削除
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜あたりから、急にカイの体調が悪くなりました。

ご飯を食べず、血の気も失せ、熱があるようです。

ガリガリの骨と皮になってしまったので、ママさんが昼間、洗濯ネットに入れ、歩いて新しい獣医さんのところへ連れて行ってくれました。羽のように軽い猫になってしまったので、ママさんでも楽々だったのが悲しいところ。

16423-00.jpg
それでも点滴を受けたときは、やっぱり暴れたらしい・・・・フラフラなのに大丈夫?


甲状腺の検査をお願いしたところ、やはりホルモンの数値が異常に高く、なおかつ心臓の鼓動が早いので、場合によっては何が起こるかわからない状態だと言われました。でも病院が大嫌いな猫なので、あまり無理強いすると病院で死んでしまうこともあるから、用心しなければなりません(以前飼っていた腎不全だったチビが、病院の駐車場で苦しみだし心臓発作で死んでしまった)。

そしてトイレ(庭)に行けなくなったらしく、金曜の夜はわたしの掛布団の上、昨晩はわたしの寝室の前の廊下に大量の排尿をしてしまったので、今朝からあわてて納屋からニャンコトイレを出し、廊下に設置しました。歴代のニャンコが使ってきた古いトイレ砂でしたが、さっそくサクサク砂をかく音がしたので確認したところ、ちゃんと使ってくれていました。ホッ。

とにかく何でも食べてもらわなければと、無塩バター、無塩マーガリン(体に悪いがカイの好物)、ホイップクリームなどを用意し、暇さえあれば舐めさせていましたら、今夜からすこし缶詰フードを食べる量が増えてきました。歩いて好きな場所にのぼり、眠ったりもしています。ちょっと安心です。

あとどのくらいカイの命がもつのかわかりませんが、お別れはそう遠い将来ではないかもしれません。だからこそ、なんとか薬を飲んで、カイが痛くないように、苦しくないように、できるだけ気持ちよく過ごしてもらえるよう、お世話しようと思っています。

グッタリしても、「カイちゃん」と呼びかけると、のどをゴロゴロ鳴らし続けます。こんなによくゴロゴロいう猫はないくらいです。ほとんど鳴かない猫だからでしょうか。かわいいものです。

そんなわけで今日はすこし調子がよさそうだったので、お庭に誘導してみたものの、二、三歩進んだだけで、すぐ踵を返してサンルームに戻ってしまいました。無理は禁物ですね。

今はご飯を食べて、バターも舐めて、おこたの中でスヤスヤ気持ちよさそうに眠っています。


********


日中はとても暑く、まるで夏のよう。

おかげでカイも寒がらず、ありがたいものの、庭の花々もすこし暑そうです。

16423-01.jpg
今は遅咲きチューリップ「エレガントレディ」が真っ盛り

16423-02.jpg
「アップスター」は終わり、向こう側の「アンジェリケ」も散りはじめた

16423-03.jpg
でも花期が長くてほんとうに楽しませてもらった

16423-04.jpg
大好きな色の組み合わせの寄せ植え

16423-05.jpg
この黄色はなんと、チューリップなのにフリージアのような香りがする

16423-06.jpg
いつの間にか、アヤメが咲いていた

16423-08.jpg
つるバラの根元にも10年来の球根が開花

16423-07.jpg
黒バラ『ルイ14世』も咲いたのに、暑さで開ききっちゃった

16423-09.jpg
コデマリも開花し、雪のよう

16423-10.jpg
ヒメウツギも開花したけど、通路の草がもじゃもじゃね(^_^;)


美しい庭の季節、カイもなんとか、持ちこたえてほしいなぁ。

庭を歩いてくれたらいいのになぁ。

また庭に行こうよ、カイちゃん。

ご心配をおかけしましたママさんの部分入れ歯飲み込み事件、意外な方向で解決いたしました。
ダラダラ書くのも何ですので、ここは簡潔に箇条書きにしてご報告いたします。

1)歯医者に行って事情を説明した。
2)先生には「じゃ、入れ歯修理しますね」とだけ言れた。
3)不思議に思ってよくよく見たら、部分入れ歯のほとんどはそのまま口の中にあった
4)要するに一番パニクっていたのはママさん本人で、
5)大口開けて食べたサンドイッチ以外は、何も飲み込んでいなかった。
6)即日修理完了。マスク星人脱却。

ということでございました。お騒がせしてすみませんでしたぁぁぁぁ(恥)


******


さて!

