつつあるのが辛いところ。

金はたまらずとも、脂肪はたまる。いとも簡単に。

今夜も紅茶のお供に、ついついクッキーなど……と行きたいところですが、血糖値に問題がある我が身、そういうわけにもまいりません。紅茶はウマイ、しかしハラは鳴る。つらいのぅ……

わたしには、そんなときを乗り越える特効薬があります。

シルヴィ・ギエムのボレロです。

かのジョルジュ・ドンのボレロではなく、シルヴィ・ギエムのボレロです。これがまた、もの凄いんです。食べてる場合じゃないっ!と強く思います。

冒頭の、ややもするとまだるこしい部分のない動画を見つけましたので、ここでご紹介させていただきましょう。

シルヴィ・ギエムは今年49歳のフランス人女性バレエダンサー。2015年いっぱいで引退を宣言しています。

silvieguillem.jpg
美人ですわね

ご無理のない方だけで結構ですから、どうかわたしに10分だけ、いただけませんでしょうか?

それでは、よい夜をお過ごしくださいませ。






咳が3月からずっと止まらない。気管支の奥がむず痒くて、なんだか、喘息になりかけている感じがします。

やばいなぁ。

医者に行っても治らない(薬が効かない)ので、なにか処方が違っていると思うのだけど、持病の薬とインスリンで毎月1万円もの出費があるので、もう呼吸器専門医にかかる余裕が今月は、ない(笑)

しかしふと、去年、ママさんがやはり長いこと咳が止まらず(とくに夜間)、特製の塗り薬を作ってあげたことを思い出しました。そうだ、ママさんはそれで治ったのです。

さっそく戸棚をガサゴソ。幸いその塗り薬に使った「三種の神器」、まだ持っていました。

vme.jpg
 「ワセリン」 「ハッカ油」 「ユーカリオイル」

皿にワセリンを取り、ここにハッカ油とユーカリオイルを数滴たらして、ねりねり。

そしてその軟膏を、のどから胸にかけて、できるだけ広範囲にぬりぬり。

すると体温でオイルが気化し、鼻から気管へと入っていくのです。たぶん皮膚からも。

さきほど一度咳き込みましたが、なんだか少し楽になった気がします。しばらく毎日、これを塗布して寝ることにしよう。

今度こそ治るといいな、マスクは暑くて辛い時期だから……


〇◆〇◆○◆○◆○


今夜は、なぜかアメリカのロックバンド "Heart"の古いアルバム"Dog and Butterfly"を聴いていました。 日本文化のテイストを中途半端に効かせていたりして、いい感じの曲が多いのですが、とくにヴォーカルのアン姐さんではなく、妹のギタリスト、ナンシーがヴォーカルを取っている「ナダ・ワン」という意味不明な、ギターの美しい曲がけっこう好きです。

歌詞を見ても、何が言いたいのかぜんぜんわかりません。ニホンアイシテマス的な雰囲気とファンタジックで、どこかけだるい雰囲気が、おもしろいの。



Fire eye flashin' bright
Come again into my dream tonight
Don't fade away when the mornin' comes
Fadin' in the sun
Nada One, Nada One

Moonshone silver in your eye
Shown on my midnight blues from the sky
Paint the night with love till the burnin' sun
See the colors run
Nada One, Nada One

Mornin' come down on me
Wanderin' through the endless street
Nobody seein' where I've been
Nobody feels what I've done
Nada One, Nada One

Look inside I find
Your song flows around my mind
You are as real as I feel
You are the moon in my sun
Nada One, Nada One


なんだか眠くなったでしょう。それでは、おやすみなさい。

ママさんは7人兄妹。長男・次男・長女(ママさん)・次女・三女・四女・五女という構成です。

五女のふっちゃんは、わたしとちょうど12歳、すなわち一回りしか違わない年齢差で、しかも背の高いところも顔かたちもよく似ているので、ママさんの実家の近所のおばちゃんたちに、よく間違われたものです。ママさんまでたまに間違えます。おい。