そんな粗忽なママさんも、昨日4月7日に誕生日を迎えました。まだなんとか70代、元気で過ごしてほしいと、コージーコーナーの桜ケーキにロウソク立てて、欲しがっていたブローチをプレゼントにして、お祝いをいたしました。

そして今日は、以前から申請してあった有休をとり、ママさんを連れて東山動物園へGO!昨晩の大雨で桜はどうかなと思いつつ、金曜日なのに意外に混んでいた正面駐車場を避け、本日は北側駐車場にとめ(¥800)、北門から入場しました。

1648-01.jpg
今日は写真いっぱい載せますよ~~なんたって30枚以上アップしましたから、どうかお覚悟を。しかも鳥類は後日にまわしましたので(笑)

北門からはシンリンオオカミやアメリカバイソンなどが近いのですが、そこらはチラリとみて、すぐにコンドル方面の道へ向かいました。

1648-02.jpg
プレーリードッグが可愛らしくお出迎え

なぜコンドル方面に向かったかというと、最近とみに有名になったニシローランドゴリラが見たかったからです。

1648-03.jpg
そう、苦み走ったイケメンゴリラ、シャバーニでございます

1648-04.png
案内板を確認せずとも、この黒山の人だかりがすべてを物語る

1648-05.jpg
シャバーニだ~(ちっさ!)

1648-06.jpg
シャバーニだ~(こちらもちっさ!)

1648-07.jpg
動きがキレッキレで追いつかない

1648-08.jpg
しかしここからが本番。しぶ~~~~!

1648-09.jpg
ゴリラなんだが、ゴリラじゃないみたい

1648-10.jpg
なんだろう、この迫力・・・・


とにかくシャバーニ人気はけっこうなもので、室内と室外両方を行ったり来たりするシャバーニに合わせて、人間も走る走る(笑)むかしの東山動物園には、たしか自分のフンを投げつけるという、すさんだゴリラがいたと記憶していますが、時代は変わったものです。

ちなみに園内のショップでは、シャバーニカレンダー、シャバーニタオル、シャバーニマグネットなど、商魂たくましいグッズが並んでおりましたが、買いませんでした、もちろん(^_^;)

1648-11.jpg
隣にはオランウータンがハンモックの上にいた

1648-12.jpg
段ボールかぶって何やってんだか


1648-13.jpg
大好きなネコ科は、まずライオン。この雌ライオン、奥の雄に向かってゴロニャンゴロゴロ。春だなぁ

1648-14.jpg
群れるライオンとは別格の孤高のトラは、やはりどこか厳粛な雰囲気・・・・・

1648-15.png
・・・・では全然なくて、爪をガシガシペロペロ

1648-16.png
そして猫のように顔をフキフキ(可愛い、耳の間の額を撫でたい~~!)←死ぬぞ

1648-17.jpg
1.5メートルぐらいの近さから、あまたの人間に眺められても泰然としているこのニャンコは・・・・

1648-18.jpg
ジャガーのオスなのね。でもなぜアスカ(手書きの名札がほのぼの感)

1648-19.jpg
隣の檻では、ユキヒョウがぼやーっと座っていた

1648-20.jpg
この子は別のユキヒョウ。名前はユキチ

1648-21.jpg
そしてこれは、ヤマネコのムサシ

1648-22.jpg
結局どんな猫かさっぱりわからなかったマヌルネコ(あとでググろっと)

1648-23.jpg
ここはママさんの好きなアシカのコーナーだが

1648-24.jpg
誰一人として起きてはいない

1648-25.png
裏返っているものまでいる

1648-26.jpg
コアラは相変わらずぜんぜん可愛くない(個人的見解)

1648-27.jpg
今日は曇りがちで風が強かったので、さすがにボートは人気なしでビシーっと並んでいる

1648-28.jpg
小鳥とリスの放し飼いスペースでは、動きが早くてよくわからない人(我ら)のためにか、ケージ飼いもしてくれている

1648-29.jpg
こども動物園では、ヤギ一部放し飼いで、有料エサやりもできたが、わたしは撫でるだけ撫でた

1648-30.jpg
ミニブタとスズメ

1648-33.jpg
ウサギ

1648-31.jpg
アルパカ(♪)もいたが、柵の直前でどっかり座ってしまい、オジサンが困っていた

1648-32.jpg
子供がもっていたヤギエサをエサに、なんとかお仕事(笑)

1648-34.png
ヒツジとヤギが仲良くエサを食べていると、奥からもう一匹のヤギが接近

1648-35.jpg
なぜかわざわざエサの下に潜り込み、すり抜けるかと思いきや

1648-36.png
そのまま座り込んでしまった

1648-37.jpg
桜はほとんど散ってしまい、花びらの絨毯になっていた



ママさんも久しぶりの動物たちにうれしそうでしたが、ほぼ全園を朝11:00から15:00までかけてまわったので、さすがに帰りは疲れてぐったり。階段やスロープも多かったので、わたしも足がちょっとした筋肉痛です。

ちょっと寒かったけど、いい一日でした。

車で30分ほどの距離の我家近辺では、桜はまだ満開です。

土曜日の朝一番で、JAに乗り込んだわれら母娘、ちょうどリンゴを仕分けていたオニイサンに交渉し、疵物を格安でわけてもらいました。10個ほどみつくろってもらい、360円。もう少しのあいだ、鳥たちにおすそわけできそうです。

16327-00.jpg
傷んでない部分は、みずみずしくて美味しいので、いくつかはへっぢほっぐの胃袋へ


さてこの冬、我家に飛来してきた野鳥のうち、果物派は4種類います。

古株からいうと、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラです。

しかしこのところ、この4種類の力関係が、以前のそれ(「ピヨたちの庭」をご参照ください)とは違ってきています。ヒエラルキーが変わってきたのです。


16327-01.png

*―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――*
16327-02.png


上記のように、つまりは最小最弱のメジロのメメタンが一抜けしたため、中型3種類が共存する状態となったのですが、ここにきていよいよ、強者弱者の力関係が鮮明になってきました。

今現在は、ムクドリはヒヨドリを蹴飛ばし、ヒヨドリはシロハラを蹴飛ばし、シロハラは結局なすすべなく、地面をウロウロしておこぼれを待つという関係が定着しています。

まるで『とりぱん』のつぐみんのように、生ごみを漁るシロハラの名は、「スズメ目 Passeriformes/ツグミ科 Turdidae/ツグミ属 Turdus/ シロハラ T. pallidus 」。やはりつぐみんの仲間だったのですね(笑)

とはいえムクドリとヒヨドリは年中ここにいる留鳥、シロハラは北へ帰る渡り鳥。いわば余所者というわけです。暖かくなる4~5月ごろには北へと旅立つシロハラ、もう少しの辛抱でしょうか。

16327-03.jpg
エサ台と花桃の木に刺すリンゴは食べられないシロハラのために、毎日かけらを地面に置くと、必ず寄ってくる

16327-04.jpg
ちまちま食べている

16327-05.jpg
エサ台のリンゴはムクドリ夫婦が占拠中

16327-06.jpg
メスは花桃のほうにも移動し、足でリンゴを器用に押えながらの余裕の食事

16327-07.jpg
スズメは穀物エサ派なので、お互いに意に介せず完璧な共存っぷり

16327-08.png
ムクドリ夫婦が終わるのをこっそり物陰からうかがうヒヨ


ムクドリが去るとすぐにヒヨドリが食べはじめますが、季節がすすんだせいか、寄り道ヒヨドリが遅刻する場合が多くなり、すこしタイムラグが発生するようになりました。するとその隙にシロハラがエサ台にのぼるものの、だいたいがほとんど食べないうちに、遅れてきたヒヨドリに思い切りキックされはね飛ばされています。ワンコなら「キャインキャイン」と鳴くところです。

16327-09.jpg
蹴飛ばされたシロハラは、地面をウロウロ

16327-10.jpg
虫を探すふり(?)をしてウロウロ

16327-11.png
ようやくヒヨドリが飛び去ったようだ!

16327-12.png
念願のエサ台のお時間です・・・・・が・・・・


16327-13.jpg
やっぱ落ち着かないのか、花桃のほうのリンゴをツンツンし

16327-14.jpg
なんと地面に落としてしまった

16327-15.jpg
そして下のほうをキョロキョロしたあげく


16327-16.jpg
落したリンゴに直行

16327-17.jpg
美味しそうにシャリシャリ

16327-18.jpg
こんなクズリンゴ(笑)をまたあとで食べに来る

16327-19.jpg
リリが近くにいても、シロハラたん平気だったね


そういえば、ヒヨたちが見向きもしない、たわわな南天の実をちまちまと全部食べつくしたのは、キミだったね。

キンカンのしげみに隠れ、低空飛行をし、地面をウロチョロする姿が可愛らしいし。

まだしばらくは、リンゴのカケラを地面に置いておくから。

きっとまた来年もおいでよね。


ルトサーから、先日撮影したという画像をもらいました。


なんでも、川べりにいた弟から少し離れた場所に、家族と一緒に遊びに来ていた見ず知らずのワンコ2匹がいたので、思わずオッサン声で(オッサンだが)





と声をかけたら、ご覧のとおり (↓)




16321-17.png


この2匹の関係も、それぞれの犬種もさっぱりわかりませんが、

耳の形以外は、 同じやんけ!


昨日の記事の補足画像をおとどけします。

なんとガラスをたたいて餌をねだる鳥の姿!

001_2016022922351521e.jpg
左にうっすらと影が見えますね

002_20160229223518be7.jpg
こんどは右に移動しました

003_201602292235191a9.jpg
つつくというより、ガラスに向かって噛み噛みしています


外側から写そうとすると逃げられるので、今回はここまで。

ね、ほんとでしょう!

09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

へっぢほっぐ

Author:へっぢほっぐ
ガーデニング・動植物・芸術・旅行・ドライブを愛するはりねずみ的平和主義者。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。