長男キヨシ伯父、四女みっちゃん、五女ふっちゃんは首都圏在住なのですが、先日みっちゃんとふっちゃんがばあちゃんの墓参りを兼ねて泊りに来てくれました。二人とも忙しいようで、たった一晩のお泊りで残念でしたが、次女のくみこ叔母も加わり、ママさんはことのほか大喜び、わたしも久しぶりの賑やかさにほんとうに楽しい時間を過ごしました。

二人ともなぜか、突然の訪問だから、と謝ってばかり、ふっちゃんは先日、なんとブランドの素敵なバッグをお詫びを兼ねてと送ってくれました♪ いやいやいやいや、迷惑どころか、大歓迎なのに~~!

次回はぜひ、もう少し泊まってもらって、一緒に遊びたいなぁ。ここらは陶磁器の里の近くなので、陶芸でも一緒にわぁわぁ楽しみたいものです。

146100_20140614181123f59.jpg

しかし、次男トミオ伯父さんだけは、残念ながら昨年夏、家族に捨てられ、不遇のうちに病死してしまいました。この伯父のことは、また後日、機会があればぜひお話ししたいところですが、わたしにはとても優しく、よく可愛がってくれました。

そんな伯父が、高校時代に母にギターが欲しいとねだったわたしに、とりあえずこれで練習すればいい、と古いクラシックギターを譲ってくれました。

古いギターだなぁ、ちょっと汚れているし、と当時のわたしは少し不服でしたが、それでも磨いて、見よう見まねで弦を張り替え、ポロンポロンと弾いていました。

146141.jpg
今もまだ大切に持ってる

その後、はじめてのバイトでエレキギター(レスポールモデル)と小さいアンプを買いましたが、弾いたり弾かなかったりして、やがてお蔵入り。そうこうするうちに壊れてしまったので、そのまま知人の弟さんに譲ってしまいました。

そしてまた、この古いギターだけが残ったのですが、先日来てくれたふっちゃんが、「これ、わたしが買ったギターだ!」と驚きの発言。

いまでこそOLをしているふっちゃんですが、じつは歌手としてのキャリアは長く、三重のグランスパー長島のステージで歌ったこともあるほどです。そんなふっちゃんが、最初に買ったギターであり、単身上京後は実家にまだいた伯父がそのまま持っていて、わたしに回ってきたというわけです。

ふっちゃんもびっくり。わたしもびっくり。きっとギターもびっくりしたことでしょう。

こうした歴史があるこのギター、さすがにオブジェにしておくわけにはいきませぬ。

それでもこの数年は、すっかりご無沙汰でしたので、先日久しぶりにチューニングして弾いてみたら、指先が紫色に腫れてしまいました。ああ、懐かしいこの感触……

146143.jpg
古いリュート音楽が好きなので、とりあえずバロックのタブ譜の楽譜を弾いている……けど……

146144.jpg
ふんとはこっちが好きなんだぜぃ!ぜぃぜぃ!!(誰のマネ?)

今では堅くなった手のひらと紫の指で、歯を食いしばって「鳴らんやないか!どうなっとんじゃい!」と、Am(エーマイナー)コードですらまともに押えられず、脇にいた猫に悪態をつくという情けなさ。

しかし、20代のころは、ちゃんと弾けたんですよ、Led Zeppelinの"Stairway to Heaven"が~~~!


ああ蘇るあの頃……しかし最後のエレキ部分は、さすがにちょっと弾けなかったな~不器用すぎて(ニヤニヤ)


146145.jpg
ツェッペリンは、リアルタイムで好きだったバンドじゃないけど(世代がちょっとね)
こんな汗臭いギタリストも……

146146.jpg
いまや柔和でイギリス英語のしっくりくる、落ち着いたおぢさんになっていた……わたしも齢とるわけだわな。


とりあえず、昔取った杵柄(というほどのレベルではなかったが)で、安物の譜面台を買い、足を組んで、この古いギターと格闘しています。

また趣味が増えちゃったさ……どれも中途半端だけど(^_^;)

精神的にも元気になってきた証拠、ということでどうでしょうか。

しかし時間が足りない。あ~~あ。

「今なら1万円のキャッシュバック」という甘言にまんまと釣られて、長年視聴してきたWOWOWを解約し、4月からケーブルテレビを視聴しています。

もともとケーブルネットを使っていたこともあり、工事費がかからないのも決め手で、テレビ・ネット・固定電話まとめてのお安いプランに加入。クレジット払いにしたので、支払金額もわかりやすくなりました。

しかし、ケーブルテレビがこんなに楽しいとは~! ヤバい。ヤバすぎます。

映画チャンネルも多いし、ドラマチャンネルも豊富、しかもミステリーチャンネルなんかでは、渋い英国ミステリードラマなどもしつこいほど放映してくれるし、BBCやCNNなどのニュースチャンネルもあり、「カリスマ・ドッグトレーナー」や「My cat from hell」などの動物ものもあり、ほんとわたしにはツボすぎて困るほどです。これなら有料でも惜しくない、かな?

そのなかでも、特にハマっているもののひとつが、クルマ関係の番組です。なかでも英国の「クラシックカー・ディーラーズ」という番組は楽しくて仕方がありません。
1463wheeler.jpg
名車のなれの果てともいえるボロボロの車を営業担当のマイク(小さいほう)が入手し、ときには部品も調達し、メカニックのエド(大きいほう)が修理し再生し磨きをかけ、またマイクがそれを売って儲けはいくらいくら、という番組で、マイクの交渉術もおもしろいけれど、やっぱりレストアの達人ともいえるエドの解説付きの過程が、むちゃくちゃ面白い!

もともと英国の「トップギア」という番組の大ファンなのですが、ケーブルテレビでは見られないようで(BSフジで毎週放映されているけど)、かわりに「トップギアUSA」が放映されているので、これもたまに見ます。
1463usatopgear.jpg
もうね、無茶苦茶なことをやるの。いろいろな車を使って。

1463topgear.jpg
しかしやはり、本家本元の「トップギア」が最高!とくに英国式トリオ漫才ともいえる3人の掛け合いがわたしにとっては、ド・ストライク!!日本を舞台にした回もYou Tubeで見られますが、ほんとに笑えます。


こうなると、一日が24時間ではとても足りません。先日買ったKindle も楽しいし、庭仕事もやりたいし、遊びにも行きたいし、でも暑いし、眠いし、おなかすくし、カイシャにも行かねばならないし(笑) せめて1日36時間ぐらいは欲しいですよね……


あ、そういえば、Kindleも使い慣れてくると、先日手芸した自作の専用ポーチにちょっと不満が出てきました。先日も医者の待合室で夢中で読んでいたとき、呼ばれたのに気づいて、あわててポーチに仕舞おうとしたら、仕切りが邪魔でちっとも仕舞えず、なんだかバッグのなかがぐちゃぐちゃになってしまいました。手帳とボールペンと一緒に入れているのが、あまりよくなかったみたいです。実用性は、使ってみないとわからないものですね。

なので、もっとすっきり出し入れしやすいポーチを100円ショップでもうひとつ調達しちゃった。
14631.jpg
大人の黒に、余っていたリボンレースを縫い付けてみました。これなら出し入れ簡単。

14630.jpg
今はCarl Saganの"Cosmos"を読んでます。辞書がポップアップ式でとても便利。英英辞典にも切り替えられます。また調べた単語は自動的に「単語帳ファイル」に入れられるので、あとでチェックできます。グータラなわたし向きかも(笑)

14632.jpg
ケーブルテレビにKindleで、生活がかなり変わってきました。ほかの生活習慣もこの機会に全面的に見直して、持病の改善に役立てたいなぁと思っています。オリジナル文書もメール経由でKindleに入れて閲覧できるので、週間献立なども作成してみようかな。

体調は万全ではない(咳が止まらない…もしかして百日咳?でも医者は何も言わない)けれど、なんだか楽しい毎日が戻ってきた感じがする今日この頃。ちょっとしたことをきっかけにして、また元気に走り回れたらいいと思っています。

03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。